ドラクエもいよいよスマホへ進出、はたしてその前途やいかに

 山本一郎です。ひのきの棒一本と小銭で身体を張った旅に出る度量はありません。

 ところで、スクエニがスマホ向けに「ドラクエ」を配信開始、しかも先着100万名までは無料ということで、にわかにネット界隈が喧しいです。今さら言わずもがなのことでもありますが、まさに日本のRPGの歴史における金字塔たる「ドラクエ」が遂にスマホ向けに提供ということもあり、各メディアでも盛り上がっておりました。

ドラクエ本編、スマホとタブレット向けに初配信(読売新聞 2013/11/27)

「ドラクエI・II」がスマホに来るぞー! しかも「ドラクエI」は先着100万人まで無料の大サービス(ねとらぼ 2013/11/27)

スクエニがドラクエ ポータルアプリを28日0時配信、先着100万人に「ドラゴンクエストI」無料DL(Engadget日本版 2013/11/27)

スマホ版「ドラゴンクエスト」が11月28日よりAppStore/GooglePlayで配信開始。総計100万DL分が先着順で無料配信(2013/11/27)

スクウェア・エニックスは28日から、人気のロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」シリーズの本編をスマートフォンとタブレット端末向けに初めて配信する。(中略)ドラクエは、シリーズ累計6200万本以上を出荷した大ヒット作。拡大するスマホゲーム市場に人気作を投入することで、販売増加を狙う。

出典:読売新聞

 で、深夜0時の配信開始後はかなり短時間でApp Storeの無料iOSアプリにおいてランキング1位を獲得したようです。スクエニの思惑通り、再び「今、新しい伝説が生まれようとしている」ということなのでしょうか。

ドラゴンクエスト ポータルアプリ (SQUARE ENIX INC) が、無料iOSアプリランキングでその後1位まで上り詰めました。

出典:App Storeランキング急上昇情報

 なぜスクエニが本来有料アプリであるはずのドラクエを「100万人」という相当な規模で無償配布するのかについては、すでにいくつかの論考がネット上にありますのでご紹介しておきます。

ドラクエ1のiPhoneアプリが無料でもらえる理由が頭良すぎる件(Rick08の日記 2013/11/27)

スクエニさんがドラクエを先着100万名に撒くカラクリ(かもめのはとば Re:[2] 2013/11/28)

 やはり話題性というのは大きいですね。また、この企画が立ち上げられた時点で「無料」という触れ込みにすれば簡単にアプリランキング上位を獲得できるであろうという目論見は最初からスクエニにはあったでしょう。

AppStoreやGoogle Playは構造上、ランキング上位の目立つ位置にあるアプリはとても有利です。それだけでダウンロード数を稼ぐことができます。

出典:かもめのはとば Re:[2]

いま、ゲームカテゴリで無料トップを狙おうと思ったら、だいたいブースト広告を300-500万程度投下しないといけないと言われています(※金額は状況とアプリによって大きく変動します)。数量限定であることや、実施直前に発表することで、爆発的にダウンロードさせることが出来ます。広告費ゼロで「無料トップ」が奪取できます。

出典:Rick08の日記

 スマホアプリはランキング上位にきてナンボの商売ですから、その狙い通りの結果を早々に得られた時点でスクエニまずは大勝利です。

 あとは、やはり個別タイトルではなく「ポータルアプリ」という概念を持ちだしてきたというポイントが大きいと思われます。

このアプリは「ドラクエ1」そのものではなく、「ドラゴンクエストポータルアプリ」なのです。なので起動するといきなりドラクエ1が始まるのでは無く、ポータル画面が表示されます。(中略)つまり、ドラクエシリーズの単体のソフトで収益を上げるのではなく、シリーズ全体を使い効果的にユーザを流動させて収益を上げようというモデルなのです。(中略)ふと考えてみればこの「ポータルアプリ内での課金による歴代のドラクエ解放」って、今後も同じ仕組みなので有れば全てのドラクエシリーズの売上げがこのポータルアプリに集中するってことですよね…。

出典:かもめのはとば Re:[2]

 ポータルアプリを「ブラウザ」という言葉に置き換えてしまえば分かりやすいと思いますが、要はDeNAやGREEがこれまでやってきたことをドラクエに特化して打ち出したのが今回のスクエニですね。今後、ドラクエ絡みでどこまで展開してユーザーを引きつけ続けられるのかはお手並み拝見といったところでしょうか。

 さて、肝心のスマホ版ドラクエですが、すでにTwitterを見ると多くの感想が散見されます。

スマホ版ドラクエをダウンロードした。操作性のあまりの残念さに、そっとアプリを閉じた。

出典:Munechika Nishida

思わずダウンロードしちゃったけど今となっては操作系がまどろっこしい / “スクエニがドラクエ ポータルアプリを28日0時配信、先着100万人に「ドラゴンクエスト?」無料DL (Engadget 日本版)- Yahoo!ニュース”

出典:楠 正憲

ドラクエのiPhone版、作ってる人が別にドルクエ1にそれほど興味なさそう感がすごい。入力系が適当すぐる。コントローラーのUIの工数を一週間ぐらいケチったためにプロジェクトにプライスレスのダメージが発生してる。

出典:深津 貴之

ドラクエが、スマフォ向けに無料配信ということでDL。ユーザ取り込みのためにやってるのだろうが、ゲームの初期設定での操作性が恐ろしく悪いという一番やってはいけないことをしてしまっている。実は設定から操作設定を変えることでグンとよくなるのだが。王様の部屋でる前にやめる人続出だろうな。

出典:YOU

スマホ版ドラクエ1、操作がソフトキーなため非常にやりにくくストレス。

グラフィックやらなんやらは綺麗だしいい感じなんだけど

ゲームはわざわざストレス感じながらやるもんでもないからクリアしようとゆー気にはならない

出典:ひあろ

iPhone版のドラクエ1、操作性がクソすぎて王様の間で宝箱を3つ開けて衛兵2人の間を抜けて扉を開けて階段を降りるというミッションに10分かかったのでもう起動することはないでしょう…

出典:すますま

 どうやら既に解決しなければならないかなり大き問題が見えてきております。このウェブにこだまする「死ね」という言葉のオンパレードは、まさに深夜の行列に並んでようやく手に入れたゲームがクソだったときの悲劇を髣髴とさせるものがあります。今のままではスマホゲームとしての次はなかなかむつかしいかもしれませんね。

 で、ついでと言ってはなんですが、ドラクエのスマホアプリ化に関連した話題ではこんなニュースもありました。

すぎやまこういち作曲のドラクエ楽曲がiTunes Storeに登場(BARKSニュース 2013/11/27)

今回の配信はスクウェア・エニックスがApp Storeでアプリ版ドラゴンクエストIを配信するタイミングに合わせたものだが、すぎやまこういちの作品がiTunes Storeに登場するのは今回が初。

出典:BARKSニュース

 すぎやまこういち氏は確か以前は音楽配信に関してかなり保守的な立場で、DRMフリーのような方針には否定的な主張をされていたこともあったと思いましたが、その同氏の音源がDRMフリーのiTunes Storeで配信開始というのはなんとも感慨深いものがあります。ドラクエのスマホ進出もそうですが、色々と潮目が変わるタイミングなんだなと改めて感じる次第です。

 次回はTizen対応のドラクエ配信を期待します。