渡邊大門

株式会社歴史と文化の研究所代表取締役
1967年神奈川県生まれ。関西学院大学文学部史学科日本史学専攻卒業。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。十六世紀史研究学会代表。千葉県市川市在住。日本中近世史の研究を行いながら、執筆や講演活動に従事する。主要著書に 『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』 朝日新書、『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』晶文社、『関ヶ原合戦は「作り話」だったのか―一次史料が語る天下分け目の真実―』PHP新書、『明智光秀と本能寺の変』ちくま新書、『光秀と信長 本能寺の変に黒幕はいたのか』草思社文庫など多数。

記事一覧

1~25/63件 年月で絞り込む

2020年

前へ

次へ

1~25/63件