【野球】25年ぶり富山で対決の篠塚和典VS伊藤智仁 篠塚に軍配、伊藤「来年も挑戦したい」

25年ぶりの対決を終えて笑顔を見せる元巨人の篠塚さん(右)と元ヤクルトの伊藤さん

 2018年6月2日、富山市の富山県営球場に、元巨人の篠塚和典さん(60)と元ヤクルトの伊藤智仁さん(47)の対決を見ようと中高年の野球ファンが集まった。25年前の1993年6月9日、金沢市の石川県立野球場で行われた巨人ーヤクルト戦では代打・篠塚が伊藤を攻略。九回2死、0-0から初球をライトスタンドへ運び、北陸のファンに「伝説のサヨナラ弾」の記憶を刻んだ。再戦の結果は?

スコアボードには1993年6月9日の巨人-ヤクルト戦を再現し、当時のメンバーとスコアが表示された
スコアボードには1993年6月9日の巨人-ヤクルト戦を再現し、当時のメンバーとスコアが表示された
巨人のユニホームに身を包んだ篠塚さん
巨人のユニホームに身を包んだ篠塚さん

「スライダーにバットが当たるかな。心配です」と篠塚さんが言えば、「篠塚さん、練習していますね。負けませんよ」と伊藤さん。並んで健闘を誓い、勝負は始まった。1打席限りである。

 初球、直球で1ストライク。2球目のスライダーは外れた。続く3球目、内角の直球をファウルし、鋭い打球が右方向へ。4球目、伊藤渾身のスライダーを篠塚はファウルとし2ストライク。そして5球目となる直球はレフト前へ。現役時代と変わらず、巧みなバットコントロールを見せた篠塚に軍配が上がった。

篠塚さん「少しでも盛り上げようと」

 篠塚さんは富山の選手やファンを前に、当時を振り返った。金沢市での対決は、引退の前年である。ベテランの目に伊藤はどう映っていたのか?

「(伊藤が)新人ながらセ・リーグタイ記録となる16奪三振を記録していたので、巨人側のベンチは意識していました。全く点を取れなかったですよ。本当に……。『いい投手が出てきたなあ』と思っていました。故障さえなければ、もっと活躍できたでしょう」

25年ぶりで1打席限りの対決に臨んだ篠塚さんと伊藤さん
25年ぶりで1打席限りの対決に臨んだ篠塚さんと伊藤さん

 篠塚さんのスマートなユニホーム姿は、現役時代と変わらない。この日に備えていたのだろうか? 「2月にOB戦に出て以来、何もしていませんよ。お腹周りが、太くなっちゃったからなあ。体重は5キロぐらい増えましたよ」。とはいえ、動きは軽やかだった。

左前打を放ち一塁へ向かう篠塚さん
左前打を放ち一塁へ向かう篠塚さん

 伊藤さんの「富山で再戦を」という依頼を快諾し、北陸へ足を運んだ思いを聞いてみた。

「(伊藤さんが)頑張っているから、少しでも盛り上げようと思ってね。独立リーグで自分の力を試そうとしている選手は、NPB(日本プロ野球機構)目指してレベルアップしてほしい」

 たぐいまれな打撃センスと華麗な守備で、18年間にわたって巨人で活躍した篠塚さん。シーズン打率3割以上を5年連続も含めて7回記録。通算打率も3割を超えている。独立リーグの選手に対しては、「上を目指せ」という思いがある。BCリーグ・富山GRNサンダーバーズと信濃グランセローズの選手にエールを送り、インタビューを締めくくった。

投球練習をする伊藤さん
投球練習をする伊藤さん

東京からヤクルト時代のファン20人

 伊藤さんは1993年のセ・リーグ新人王に輝いた。同年の前半に挙げた7勝を評価されたからである。同年7月に右肘を負傷し、戦線を離脱。以降は右肩の故障に苦しむも、97年にはカムバック賞を受けている。2003年に引退、昨季までヤクルトの投手コーチを務めた。今季からBCリーグ・富山の監督となった。「現役時代と比べて体重の増加は2、3キロ程度」とのこと。こちらもスマートな印象は変わらない。

マウンド上でしゃがみ込む伊藤さん
マウンド上でしゃがみ込む伊藤さん

 スコアボードに表示された球速は、直球が時速100キロ前後、スライダーは80キロ前後だった。篠塚さんにリベンジを果たせなかったことを悔しがるも、野球界の先輩へ賞賛を惜しまない。

「わざわざ足を運んでくれたことに感謝します。『お互い、歳を取りましたね』と言いましたよ。でも、バットスイングはきれいでした。コースに逆らわない打撃、さすがです。来年以降も来ていただき、また挑戦したいと思っています」

対決を終え、笑顔を見せる篠塚さんと伊藤さん
対決を終え、笑顔を見せる篠塚さんと伊藤さん

 この日に合わせて、伊藤さんの現役時代の代名詞である「高速スライダー」を冠した「高速スライダー応援バスツアー~下道では低速ですけどなにか~」が企画された。東京と富山を結ぶツアーに参加したのは約20人。ヤクルト時代からの熱烈な伊藤さんのファンがほとんどである。

「目の肥えたプロ野球ファンに、独立リーグの野球を見てほしかった。野球だけでなく、富山観光も楽しんでいってください」

 対決を終えてすぐ、伊藤さんは監督の顔に戻った。選手も奮闘し、信濃を7-2で退けている。

当時のボールボーイが次打席で観戦

 次打席では伊藤さんと同世代の男性が対決を見守り、篠塚さん、伊藤さんと記念写真に収まっていた。「2人と、どんなご縁が?」と声を掛けると、25年前の思い出を明かしてくれた。男性は金沢市内の病院で勤務する整形外科医の金沢芳光さん(49)。医師として故障を抱える球児の治療に携わることもあり、草野球では投手を務める。「伝説のサヨナラ弾」をボールボーイとして見ていた。

篠塚さん、伊藤さんと記念撮影する金沢さん(中央)。25年前の対決をボールボーイとして観戦した
篠塚さん、伊藤さんと記念撮影する金沢さん(中央)。25年前の対決をボールボーイとして観戦した
対決に先立って行われた篠塚さんのサイン会には多くの女性ファンの姿があった
対決に先立って行われた篠塚さんのサイン会には多くの女性ファンの姿があった

「当時、金沢大学医学部の5年生で、準硬式野球部員でした。一塁側の巨人ベンチ横から観戦し、『何で伊藤投手の球を巨人は空振りするのだろう』と思いながら見ていました。すごい雰囲気でしたね」

 筆者もテレビ観戦だったが、「伝説のサヨナラ弾」を目に焼き付けた1人である。25年を経て2人は、全盛期の印象のままだ。若々しい姿が四半世紀の年月を忘れさせてくれた。中高年のファンにとっては嬉しい限り。伊藤さん同様、「来年も」と再戦を願っている。

※写真/筆者撮影

※伊藤監督については、こんな記事も書いています。

・【野球】6月2日、富山で「伊藤智仁VS篠塚和典」伝説の対決を25年ぶり再現!

https://news.yahoo.co.jp/byline/wakabayashitomoko/20180508-00084871/

※BCリーグ・富山GRNサンダーバーズの公式ホームページ。試合日程やイベント情報などを随時、発信

http://www.t-thunderbirds.jp/

※ルートインBCリーグの公式ホームページ

http://www.bc-l.jp/