この時代にスマホをキャリアから買う必要はないかもしれないという話

山本一郎です。おろしたての靴で水溜りを踏み抜いてしまい、大変ブルーな心境に陥っております。

ところで、やや古い話になりますが、従来のAndroidには通称「マスターキー(Master Key)」と呼ばれる脆弱性が含まれており、これがかなりやっかいな存在でした。

Android アプリのほぼすべてを乗っ取れる「マスターキー」脆弱性、その発見からパッチの提供までの経緯を Jeff Forristal 氏に聞く(インターネットコム 2013/7/11)

Android端末の99%が影響を受ける「マスターキー」脆弱性を悪用した実例が登場(GIGAZINE 2013/7/25)

既にGoogleからは各Androidパートナー向けに修正パッチが提供されているはずですが、この修正パッチを適用したアップデートが全てのエンドユーザーにまで隈無く配布されているかというと、残念ながらそうではありません。こうしたアップデートの提供は各キャリアやメーカーの対応に任されているため、何らかの理由からアップデートが提供されないままで今に至るという事例も見受けられます。

なぜキャリアやメーカーがシステムのアップデートを提供しないかの理由には、各社が独自で提供するサービスとの互換性に問題が生じることを避けたいなど色々細かい事情があるのでしょう。しかし、突き詰めれば結局はコストの問題であり採算に合わないということが大きいのだと思います。キャリアやメーカーも慈善事業ではありませんから、儲からないことはやりたくないというのが本音でしょう。ただ、本家Googleがセキュリティ面で問題ありということから実施したアップデートが出ているにも関わらず、その情報をエンドユーザーには知らせず提供も黙って見送るといったことをしているようでは、社会的に問題があるのではないかと感じます。

また、Androidのセキュリティ問題については以下のような報告もあります。

Androidの脆弱性の6割はベンダーによるカスタマイズが原因との研究結果(Technity 2013/11/6)

脆弱性の60%以上は端末メーカーが実施しているファームウェア改造や独自APIなどが原因となっているもので、Google製端末であるNexus 4がこうした影響を最も受けていない(比較的に)”リスクの少ない” 端末であることがわかったとのこと

出典:Technity

こうなってくると、なぜわざわざセキュリティ的に問題が発生する可能性が高く、しかもセキュリティアップデートも提供されない可能性がありそうな、キャリア/メーカー独自のモデルを手にする必要があるのか分からなくなります。

Googleが最新OSと同時に発表した新型モデルの「Nexus 5」は、SIMロックフリーでキャリアにしばられることがなく、しかも比較的低価格な形で入手できるためネット周辺では話題となっています。

ピュアなSIMフリースマホ。Nexus 5ファーストインプレッション(ギズモード・ジャパン 2013/11/6)

Nexus 5の口コミレビュー、いきなりドット欠け・ゴミ混入や電源ボタンが緩いとの報告あり(スマホ口コミ速報 2013/11/4)

カスタマイズされていないAndroid OSを搭載していることにより、Android OSのポテンシャルをフルに発揮することができます。さらに、Nexus 5はNexusデバイスの一員なので、OSアップデートもいち早く配信されることが予測されます。よって、キャリアからのOSアップデートのお知らせを何ヶ月も待つ…なんて必要は無いのです。

出典:ギズモード・ジャパン

やはり国内キャリアによる手厚い(というか過剰な?)付加価値サービスやサポートが無いという点で不安を覚える面も少なからずありますが、ある程度割り切れば、逆に国内キャリアやメーカーの製品からでは手に入らないメリットもあるということでしょうか。

気になる製品初期不良の対応についても、実際に不具合のあったユーザーによる報告事例が早速ありました。

Nexus 5のボリュームダウンキーが押したまま戻らなくなった話――新品交換してくれるって(ゼロから始めるスマートフォン 2013/11/6)

問い合わせの結果、新品交換に応じてもらえました。専用購入フォームから再度Nexus 5を購入し、新しいNexus 5が届いたら不良のある手元のNexus 5を返送すれば良いとのこと。これは良心的です。なお、物凄くずうずうしいとは思いましたが、交換品はホワイトモデルが良いと希望したところ、サクッと断られました。同じ色、同じモデルとしか交換してくれないようです。

出典:ゼロから始めるスマートフォン

どこかのキャリアショップのように無理な注文が通用するほどに至れり尽くせりとはいかないようですが、常識範囲内でのサポートは問題なく提供されていると考えて良さそうです。

さすがに全くITリテラシの無いユーザーにまでNexus 5を勧められるかというとそれはむつかしいですが、分からないことがあれば自分で調べて問題解決できる程度にリテラシを持った人ならば、もはやキャリアからスマホを買う必要はない時代になってきたなと思った次第です。

そういえば、抱き合わせ商法で批判殺到のauスマートパスが発端となって、どうもドコモもソフトバンクモバイルも見直しを迫られる見通しのようですね。返還訴訟とか多発しないといいのですが。もう一度書きます、返還訴訟とか多発しないといいですね。

ああ返還訴訟多発しないといいな。