Youtubeコマーシャル動画人気ランキングBEST10(6月分)

(写真:ロイター/アフロ)

「Youtubeランキング~CM部門~」も第4回目。前回はシリーズ物のCMが多かったり、ゲームのCMがランクインしていたりしましたが、6月は一体どんなCMがランクインしているのでしょうか? お馴染みのカウントダウン形式でご紹介していきたいと思います。

BREAKER社協力の元、「Tubular」というYouTube解析ツールで6月分を算出したものです。

10位 妖怪ウォッチ アニメ 『くれぐれも目は大切に』 ロートCM ワルニャン登場!

「目が真っ赤だー!」でおなじみ、ロートこどもソフトの目薬CM。今人気の妖怪ウォッチがでていますが、以前は「ドラゴンボール」や「アラレちゃん」といった、時代に合わせた人気アニメがチョイスされていました。このCMを見ると夏だな~と言う気分になりますね。

9位 フィリップス シェーバー9000シリーズTV-CM- 15秒

多くの男の人の朝の悩み、髭剃りのCM。身だしなみは重要ですよね?そんな朝の髭剃りにスッキリしたい男性が多いようです宇宙でひげを剃る時代もSFの世界じゃなくなってきましたね。

8位 ザ・モルツ CM 『夏だ!いきなり!』篇 15秒 EXILE 「Ki・mi・ni・mu・chu」(きみに むちゅう)#ザ・モルツ

梅雨明けから夏にかけてはビールがおいしくなるシーズン。CMの中でキーワードとなっている旨味は、「UMAMI」とローマ字で表記されているのがポイントの一つテレビCMの場合一瞬で流れてしまう広告として疑問が残りますがYoutubeの場合一時停止や巻き戻しができるため、一瞬「ん?なんだろう」と読ませる強さがあります。

7位 サントリー ヨーグリーナ&南アルプスの天然水『ヨーグリーナ冷凍できるってよ!』篇 15秒 サントリー CM

やはり梅雨から夏にかけては飲料関連のCMが強いです。爽快なダウンヒルを自転車で駆け抜けるアニメーションと「冷凍できる」を売りにしたCM。夏は冷えた飲み物をごくっと飲みたいですよね。

6位 田島ルーフィング企業CM | 本田翼主演「屋上は問いかける」篇15秒 +「床は問いかける」篇 15秒

「当たり前の豊かさはあたりまえじゃない技術が支えている。」をキャッチフレーズにしたCM。動画の公開が6月21日に関わらずランクインする人気。テレビでも特集がされるほど有名です。梅雨の時期に防水を得意とする企業が堂々のランクイン。

5位 WEBムービー公開中!カーリー☆初のCM出演☆

カーリー・レイ・ジェプセンはカナダの有名なシンガーソングライター。空港を舞台とした大規模なダンスがされており、恋の一幕を題材としたシャンプーのCM。カーリーファン必見です。

4位 カルピスソーダ CM「なんだかうまくいきソーダ ビジネス用語」編 32秒 渡辺大知 2016年

アジェンダ=予定 KPI=目標数値など、「意識高いビジネス用語」がバズる結果となったCMです。また、黒猫チェルシーのヴォーカルである渡辺大和氏をキャストに起用したことも再生数を押し上げる結果につながりました。ジメジメした日にスカッとした炭酸の飲み物が飲みたくなります。軽快なリズムもあり、爽快感のあるCMです。

3位 花王 サクセス 薬用シャンプー 毛穴臭まで落とす篇 30秒 CM 北村一輝

梅雨の時期、夏より敏感になるのが「臭い」。頭の臭いに特化したシンプルなつくりで、多くの情報を30秒に凝縮したCMです。満員電車などの、臭いが気になる場面とスカッとする具体的な使用の状況が描かれており、思わず薬局で見たら手が伸びそうです。

2位 ソフトバンク CM 白戸家「ダンス」篇(15秒)

ソフトバンクシリーズのCMがまたもやランクイン。懐かしの「Choo Choo TRAIN」のBGMとダンス。更に「予想外です」のフレーズ。懐かしい組み合わせのCMとなります。VodafoneがSoftBankに変わるタイミングで使われましたが、今後の展開がどうなるのか気になります。

1位 自民党CM 「この道を。力強く、前へ。」

参議院選挙のタイミングと重なったため、政党の紹介CMが1位なのは納得の結果です。

6月独特の市場が見えるランキング

季節を感じる日本のCM。夏は炭酸飲料系が強いですね。5月分でもランクインしておりましたが、今月もお馴染みのランクイン。逆にゲームのCMは減る6月「らしい」ランキング。来月は7月といよいよ本格的な夏到来となるので、夏らしいラインナップが揃いそうです。旅行のCMや夏のイベントに対するCMが伸びそうですね。来月のランキングからも目が離せないですね。