こんにちは、空想科学研究所の柳田理科雄です。マンガやアニメ、特撮番組などを、空想科学の視点から、楽しく考察しています。さて、今日の研究レポートは……。

皆さん、『ハイスクール!奇面組』の最終回を覚えていますか?

1980年代に「週刊少年ジャンプ」に連載されたこのマンガは、最初『3年奇面組』として始まり、途中で主要メンバーが高校に進学してタイトルも変わって、計5年間の中学・高校生活が描かれた。

ところが、最終回になって突然「すべてはヒロインの河川唯が見ていた夢だった」という事実が明かされたのだ。あれはもう本当にビックリした!

いまでも忘れがたく、科学的にもたいへん興味深いので、この最終回について考えてみたい。

◆最終回が1回目につながる!

『3年奇面組』の舞台は一応中学。

物語は、昼休みに、2年生の河川唯が窓から外を眺めてため息をつく場面から始まる。唯は、クラスメートの凡庸な会話に、物足りなさを感じていたのだ。

だが、気持ちを切り替えた唯は、声をかけてきた友達の千絵に「天気もいいし…トイレいかない?」と言い、千絵に「あなたは天気がいいとトイレにいくのかっ!?」とツッコまれる。

トイレに向かった2人が、廊下で出会ったのが「3年奇面組」の5人だった。彼らはみんな個性的な顔をしており、「せっかく個性的な顔に生まれてきたんだから 内面だって人と同じにはなりたくない」「同じような人間ばかりじゃ 人生おもしろくもなんともない」と主張する。

同じような思いを抱えていた唯は、彼らと親しくなり、一堂零を中心としたドタバタに巻き込まれる――。

こうして始まった『奇面組』は、はじめ1学年上だった零たちが落第するなどして唯と同じクラスになり、みんなで高校に進んで、タイトルも『ハイスクール!奇面組』となった。

楽しいドタバタ騒ぎに拍車がかかり、より人気が出たのはこの作品のほうかもしれない。

そして最終回――。高校卒業から2年が過ぎ、唯は短大を卒業して保育士になっていた。零の自転車の荷台に乗っているとき、彼女の頭はふと真っ白になり……。

「ちょっと唯! 唯ってば!!」と名前を呼ばれる唯。気がつくと、そこは教室だった。

名前を呼んでいたのは千絵で、驚く唯に「あんた夢でも見てたんじゃない ここは一応中学2年10組の教室よ」と言う。

周囲を見れば、クラスメートたちが凡庸な会話を交わしている。唯は「そ それじゃ零さんたちは…一応高のみんなは… あれは みんな わたしの空想だったの? ……」と、半信半疑ながら、現実を受け入れようとする。

やがて、気持ちを切り替えた彼女は、千絵に向かって「天気もいいし…トイレ行かない?」。

そう、第1話の冒頭のシーンに戻ってきたのだ……!

この結果、第1話から最終話まで、すべての話が唯の夢だったことになった。

『3年奇面組』全6巻、『ハイスクール!奇面組』全20巻の話のすべては夢だったのだ。

◆夢を見ていたのはいつ?

そもそも夢とは何か。人間は眠っているあいだに、起きているときに入ってきた膨大な情報を整理して、重要な情報だけを記憶する。このとき、昼間や過去のできごとが映像としてフラッシュバックし、それに自分で意味を与えるのが夢だと考えられている。

眠りには「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」がある。それぞれ違うタイプの情報を処理しており、見る夢も違うものになる。

ノンレム睡眠は「脳を休める眠り」で、このときに見る夢は抽象的で、深い眠りでもあるため、起きたときには忘れてしまう。

レム睡眠は「体を休める眠り」で、見る夢も、イメージが明確なストーリーのあるものになり、起きてしばらくは覚えている。

ここから考えると、唯が夢を見たのはレム睡眠のときだろう。単行本26巻分にも及ぶ具体的な話を夢に見たのだから。

ただしこれ、すごく危険な行為である。唯は教室の窓辺に立ち、窓枠に両肘をついたまま眠って、夢を見ていた。レム睡眠は体の眠りだから、筋肉は弛緩しており、ガクッと膝が折れたりしたら、窓枠で顔を打つかも……!

窓辺ではレム睡眠に入らないほうがよいです。

◆どれほど濃密な夢なのか?

それはともかく、教室で立って眠っているあいだに、コミックス26巻分の夢を見るとはすごい。

気になるのは、唯が寝ていた時間だ。第1話の冒頭で、校舎の時計は12時25分を指し、教室から「うおい昼休みだ」と声が上がっている。また、前後の描写から、彼女が夢を見ていたのは長くても5分くらいではないか……と思われる。

これに対して、見た夢の内容は、中学2年間+高校3年間=5年間(短大時代は描かれていない)とモノスゴク長期だ。閏年が1回あったとすれば、1826日分である。

この長い日々の夢をたった5分で見たということは、平均1秒で6日分の夢を見た計算になる。

イラスト/近藤ゆたか
イラスト/近藤ゆたか

人間は夢を見ているとき、脳波が変化するが、その時間は1~10秒くらい。夢を見ている時間は本当に短いのだ。もし、内容にして5時間くらいの夢を10秒で見るとしたら、時間の濃縮率は1800倍である。人間の脳ってすごいですね。

しかし唯の夢の時間濃縮率はそんなモノではない。1日の内容を学校生活中心の8時間だとすれば、それは2万8800秒。その6日分を1秒で見たなら、時間濃縮率は2万8800×6=17万2800倍だ。唯の夢は一般人の100倍も濃密なのだ。

◆気になる「最終回の後」

興味深いのは、これが「単なる夢」ではなかったことだ。

最終回の最後のコマは「天気がいいから」という理由でトイレに向かう2人の後ろ姿で終わるが、そのずっと先、廊下の向こうに、なんと零のシルエットが見える。

おそらくこの直後、2人は零に出会うのだろう。そしてそこから、唯の夢のとおりの『奇面組』のお話が始まる。彼女の夢は「正夢」だったのだ……!

これには筆者、ココロから感動してしまった。

唯の「零さんたちはわたしの空想だったの?」という想像は間違いで、零たち奇面組のメンバーはちゃんと実在したのだ。

しかしこの場合、唯はどんな経験をすることになるのだろうか。次のシーンで出会う零は、唯にとっては超おなじみの顔。その後の行動も言葉も、すべて夢で見たとおりのはずだ。そういう不思議な日々が5年続くことになるのか……。

よくわからないけど、ハッキリいえるのは、『3年奇面組』と『ハイスクール!奇面組』が間違いなく面白いマンガだったということだ。