■さいたまで人質立てこもり事件発生

さいたま市大宮区のJR大宮駅前のビルにあるインターネットカフェで男が女性従業員を人質にして立てこもっている事件は18日午後、発生から24時間以上が経過した。埼玉県警は昼ごろ、2人分の軽食と飲料水を受け渡した。依然として男からの具体的な要求はなく、膠着(こうちゃく)状態が続いている。(軽食と飲料水差し入れ 立てこもり発生24時間:産経新聞Y!6/18

6/18、20:00現在、進展は見られていません。

補足:6/18、22:45、男は確保され、人質になっていた女性が無事保護されたとの報道がありました。

■人質立てこもり事件の分類

人質立てこもり事件には、いくつかのパターンがあります。銀行強盗などが逃げる前に警察に取り囲まれる場合。薬物中毒などで、冷静な判断力を失っている場合。何かの要求があって、立てこもる場合などです。

日本の人質立てこもり事件を、「犯罪失敗型」「情緒型」「計画型」に分類する研究もあります。

■犯人の心理と人質救出の方法

警察が優先するのは、人質の救出です。そのためには、犯人を落ち着かせ、自暴自棄になるのを防ぐことが必要です。特に事件発生直後は、犯人は極度の緊張、興奮状態にあることが多く、そのような犯人に対しては、威圧的な態度は禁物です。

犯人が極度の緊張、興奮状態にある時には、警察も犯人の行動が予測できません。何をするかわからない状態です。この状態は危険です。この状態で犯人を刺激するようなことは、危険性をさらに高めます。

興奮した犯人が、たとえば持っている銃を発砲したり、人質や警察官を傷つけるようなことをしてしまうと、犯人の興奮や緊張はさらに高まってしまいます。自分が大ごとを起こしてしまったと強く感じて、さらに自己破滅的な行動に出ることもあります。

犯人に対して強い態度で出るよりもむしろ、犯人の話を聞く態度で、落ち着かせなければなりません。犯人が冷静に要求を出している場合も、人質を守るためには、犯人との相互信頼関係を作ることが大切です。

多くの人質も、勇気と忍耐を持って、人質を興奮させないように頑張るでしょう。

時間が経つと犯人は次第に落ち着き、一般には人質と犯人との関係も安定し、こうなれば説得や交渉もできるようになります。警察、犯人、人質の望ましい関係性が事件解決のかぎとなります(人質立てこもり事件の犯罪心理学:解決のための最重要ポイント:Yahoo!ニュース個人有料)。

犯人が冷静になり、合理的な考え方を始めれば、いつまで立てこもっていても良いことはないと考えれられます。犯人をこのような心理状態にさせて、自ら人質を開放し、投降してくれれば、事件は無事開放です。

ただし、このようになるまで、何十時間でも、何日でも時間を使って良いわけではありません。人質の体力精神力も限りがあります。犯人も同様に疲労がたまることで、自暴自棄の思いを強めてしまうこともあります。

また、人質を解放しようと犯人が決心しても、いざ人質を解放する最後の段階で、自分が逮捕されることが怖くなり興奮する犯人もいます。最後まで気を抜くことはできません。

犯人の生活が破綻しているような場合、また自殺をほのめかすことを語っている場合は、特に注意しなければなりません。

犯人が、これ以上自分の罪を重くしてはいけない、人生はまだやり直せると思い、合理的な行動が取れるようにすることが、人質救出へつながる道になります。

この事件も、無事解決することを願っています。

補足:男は確保され、女性は無事保護されました。6/18、22:45