【話題の動画】中高生に話題のリズムネタ『本能寺の変ダンス』とは?その人気の理由に迫ってみた。

エグスプロージョン踊る授業シリーズ「本能寺の変」

中高生の間で「ラッスンゴレライ」の次に来ると言われているリズムネタがあります。それは、エグスプロージョンの「本能寺の変」です。その動画がこちら。

「本能寺の変っ!」「どうして~?」と印象的なフレーズが繰り返される音楽&ダンス動画は、ネットを中心に広がり、YouTube再生数は230万回を超えています。

ツイッター上でも

「本能寺の変」を見たユーザーの反応 -「NAVERまとめ」より
「本能寺の変」を見たユーザーの反応 -「NAVERまとめ」より

など、大きな話題を呼んでいます。

エグスプロージョンは、他にもトレンディエンジェル・斉藤とコラボした動画「ペリー来航」を公開しており、これも100万回再生を突破しています。

なぜこんなにも、彼らの動画は、中高生にウケているのでしょうか?本記事ではその人気の理由を考えてみます。

中高生に人気の理由

エグスプロージョンの動画は、「本能寺の変」「ペリー来航」「島原の乱」など、いずれも歴史上の出来事をテーマにしています。

歴史は中高生にとって、親しみにくいけど、避けては通れない鬼門。これを面白おかしく描いたことが、中高生の「あの授業で習った話がこんなに面白くイジられている!」と笑いを生み、話題になった理由のひとつでしょう。歴史ネタは、中高生にとって「あるあるネタ」なわけです。

もちろん、かつては中高生だった、大学生・社会人にとっても、歴史ネタは共感を呼びます。「本能寺の変」が、中高生のみならず、様々な人達の間で広がっているのはそのためです。

YouTube⇒テレビ出演が定番に?

8.6秒バズーカは、YouTubeで話題になり、テレビデビュー。その後、人気者となりました。エグスプロージョンがこれからどうなるかは分かりませんが、これからもYouTubeにアップした動画が発信源となり、人気に火がつき、テレビ出演を決める芸人やパフォーマーは増えていくでしょう。「YouTubeで発掘」⇒「テレビで全国区へ」という流れが、徐々に定着してきているのは、とても興味深い現象ですね。