『ヒロアカ』の轟焦凍は、右手で凍らせ、左手で燃やす。科学的にヒジョ~に納得だ!

イラスト/近藤ゆたか

こんにちは、空想科学研究所の柳田理科雄です。マンガやアニメ、特撮番組などを、空想科学の視点から、楽しく考察しています。さて、今日の研究レポートは……。

『僕のヒーローアカデミア』には魅力的なキャラがいっぱい登場するけど、常に高い人気を誇る人といえば、轟焦凍ですね。

オールマイトに次ぐナンバー2ヒーロー・エンデヴァーを父に持つ轟焦凍は、雄英高校に特待生として入学した。もちろん成績は優秀。

――だが、彼には深い陰がある。

焦凍の“個性”は、半冷半燃(はんれいはんねん)だ。右手であらゆるものを凍らせ、左手からは灼熱の炎を出すことができる。

この両極端な能力は、それぞれ母親と父親から受け継いだもの。どうしてもオールマイトに勝ちたいエンデヴァーが、氷を出す“個性”の女性と強引に結婚し、計画どおり半冷半燃の焦凍をもうけたのだ。

オールマイトを超えるヒーローになるべく、彼は英才教育を施されるが、この状況に母親は心を病んでしまった。焦凍の左の顔には火傷の跡があるが、精神的に追い詰められた母親が、彼の顔に煮え湯をかけたときのものだという。

う~む、確かにツラい家庭環境である。そんな焦凍に、人生の先輩としてワタクシに言えることは……と考えてみたけど、何一つありませんでした。たはは~。

しかし科学的な視点からは、声を大にして言いたいことがある。焦凍のこの「半冷半燃」は、ヒジョ~に納得できる!

◆凍らせ能力の問題点

轟焦凍がその“個性”を初めて見せたのは、入学して間もない頃、授業の一環として行われた「屋内対人戦闘訓練」のときだった。

焦凍は対戦相手2人の足を床に凍りつかせて勝利。そして、左手から弱い炎を出して解凍してやった。これに冒頭のナレーションがこう続いた。

右で凍らし 左で燃やす! 範囲も温度も未知数!! 化け物かよ!!

「凍らす」と「燃やす」。右手と左手で、逆のことができるのだ。ナレーションは「化け物かよ!!」と驚いているし、確かにそんな印象を受けるが、はたしてそうなのか。

マンガやアニメには、空中から雪や氷を出したり、海を凍らせたり……など「氷雪能力」を持った人々が多数登場する。だが彼らの能力には、科学的に見過ごせない点がある。

空気中の水蒸気を凍らせるにも、海を凍らせるにも、熱を奪わなければならない。われわれは氷に触ると「冷たさ」が手に伝わってくるように感じるが、実際には手の「温かさ」が氷に奪われているのだ。その「温かさ」とは、科学的にいえば「熱」。水や水蒸気から、熱が別のところに移動して失われることによって、雪や氷が生まれたり、海が凍ったりするのである。

身近なところでいえば、冷蔵庫やクーラーは、庫内や室内の空気から熱を奪っている。その結果「冷える」のだが、冷蔵庫もクーラーも、奪った熱をそのまま持っていたら、自分の温度が上がってしまう。だから、冷蔵庫は裏側や側面から熱を放出し、クーラーは室外機から熱風を噴き出す。冷やし続けるには、奪った熱を外に捨てる必要があるわけだ。

同じ問題が、マンガやアニメの「雪を出したり海を凍らせたりするキャラ」にも降りかかるはずである。奪った熱を体にためると、体温が上がってしまう。じゃあ、彼らはその熱をどこに捨てるのか? 不用意に捨てると、捨てたところが灼熱地獄になるが……。科学的に考えれば、氷雪系の人たちには、そういった問題がつきまとう。

その点、焦凍はどうだろう? 

そう。奪った熱の行方がハッキリしている! 左手で氷を作るために奪った熱を、右手から炎を出すことによって、きちんと放出している! 熱の収支がヒジョーに明確なのだ。すばらしくないですか、これ!?

◆凍らせた分、熱もすごい!

この“個性”は、威力の面でも納得度が高い。氷をたくさん作るほど大量の熱を奪えるはずなので、放出する炎も強力になるからだ。

その威力がどれほどか、具体的に考えてみよう。たとえば、気温が20度のとき、空気に含まれる水蒸気の温度も20度になっている。その水蒸気をマイナス10度の氷にするには、1kgあたり692kcalの熱を奪う必要がある。

この結果、焦凍は、右手で1kgの氷を作ったら、左手で692kcalの炎の攻撃ができることになる。TNT爆薬に換算して730g分。標準的なダイナマイトは1本200gなので、氷を1kg作るだけで、ダイナマイト3本分を超える攻撃が可能になる!

イラスト/近藤ゆたか
イラスト/近藤ゆたか

そのうえ、焦凍が作る氷は1kgどころではない。

体育祭で1対1バトルのトーナメントが行われたとき。焦凍は体育館のドームを突き破るほどの氷を作り、範太を氷漬けにした。画面で氷の大きさを測ると、推定重量は3600tほど。

焦凍は「すまねえ……やりすぎた」と謝っていたが、体育館を突き破るほどの氷を作るとは、確かにやりすぎであろう。

この巨大な氷を作るために、焦凍は空気中の水蒸気から、25億kcal=爆薬2600t分の熱を奪ったはずである。もし、この熱エネルギーを一気に左手から放てば、半径1.1km以内が爆風で吹き飛んでしまう!

◆熱を溜めると体に悪い!

しかし焦凍は、この熱を攻撃には使わなかった。冒頭に書いたとおり、彼の左手の火を出す“個性”は父親から受け継いだものだ。だが、父・エンデヴァーに対して反発心を抱く焦凍は、その“個性”は戦いでは使わないと決意していたのだ。

気持ちはわかるが、焦凍くん、奪った25億kcalの熱は、すぐに放出しないと体温が激烈に上がるよ。キミの体重が60kgの場合、氷を作ることで奪った熱25億kcalを体内に溜め込んでいたら、体温は4900万度に……!

そう心配して、マンガのコマをよく見ると、「すまねえ」と謝ったシーンで、焦凍は今度も氷を左手の熱で溶かしてやっている。優しいヤツなのだ。そしてそれは、自分の身のためでもある。できれば、もっとすごい勢いで熱を放出したほうがいいと思うが……。

イラスト/近藤ゆたか
イラスト/近藤ゆたか

その後、焦凍は緑谷出久との戦いを経て、両親へのわだかまりも克服し、左手の炎の“個性”も使うようになった。スバラシイことだ。そして、コミックス9巻の「THE・個性伸ばし訓練 ちょっと補足のコーナー」には、焦凍についてこう書いてある。

「熱湯に浸かりながら氷結を続けています。連続使用によって体が冷えてしまうのを防ぎながら続けることで、体が氷結に慣れていきます。また、湯の温度を一定に保つよう左側も使っています。これは炎熱の温度調整を可能にする為の試み。彼の“個性”は伸ばしていけば同時使用も夢ではないでしょう」。

おお、なるほど。同時に使えるようになったら、それはいよいよ理想的。体内の熱の流れはスムーズになり、氷と炎の強力な攻撃をいつまでも続けることができるだろう。

父親との確執を完全に克服したとき、焦凍はめちゃくちゃ強くなる。焦凍の未来にますます注目だ。