人はなぜ人を助け、なぜ助けないのか:援助行動の社会心理学

写真はイメージ:海岸清掃ボランティア:人助けって、気持ちいい。(写真:アフロ)

<最近は、みんな冷たくなって、人助けをする人も減ってきた。そう語る人もいます。でも、心理学的には、そんなことはありません。では、なぜ私たちがそう感じるのか、どうすれば良いのか、お伝えします。>

■人はなぜ助けるのか

人はなぜ人を助けるのか。道徳や宗教教育のせいでしょか。世間体のせいでしょうか。けれども、仲間を助ける行動は、動物にも見られます。

たとえば、象はかなり遠くまで届くSOSの声があります。声を聞いた仲間が遠くから戻ってきて、溝にはまって動けなくなった仲間の象を助けることもあります。仲間を助ける行動は、鳥にも見られますし、時に魚類にも見られます。

スズメにエサをあげていたら、一羽の目の見えないスズメに、他のスズメがエサを運んでいたという話もあります。魚では、病気で横に倒れそうになったエンゼルフィッシュを、他の魚が縦に戻そうとしているのを、見たこともあります。

野生のサルでは、生まれつき重い障害を持っていてとても自分だけでは生きていけないサルが、数年間群れの中で生きていたケースもあります。

サルを使った実験では、鉄格子で区切られた二匹のサルの一匹だけにエサを与えます。もちろんサルは食べ始めますが、となりのサルは大騒ぎです。しかしとなりのサルは、エサを奪うことはできません。エサをもらったサルは自分だけで食べて良いのです。サルは、私たちが受けてきたような道徳教育も受けていません。

ところが、エサがもらえなかったサルが騒ぎ続けると、エサをもらったサルも、しだいに食べづらそうになり、ついにエサを分けてあげるのです。

人間の子供も、分けてあげることができます。赤ちゃんが持っているものに対して、お母さんが「ちょうーだい」と言うと、赤ちゃんは手渡してくれます。しかも、手渡したあとに、喜んで笑顔になったりします。

子供たちは、動物にエサをあげるのも好きですね。お母さんがうつむいていると、慰めに来る幼児もいます。私たちは、人助けの道徳教育を受けますが、教育以前から他者を助けることができるのです。

■なぜ助けないのか

しかし、いつも適切な人助け行動が行われるわけではありません。助けないこともあります。それは、なぜなのでしょうか。

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2020年6月サンプル記事

碓井真史

価格

550(記事4本)

2020年6月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」「チコちゃんに叱られる!」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』等。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。