琵琶湖の水位が低下したので、明智光秀が琵琶湖畔に築いた坂本城跡の石垣の一部が湖面から露出している。ところで、光秀は近江出身でもなく、近江田中城主でもない。それはトンデモ説だ。以下、確認してしておこう。

■光秀近江出身説の史料

 近江佐目出身説の根拠史料は、『江侍聞伝録』(寛文12年・1672成立)、『淡海温故秘録』(貞享年間・1684~88成立)という編纂物で、ともに光秀の没後から約100年後に成立した二次史料(後世に編纂された史料)だ。

 『淡海温故秘録』は地誌(郷土誌などの類)で、『江侍聞伝録』は中世における近江国の土豪・地頭の家系を地域ごとに記した史料だ。

 『江侍聞伝録』も『淡海温故秘録』も、光秀の出自について書いている内容はほぼ同一である。以下、その概要を示しておこう。

 美濃土岐氏の流れを汲む明智十左衛門なる人物は、主の土岐成頼のもとを飛び出し、近江国へとやって来た。

 やがて、十左衛門は近江守護の六角高頼の庇護を受け、近江佐目(滋賀県多賀町)の地に安住する。それから2・3代あとになって、佐目の地で誕生したのが光秀だというのだ。

 この話が事実とするならば、光秀の誕生地は滋賀県多賀町佐目ということになる。地元には、光秀に関する逸話・伝承の類、あるいは関連する史跡も残っているという。

 しかし、現存する一次史料には、光秀が近江出身だったと書いているものがない。おまけに『江侍聞伝録』『淡海温故秘録』は記述内容に不審な点があり、史料としての質に問題がある。

 光秀の近江佐目出身説はたしかな史料で裏付けできないのだから、正しいと認めるわけにはいかないだろう。

■新発見の『針薬方』という史料

 光秀が近江田中城(滋賀県高島市安曇川町)に籠城していたと書いているのは、永禄9年(1566)10月20日の奥書を持つ『針薬方』(「しんやくほう」または「はりくすりかた」)という医薬書である。

 この史料は新発見である。『針薬方』の記述をもとにして、光秀が琵琶湖西岸部を支配していたと指摘されているほど貴重な史料だが、それは事実とみなしてよいのだろうか?

 『針薬方』とは光秀が近江田中城に籠城していた際、沼田勘解由左衛門尉が医薬に関することを光秀から口伝され、米田貞能がそれを近江坂本(滋賀県大津市)で写したものである。

 米田貞能は医術によって足利義輝・義昭に仕え、のちに肥後細川氏の家老になった。沼田勘解由左衛門尉は熊川城(福井県若狭町)に本拠を置き、足利義昭に仕官していた。

 永禄9年(1566)、貞能は義昭が越前に逃れた際、同行したことが知られている。つまり、実在の人物が『針薬方』を書写したことが明らかなので、良質な史料であると評価されている。

■疑問が多い『針薬方』

 一方で、『針薬方』の内容には少なからず疑問が指摘されているので、次に確認しよう。

 永禄9年(1566)8月29日、義昭は矢島(滋賀県守山市)を出発し、9月7日に敦賀(福井県敦賀市)へと移動した。同年10月以降、義昭は越前朝倉氏のもとに身を寄せるため、受け入れの可否について交渉を開始した。

 そのような非常に緊迫した情勢のなかで、米田貞能が敦賀からわざわざ坂本へ移動し、医薬書を書写する必然性があったのかということだ。

 また、光秀が近江田中城に籠城していたという史実を裏付ける史料は、まったく残っていない。さらに、光秀が琵琶湖西部を支配していたという史料についてすら、1点もないのだ。

 当該地域に光秀が発給した文書は皆無なので、『針薬方』の記述内容は、戦国時代の近江の状況とかけ離れていると指摘されている。

 現時点においては『針薬方』の記述内容に不審な点が多く、史料性に疑問があると指摘されている。

 それらの点を考慮すると、光秀が近江田中城に籠城したという事実は、ほとんど信用することができない。そもそも光秀が近江田中城に籠城したという事実は、あったと考えられないのである。

 仮に、光秀が琵琶湖西岸を支配していたとか、近江田中城に籠城していたと言うならば、信頼できる一次史料(当時の古文書や日記など)で裏付けなくては、誰も納得しないのではないだろうか。

■まとめ

 光秀が坂本城主だったのは、ゆるぎない事実である。しかし、近年になって「新説」として提起された、光秀が近江の出身であるとか、近江田中城の城主だったとの説は、虚説とみなすべきだろう。

 新しい史料の発見とともに新説が提起されるのは良いことだが、いかんせん史料の性質が重要である。マスコミなどでは、何の疑問もなく紹介されるので、注意が必要である。