年末年始に潜む危険 クリスマスの危険性と正月の餅について

(写真:アフロ)

クリスマスが近づいてまいりました。クリスマスになると、医療従事者はワクワクします。毎年この時期にはイギリスの権威ある医学雑誌、イギリス医師会雑誌(British Medical Journal:BMJ)が、クリスマス号を発行するのです。クリスマス号は、ジョークで書かれた論文が扱われることがおなじみとなっています。張り詰めた日々の生活の中で少し視点をズラして書かれた論文を読むと、ちょっとした息抜きになります。個人的には2015年に発表された「ゾンビ感染:疫学、治療と予防」という論文が好きです(文献1)。今年も数々の面白そうな文献が並んでいましたが、その中にクリスマスの害について述べられたものがありました(文献2)。

クリスマスの害

楽しいはずのクリスマスに害とはどういうことかと思いますが、クリスマスツリーを確保するために木を切っていたら接触性皮膚炎になるかもしれないよとか、家を飾るために高所に登っていると落ちちゃうかもしれないよとかいう話です。これらはあまり日本人には馴染みのない話かもしれません。ただ、我々にとっても重要な話も記載されていました。

クリスマスには、各家庭でパーティが開かれますよね。これが食べ過ぎによる体重増加や高コレステロールリスクの上昇につながるという指摘です。確かに。クリスマスだけでなく、年末年始にかけては生活習慣病の悪化リスクが高まるのではないかと毎年危惧しています。大量の肉、ケーキ、餅に酒。世間は盛り上がりますから、それとは全く無関係に日常生活を送る人の方が少ないのではないかと思います。

今年はなかなか大規模なイベントで密に盛り上がるというのが厳しい状況にありますが、それでもクリスマスや年末年始は、家庭内でパーティをしたり、親族で朝から飲んだり、遠隔飲み会が開かれたりで、例年ほどとは言わないまでも、ハイリスクな期間になるのではないかと考えています。飲み過ぎ食べ過ぎにはぜひ注意していただきたいなと思います。

静かなる凶器

この時期、救急医として特に注意喚起したいのが「餅」です。2011年1月4日のウォール・ストリート・ジャーナルでは、「Mochi: New Year’s Silent Killer」という見出しで紹介されました。国内外で注目を浴び、啓発もなされているものの、近年多くの犠牲者を出しています。

年齢とともに嚥下機能が低下して誤嚥しやすくなることはよく知られており、実際に誤嚥性肺炎も50歳を皮切りに加齢と共に増加していきます。食物の誤嚥は、咀嚼能力の低下、嚥下能力の低下、喀出能力の低下など、さまざまな原因が絡み合って起こると考えられています。ただ、餅に関しては通常の誤嚥とは状況が異なります。餅は火を入れると柔らかくなりますが、口腔内に入れたり、入れる前に冷ましたりということをして体温に近くなると再度硬くなる性質があります。口の中で性質が変化して粘性を高めるので、他の食べ物よりも危険性が高くなるのです。したがって、飲み込みやすい様に小さくすれば良いかといえばそうでもないのが難しいところです。

そして、餅による窒息が高齢者特有のものかと言ったら、そういうわけではありません。個人的に経験した中で最も若い餅による誤嚥窒息は40歳でした。一時は心停止にまで陥りましたが、幸運なことになんとか独歩退院されました。

後ろからみぞおちを抑えて吐き出させるハイムリック法
後ろからみぞおちを抑えて吐き出させるハイムリック法提供:koni/イメージマート

餅をつまらせたら

もし一緒に食事している人が餅をつまらせたら、どうしましょうか?掃除機で吸い取ったり、なんとか餅をかきだそうとしたりあの手この手を繰り広げても、引っかかってしまった餅を出すのはとても難しいです。みぞおちを後方から突き上げて吐き出させるハイムリック法というやり方もありますが、妊婦さんや小児では使えません。背中を叩いて吐き出させる背部叩打は簡便な方法ですが、絡まった餅を吐き出させることは難しいと思っておいた方が良いでしょう。

窒息すると数分で心停止に至ってしまうので、もし餅で窒息することがあれば、急いで救急要請をしつつ、心肺蘇生の準備をする必要があります。実は、食物を詰まらせた時にバイスタンダーCPR、つまり周囲の人が胸骨圧迫をしていた方が予後良好であったという報告があります(文献3)。意識が無くなったら、とにかく胸骨圧迫をして欲しいと思います。病院に来るまでに勝負は決していると言っても過言ではありません。餅を食べる前に、もしもの時の心構えをよろしくお願いいたします。この文献では、救急隊到着前に吐き出させようと努力したかどうかは予後を左右しないという可能性も示唆しています。助けたければ、躊躇なく胸骨圧迫を開始することが重要です。

窒息時にも胸骨圧迫が重要
窒息時にも胸骨圧迫が重要提供:GYRO_PHOTOGRAPHY/イメージマート

腸にも詰まる餅

餅が喉に詰まると恐ろしいことになりますが、実はきちんと飲み込んだ後にも問題を起こすことがあります。飲み込んだ餅が腸に詰まって、腸閉塞を起こすことがあるのです。しっかり噛んで飲み込んでも、腸管内で温度が下がって詰まってしまうのでしょうか。これまでに何名かの方の診療に当たったことがあります。大抵は絶食として点滴だけで様子を見ていたら元気になってくれるのですが、何日か食べずに過ごすというのは辛いものです。正月早々に入院とならないように気をつけて欲しいなと思います。こうした方々は、大抵一度に何個もお餅を食べています。過ぎたるは及ばざるが如し。餅はとても美味しいですが、ぜひとも安全に、楽しい思い出になる範囲で年末年始を過ごして欲しいなと思います。

参考文献

1) Tara C Smith. Zombie infections: epidemiology, treatment, and prevention. BMJ. 2015 Dec 14;351:h6423.

2) Robin E Ferner, Jeffrey K Aronson. Harms and the Xmas factor. BMJ. 2020 Dec 16;371:m4067.

3) Kinoshita K, et al. Relationships between pre-hospital characteristics and outcome in victims of foreign body airway obstruction during meals. Resuscitation. 2015 Mar;88:63-7.