【Yahoo!ニュース 個人】4月の月間MVAとMVCが決定

(ペイレスイメージズ/アフロ)

■Yahoo!ニュース 個人、4月の「月間MVA(Most Valuable Article)」と「月間MVC(Most Valuable Comment)」が決定しました

社会の課題を伝えている・議論を喚起している・読者の心に響く……などの観点で選出している「月間MVA」。記事のアクセス数ではなく、目指す世界観「発見と言論が社会の課題を解決する」を体現している記事を、編集部を中心とした運営スタッフがアナログで選出しています。あわせて、すぐれたオーサーコメント「月間MVC」も選出しました。厳選5本の記事と1本のオーサーコメント、筆者の受賞コメントをあわせて紹介します。

※※※

4月の月間MVA

【老いゆく刑務所・番外編】人はいくつになっても立ち直れる、という希望(江川紹子)

筆者による受賞コメント:月間MVAに選んでいただき、ありがとうございます。この記事が、読み手の心に響くものがあったとすれば、それは福田さんや鼻さんの笑顔であり、彼らを支えている奥田さんや小名さんたちの存在だと思います。真の受賞者は彼らと言うべきでしょう。今回のテーマで書くにあたっては、どうしても写真が必要だと思っていました。それを受け入れて下さった福田さん、鼻さんに感謝です。考えていた以上に、写真や名前が、人の存在や人生をよりリアルなものとして伝える力を持つことを教えられました。福田さんと初めて会ったのは、下関駅放火事件後の警察署の中でした。あの時、刑務所以外に行き場のなかった彼が、今、こういう笑顔で暮らしていることに、特別の感慨を覚え、人も社会も変わりうるという希望を抱いた取材でした。

江川紹子

選出理由:世間に衝撃を与えた「下関駅放火事件」の元受刑者である老人が支援を受けて立ち直っていく姿を追いながら、高齢出所者への支援の重要性を投げかける筆者随一の1本です。老人の穏やかな笑顔を紹介するなど、事件直後から深く取材を重ねてきた筆者ならではの、多くの報道の中でも群を抜いて胸に迫る記事となっています。

※※※

なぜ日本はクロマグロの漁獲枠を守れないのか?(勝川俊雄)

筆者による受賞コメント:現在のクロマグロの漁業規制の問題点について、予備知識がなくてもわかるように整理しました。執筆にあたって心がけたのは、問題点を指摘するだけでなく、具体的な改善策を示すことです。漁獲枠を超過する直前という、良いタイミングで記事を投稿できたため、マスコミ報道にも影響を与えることができたと思います。

勝川俊雄

選出理由:発表にもとづいた漁獲枠超えを批判的に伝える報道が多い中、なぜ枠を守れないのかについて漁獲規制の仕組みからわかりやすく解説、現在の制度の問題点指摘と改善策の提案につなげています。本記事公開後、水産庁が漁獲枠の追加配分を発表するなど、大きな反響をうみました。

※※※

極右と極左、エリートとノンエリートが激突するフランス大統領選 イチから分かる入門編(上)(木村正人)

筆者による受賞コメント:月間MVAに選出していただき、ありがとうございます。欧州の最前線で取材していると世界が日々動いていることを実感します。ロンドンで「仮面ライダー」ならぬ「木村正人のNewsライダー」と銘打って報告会を開くと毎回、満員御礼で、もっと話を聞きたいという強い要望が寄せられます。スマホや最軽量ノートPC、カメラをフル活用してリアルタイムで世界の動きを伝えるという目標に一歩ずつですが、確実に近づいていると思います。テクノロジーの進展には目覚ましいものがあり、伝える可能性は無限に広がっています。今回、出口調査でエマニュエル・マクロンの当選確実が速報された時、4Gのデータ通信が1時間以上も使えなくなり、祝勝イベントが開かれたルーブル宮殿の表情をリアルタイムで伝えられず誠に残念でした。それも凱旋将軍ナポレオン1世の生まれ変わりのようなマクロンに対する期待の大きさだと思うと、うれしくなってきます。フェイクニュースではないリアルニュースを伝えられるよう精進していこうと思っていますので、これからも、ご支援のほど、よろしくお願いします。

木村正人

選出理由:混戦が予想されたフランス大統領選挙について、各候補の公約やフランスの政治状況から情勢を分析。また選挙戦のさなかに起きたテロ直後に実際にフランスに入り、移民問題の選挙への影響などについて自身撮影による現地写真とともに伝えました。上中下あわせての選出です。

※※※

タバコの経済的デメリットはメリットを凌駕する(石田雅彦)

筆者による受賞コメント:この記事では、経済的なメリットデメリットの観点からタバコを取り上げていますが、生命や健康は金銭に勝るとも劣らない価値あるものでしょう。世の中にはギャンブルなど、いろんなダブルスタンダードがありますが、タバコ問題は、国民の生命や健康に関わることを政府が率先してやっているダブスタ、という点でとても重要なテーマです。タバコ規制強化の前にはこのダブスタが立ちはだかっているわけで、今後も続けてタバコという摩訶不思議で特異な商品について考えていこうと思っています。

石田雅彦

選出理由:筆者の専門的知見を活かし、様々なデータから喫煙・禁煙の経済的影響について読み解く記事です。タバコ問題に迫る一貫した姿勢が一連の発信を通じて伝わってきます。

※※※

“ポスト錦織圭"育成だけではない。日本男子テニス界が直面している重要な問題とは!?(神仁司)

筆者による受賞コメント:MVAへの選出ありがとうございます。多くの読者に読んでいただき感謝です。テニスは、世界のトップ10として活躍する錦織圭の存在によって注目されるようになりましたが、欧米に比べて日本ではまだまだマイナースポーツです。今回の記事では、世界のトップで活躍できる男子テニス選手をたくさん輩出できない日本テニス界の問題を指摘させていただきました。今後も注視しなければいけない非常に大事な問題です。

神仁司

選出理由:選手の育成や強化だけでなくプロツアーで通用する日本人指導者の増加が急務であることを鋭く指摘。日本男子テニス界が抱える根本的な課題をあぶり出した1本です。

※※※

4月の月間MVC

『「ブラック産業医が復職阻止、クビ切りビジネスをしている」弁護士が警鐘』の記事へのオーサーコメント(石蔵文信)

筆者による受賞コメント:産業医は企業から給料を支払ってもらい、大企業以外は専属(常勤)ではなく非常勤の場合が多い。さらに精神医学を専門とする人はかなり少ないなどの問題がある。企業の活動を支える大事な仕事であるが、働き方改革に伴って産業医の在り方も論議した方が良いだろう。今回の受賞、ありがとうございました。

石蔵文信

選出理由:理解されているようでされていないと思われる「産業医」の役割、立ち位置について、心療内科医の立場から解説。存在を否定するのではなく、電通社員の過労自殺問題などで社員の働き方が議論され、メンタルケアが問われる今、産業医は「従業員を守ることが会社を守るとの意識が大切」と述べた意義ある提言です。