トランプさん愛用のスマホがセキュリティ的にアウトらしいですね

なお電話会談は固定電話のようです(写真:ロイター/アフロ)

 山本一郎です。私も理不尽な父親に育てられたこともあり、理不尽な大統領がとんでもないことを言い始めても「ああ、世の中そんなものだろうな」と思うタイプであります。そんなトランプさん、早くも米大統領就任後も公的なメッセージをTwitterへ投稿し続けて色々と波紋を呼んでいるようです。そのTwitterへの投稿に利用しているのは主にスマホのようですね。で、当初はセキュリティ面を考慮してセキュリティが強化された端末に乗り換えたようだという報道がされておりました。

トランプ大統領、自身のAndroid使用中止し高セキュリティスマホに交換?(CNET Japan 17/1/23)

Associated Pressによると、大統領就任式を控え米国時間1月19日にワシントン入りしたDonald Trump新大統領は、自身の「Android」端末の使用をあきらめ、セキュリティが強化されたスマートフォン(機種は未確認)に替えていたという。

出典:CNET Japan

しかし、その後ちょっと興味深い続報が出てきました。

トランプ大統領、いまだに低セキュリティの「Android」スマホを使用か(CNET Japan 17/1/26)

シークレットサービスは、Trump大統領の就任に際してセキュリティ対策を施したスマートフォンを渡している。Johnson氏によると、この特別なスマートフォンは、機能がかなり限定されているという。

なるほど、政府側ではトランプさんにセキュリティ対策済み端末を使うように渡しているのにもかかわらず、本人はそれを使ってないということのようですね。で、同氏愛用のAndroidスマホも機種が特定されたとか。

トランプ氏、「危険なAndroid端末」からのツイートを大統領就任後もやめず。使用機種はGalaxy S3か(Engadget日本版 17/1/26)

Android専門のニュースサイトAndroidCentralがトランプ氏の写真を分析したところでは、そのAndroid端末はUSBやヘッドホン端子、LEDライト、カメラの位置関係からGalaxy S3だとほぼ断定されています。

AndroidCentralは、いま現在もそれを使っているかは未確認だと前置きしつつも「2012年の製造でAndroid 4.3 Jelly Beanを搭載し、2015年8月以降はOSのアップデートも提供されていないGalaxy S3は安全でないと分類されても仕方のない端末だ」と評しています。

出典:Engadget日本版

お金持ちのトランプさんですから最新スマホなんてすぐに買えそうなところですが、それでも旧モデルを使い続けているのにはおそらくそれなりのわけがあるのでしょう。たとえば端末乗り換えが単に面倒だからとか…。

いずれにしても、シークレットサービスの意向を無視してセキュリティ的に危険な旧機種を使い続けているあたりまさにトランプ節な何かを大いに感じさせてくれるのですが、さすがにこの事態がそのまま続くと世界中のハッカーの標的になりそうです。

米当局がこの問題を今後どう対応していくのかその成り行きは大いに興味を覚えるところですが、別の見方をすれば、ITセキュリティ対策を実現するのがいかにむつかしいかを分かりやすく教えてくれる典型的な事例でもあると言えます。どんなに危険であると知らせても当の本人が意に介さなければ、セキュリティ対策は実行不可能であり、これはもう米大統領のような極めてセキュリティが要求される立場でも関係ないということなんですね。いかに組織末端まで細心に注意を払っていても、トップがダダ漏れさせていればすべてが無駄だと。同じような展開は多くの企業や組織でも起こり得そうです。

この件から連想してしまうのは、今後ねずみ算式で数が増えていくこと必至かつ放置状態がデフォルトになるであろうIoTデバイスのセキュリティ対策などは一体誰が責任をもってやっていくのかまったく想像がつかず、ちょっと絶望的な感じしかしないということです。いざとなれば、あやしい国の人間はすべて入国禁止みたいな要領でIoTデバイスも禁止といった乱暴な展開が待っていたりするのでしょうし、とりあえず国単位でのIPブロックが世界中のあちこちで簡単に発動されても不思議ではないと感じる今日この頃です。

IoT 安全対策不十分な機器 30秒余でウイルス感染も(NHKニュース 17/1/26)

あらゆるモノをインターネットで結ぶ「IoT」をめぐり、安全対策が不十分な機器では、最も短い場合、インターネットに接続してわずか30秒余りでウイルスに感染するとする研究結果がまとまり、専門家は、ウイルスのまん延が極めて深刻なレベルにあると警鐘を鳴らしています。

出典:NHKニュース

 唯一の救いがあるとするならば、トランプさんはリテラシーが低いこともあり、あまりスマホで執務したり重要なメールをやり取りしたりすることが無さそうだという点です。スマホはTwitterで馬鹿を煽る専用端末という使われ方なのでしょうか。それにしても、アメリカ人の皆さんも、まさかこんなことになるなんて、と民主主義の微妙な側面をこれ以上なく味わっておられるようです。

 同盟国の一人として、深くご同情申し上げます。