山本隆弘

元バレーボール日本代表
中学一年でバレーを始め、強豪校である鳥取商業高校へ進学。一年からレギュラーになり、全国大会に出場。全日本ユース代表にも選出。その後日本体育大学に進学し、全日本代表にも選出。卒業後は松下電器産業(株)に入社し、パナソニックパンサーズに所属する。2003年のワールドカップではベストスコアラーとMVPを獲得する。2004年日本人バレーボール選手としては初めてプロ契約を結び、プロバレーボール選手となる。2008年の北京オリンピックに出場。2012/2013年シーズンをもって現役を引退。現在はバレーボールの解説や普及活動やメディア出演、またスポーツで地方を盛り上げる自転車イベントなどもプロデュースする。