<病院は「もっと気をつけるべきだった」のか。そうだ。私たちはいつも、「もっと気をつけるべき」だった。だから、「もっと気をつけるべきだった」には意味がない。>

■永寿総合病院の苦悩と世間からの評価、室井佑月氏の発言

新型コロナの院内感染が発生し、43名の死者を出した永寿総合病院。当時は、激しく責められました。誹謗中傷もありました。病院職員への偏見差別もありました。

院長は謝罪をし、今回は職員の手記が発表されました。

発見遅れた最初の感染 永寿総合病院の院長「甘かった」:朝日新聞7/1>

【手記全文】大規模な院内感染 経験した医師ら3人が語ったこと:NHK7/1>

「死ぬかもしれない 子ども達を頼む」(内科医師)

「事態の重大さ その場に座り込んでしまった」(血液内科医師)

「仲間を戦地に送り出しているような気持ちに」(看護師)

「泣きながら防護服を着るスタッフも」

「横断幕が目に入り、『まだ私たちはここにいてもいいんだ』と思えました」

これらの手記に対して、今日7/2放送のテレビ番組「ひるおび!」の中で、室井佑月氏は、美談にしてはいけない、病院は責められるべきと語りました。

■室井佑月氏の発言内容

「こういう美談を出してきて」

「すり替えっぽく感じる」

室井氏は、個人は悪くないとしながらも、

「病院は責められるべき」

「病院側経営者は反省すべき」

「病院から広がるなんてことはやめてほしい」

「もっと注意しなければいけなかった」

と発言しました。

■専門医からの反論

同番組に出演していた日本感染症学会専門医の寺嶋毅氏は、語ります。

「3月当時はまだ無症状でもうつすとは分かってなかった」

「どこでも起こりえたこと」

「その段階でどれだけのことが日本の病院でできたのか、未知のウイルスと戦うにはどんな準備ができたのか」

「本当に責めていいのかと僕自身はわからない」

寺島医師は、個人的にも永寿総合病院のことをご存知のようで、しっかりとした病院だと語っていました。

■永寿総合病院は「もっと気をつけるべきだった」のか

はい。気をつけるべきでした。院内感染により多くの方が亡くなったのは、重大なことです。院長ご自身も「甘かった」と語っています。

しかし、何か良くないことが起きた時には、私たちは常に「もっと気をつけるべきだった」と言われのです。

本人自身も、そう思うでしょう。事故を起こした時、子供が怪我や病気になった時、仕事で損失を出した時、失恋した時、ケンカをしてしまった時、ああしていれば、こうしていなければと、人は考え悩みます。

自分や家族が被害にあった時には、なぜもっと気を付けてくれなかったのかと、相手を責めたくもなるでしょう。

たしかに、もっと気を付けていれば、防げたことはあったかもしれません。しかし、それによって相手や、時には自分自身を、責めるべきかどうかは別の問題です。

制限速度40キロの道路を、徐行して時速5キロで走っていたら、事故は防げるでしょう。しかしそれは、現実的ではありません。ドライバーは、一切おしゃべりなどせず、常に正面を見続けて0.1秒でも横を見るなというのも、非現実的です。運転しながら、ちらりとカーナビを見たりもします。

世界の誰もまだ正体がわからず、国内でも判断が揺れていた新型コロナに対して、どれほど気をつけるべきだったのか、どれほど注意することができたのかは、慎重に検討されなければなりません。

裁判なら、証拠を積み重ねながら、予見可能性があったのか、適切な程度の注意義務は果たされていたのかが、審議されることでしょう。

■人はなぜ「もっと気をつけるべきだった」と感じるのか

社会心理学の研究によると、人は物事の原因を過剰に、「人」のせいにしてしまいます。本当は、多様で複雑な事情が絡んでいるのに、そこには目を向けず、その人のせいだと感じてしまうのです。

「病院の責任」というのも、目に見えない病院組織を問題にしているのではなく、経営者や管理者の責任を問うているのでしょう。

さらに、人はある出来事が起きた瞬間に、そのことは事前に予測できていて当然だと感じてしまいます。

特に意地悪な人だけの発想ではありません。心理学の研究によれば、それは人間の自然な心理なのです(原因帰属理論:人は原因理由をどう考えるか:責任追及、いじめ、仕事、恋愛の社会心理学:Y!ニュース個人有料)。

だから私たちは、いつも不当に責められていると感じますし、また法的責任を問うような場合は、感情を抑えた冷静な調査が求められるのです。

報道ステーション富川悠太アナウンサーのコロナ謝罪:人はなぜ不当に責められるのか

■「もっと気をつけるべきだった」と安易に責めることの問題:再発防止のために

不幸な出来事が起きた時には、私たちは「もっと気をつけるべきだった」と感じます。いつも感じるのです。だから、ある場面で「もっと気をつけるべきだった」と言っても、問題改善にはほとんど役立たないのです。

新型コロナに限らず、院内感染は病院にとって大きな問題です。各病院は、気を付けています。しかしそれでも、院内感染は発生します。その度に、「もっと気をつけるべきだった」と病院を責めるだけでは、問題は改善されません。

飛行機事故が発生した時には、ありとあらゆる可能性を考えた、徹底した調査が行われます。深い海の底からも、墜落した飛行機の部品が集められます。

その結果、たとえば「金属疲労」といった、新しい現象が発見されたりもしました。当時は、誰もその現象を知らなかったのです。飛行機の設計は、改善され続けています。事故調査の成果は、飛行機以外の分野にも生かされています。

機長の操縦ミスと結論づけられた時も、「もっと気をつけるべきだった」では終わらせません。なぜ機長には判断ミス、操作ミスが起きたのかを、医学、心理学、人間工学、組織学などの観点から、深く考察されます。

人間のミスをヒューマンエラーと呼びますが、この考え方では人間のミスを原因とは見ずに、結果と見ます。様々な要因が絡んだ結果、事故につながる人間のミスが起きたと考え、ヒューマンエラーを発生させた要因を改善しようとするのです(失敗とヒューマンエラーの心理学:自分のパターンを知り対策を考えよう:Y!ニュース個人有料)。

たしかに、室井佑月氏が主張するように、美談で終わらせてはいけないことがあります。責任追及が必要なこともあります。しかし、安易に「もっと気をつけるべきだった」と責めるのは、問題改善につながらず、かえって現場で苦闘している方々の意欲をそぐことになります。

緊急時に必要なのは支援と理解であり、事後に必要なのは冷静な調査と再発防止への現実的努力なのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

院内感染の十字架背負い、聖マリアンナ西部病院が歩む「苦闘の日々」

誹謗中傷とは言葉のテロリスト--日の丸マスク、室井佑月さん、木村花さん、山里亮太さん--