ディズニーがぬるいSNSを始めたようですが今のところ日本は関係ありませんでした

山本一郎です。子供がディズニーアニメやキャラが好きでしてね。欲しがるわけですね。これはもう、ディズニー税といっても過言ではありませんね。いまのところ税金いっぱい払ってもお布施しても何のご利益もありませんね。さすがディズニーですね。

存分に恨み節を吐いたところですが、日本でのサービス提供がどうなるかは今のところ不明なもののディズニーも遂にSNSビジネスの一角へ参入するというニュースがありました。

注目のプライベート・ソーシャルネットワーク分野にディズニーが参入。写真やビデオを編集共有する「Story」、米国で公開中(TechCrunch Japan 2013/5/14)

ゲームやサイト、「Where's My Water?」、「Temple Run:Brave」、「Club Penguin」などの仮想現実風アプリケーションで注目を集めるディズニーのInteractive部門が、名前もそのままずばりのStoryという思い出管理ツールをリリースした。

出典:TechCrunch Japan

SNSと言っても「プライベートな情報共有を実現しようとするサービス」とのことですから、どこかの巨大SNSのように参加ユーザーが社会問題を論じ合って「いいね!」するというようなことになるわけではないですね。残念です。大量のディズニーキャラクターアイコンが激論を戦わせる場面を想像したのですが違ったようでやや残念です。ディズニーキャラクターに扮したネット上のモヒカンどもが右と左に分かれて呪詛の言葉や誹謗中傷を投げ合って日々疲れ果てる残念なウェブを希望していたのですけれども。とても残念です。

記事にある利用イメージ画像などを見るかぎり、家族向けのSNSとして組み立てられているようです。遠く離れたところに住む祖父母へ孫の写真を見せるといった、そんなシチュエーションがすぐに思い浮かぶサービスですね。私の祖父母との交流を思い出すに、そもそも婆ちゃんは電話が嫌いでした。もしも現代にそんなSNSができたら、祖母は登録だけして二度とアクセスしなさそうですし、母もアクセスしたら「勉強しろ」としか言わない殺伐としたSNS空間が広がりそうです、山本家には。

日本でディズニーというと、特に日本国内ではどうしてもディズニーリゾートの印象が強いですが、やはりメディア企業としての成功例として突出したものがあります。

隠れた優良企業ウォルト・ディズニーに注目!(All About 2012/10/12)

ミッキー・マウスをはじめとした伝統的な過去の映像作品という資産に加えて、テレビ/ケーブルテレビネットワークの買収、ピクサー・アニメーション・スタジオの買収、マーベル・エンタテインメントの買収など、時代の流れに沿った経営戦略の転換が非常に上手い印象です。

マーベル・エンタテインメントの買収は、ディズニーにとってキャラクタービジネス事業への大きなテコ入れ施策でしたが、その結果として「アイアンマン」シリーズは大成功。直近の「アイアンマン 3」は米国における公開第1週目で史上2番目のオープニング興収を記録したそうです。

マーベルを傘下に納めたからには、X-MENの皆さんとミッキーマウスやドナルドダックがコロシアムで殴り合う対戦格闘や、背後からバズーカ砲を撃ち込んで四肢分裂するといったダイナミックなFPSも将来的にはリリースされることが視野に入ってくるのでありましょうか。胸熱です。

北米映画興行収入=「アイアンマン3」が2週連続の首位(ロイター 2013/5/13)

そういった状況の中、これまではディズニー等の権利者団体によるロビーイングが奏功して延長に次ぐ延長を実現してきた米国の著作権保護期間が、今後見直しに入ると言われています。

ディズニー涙目? 米著作権局が議会に「保護期間短縮」を近く要請か(ガジェット通信 2013/3/18)

骨董通り法律事務所が米国著作権局長による画期的な著作権法改正提言全訳を公開。(カズワタベ / kazzwata.be 2013/4/3)

下院の法務小委員会に対して現行の著作権法を全面改正するよう要請する見通しであるとされているのですが、その要請において目玉と位置付けられているのが“ミッキーマウス法”の別名で知られる1998年成立の著作権延長法(CTEA)を廃止して保護期間を短縮することだと言うのです。

出典:ガジェット通信

正直ディズニー税を払い続けてきた山本家としては「ざまあみろ」という心境以外は思い浮かばないわけなのです。こうした状況を鑑みれば、時代の変化に聡い行動をとって勝ち続けてきたディズニーならば、結構本気でSNSでも勝負を仕掛けてくるのかなと予想したりもしていたのですが、最初にあげた話題を見るとまだまだぬるい感じがします。そういう意味ではやはりメディア界の巨人はまだまだ余裕綽々ということなのでしょうか。

そういうSNSで私が広く何を告知したいかというと、たかだかポップコーンを買うためにも40分近い行列をこなさなければならないという過酷な環境に置かれた東京のディズニーランドの惨状です。あれはない。悪辣な資本主義のルールに則り汚染されたビジネスの権化と化したディズニーランドが、その貫徹されたブルジョアジーの果てに築き上げたディズニーランドが、カネと名声をみせびらかして「おう、お前らは俺の王国で遊んでいけよw」といっているに等しいディズニーランドが、実際にその敷地内で起こしていることとは共産主義下のソ連・モスクワもかくやと思わせる貧困なサービスを受けるためにできる長蛇の列ですよ。なんでたかだかポップコーンを買うのに炎天下のなか汗だくになって並ばなければならないのですか。しかも値段は高い、そこまで旨くもない。許せん。実に許せん。激おこぷんぷん丸なのであります。

そりゃあね、子供がディズニーランドが行きたいと言い出せば、親としては週末寝ていたいのに時間をとって、わざわざ千葉くんだりまで京葉線に乗ってベビーカー押してディズニーランドに行くわけですよ。車で行くと帰りに子供が疲れて寝てしまって元気復活して夜中に起きるんでダルいわけです。だいたい、子供たちが見たいという花火が20時30分から始まる、その時間に一通り見て1時間かけて帰ったらもう22時なわけですよ。お風呂に入れて晩飯食わせたら寝る時間は0時近くなって、翌朝子供が起きなくて大変だと言いたい。どうしてくれるんだと、声を大にして言いたい。疲れ果てるのは親に決まってるだろ。そういう細やかな心遣いのないディズニーランドが許せないのですよ。

夏にディズニーランドいったら何か水が降ってくるアトラクションにうっかり入ってしまい家内子供ともどもずぶ濡れになってマジ怒りです。何であんな濡れるイベントやるんだよタコが。金払って露だくになりにいったみたいじゃねーか。いい加減にしろ。

大体なんだ、あのディズニーシーは。たかだか数百メートルのためにモノレールなんぞ作りやがって。馬鹿だねほんとに。この電力事情が逼迫した日本において、資源の無駄以外の何者でもないだろ。千葉県民はなぜ立ち上がらないのだ。搾取されているのだぞ。千葉の大地が下劣極まりない資本の論理によって蹂躙されている、その劣等な立場に千葉県民は放置されていながら、なぜ蜂起しないのだね。これが信長の野望なら民忠誠度が下がって一揆のひとつも起こらないとおかしい。絶対乗らないぞあんな高価なモノレール。100メートルあたりいくらかかると思っているんだ。歩くぞ。山本家は歩くぞ。舞浜駅からイクスピアリ突き抜けてアンバサダー通過してディズニーシーまで歩くって言ってるんだ。誰が300円払うかバーカ。

そもそもディズニーシーのビールが高いんだよ。船の前でビール買って600円とは何事だ。ここは東京ドームか。魚雷撃って船沈めるぞカスが。もうビッグバンドビート以外観ないぞ。絶対にだ。あれは面白いからね。仕方ないね。それにしても馬鹿ども。うっかりゴンドラ乗って通りかかった一般人にチャオチャオ言われる側の気持ちがお前らには分かるというのか。聴きたくもない船漕ぎの歌聴かされて愛想笑いをしなければならない客の気持ちが。

たかだかパレード観たり、湖の真ん中でやる液晶ディスプレイ上等の催し物を10分観るだけのために1時間半も前から硬い地べたに敷物敷いて夕暮れの中で場所取りする親の気持ちが分かっているのか。何度もいうが、これは共産主義体験テーマパークなのか。真の意味でのソ連を忠実に再現するのが夢の国なのか。これはね、ポツダム民主主義粉砕の精神の発露ですよ。服従を、強いられているんだ。ディズニーの名の下に。行列英雄とか叙勲されるんですか。なんでただのホットドッグを、たいして旨くもないレンジで煮たようなピザとポテトを、レトルトか分からないけどこれといって特徴のないカレーライスを、どこをどう味わっても普通の味しかしないビールを買うために行列しなければならないのだ。何をするにも行列、行列、行列だ。リアル数学で代数になって行列のかっこでくくられる気分だ。許せん。許せないディズニーは。そんなディズニーがファミリー向けにSNSとかいって、行列している写真をアップしろとでも言うのか。クズめ。クズどもめ。にこやかにホテルミラコスタに入っていく家族に呪いあれ。イクスピアリ方面に帰っていく疲れた顔をした運営会社の社員にもだ。どうせお前ら全員千葉県民だろ。勝手に東京ディズニーランド名乗ってるんじゃねえよ。そもそも京葉線は東京駅からどんだけ離れてて平気で東京駅名乗ってるんだよ。ええい、全部がことごとく気に入らない。死ね。いますぐ死ね。くだらない行列を消化するために待たされた時間を時給換算して満額お支払いいただいてから反省して死ね。

申し訳ございません、少し興奮してしまいました。後半は忘れてください。

ディズニーSNS面白そうですね。日本でサービスが開始されたら私も登録してみたいと思います。