コロナ帰省、コロナ疎開、東京脱出:あなたは良くてもみんなが困る

写真はイメージ:新型ウイルス肺炎が世界で流行 各国で警戒(写真:ロイター/アフロ)

■コロナ帰省、コロナ疎開、東京脱出?

コロナ帰省、コロナ疎開が、話題になっています。事情は様々です。

こんな事情と気持ちの人々も報道されています。

「帰りたくて帰ってきたわけじゃない」―。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で、終息がますます見通せなくなった7日、関東や関西などの都市部から帰宅した人たちは、複雑な胸中をにじませた。~佐賀の方が安心できる~法事で帰省~生活している寮が3日で閉鎖となり、数日前に実家への帰省を余儀なくされた。

出典:<新型コロナ>「帰りたくて帰ったわけじゃない」都市部からの帰省者、複雑な胸中 4/8佐賀新聞Y!

18歳の学生が、学校も休校になったので、安心できる実家に帰省。

47歳の男性が、法事で実家に帰省。

19歳の学生が、生活していた寮が閉鎖で帰省。

それぞれの事情があります。ただの自分勝手な遊びとは違います。

■ウイルス感染に心は関係ない

しかし、それでも、

ウイルス感染に心は関係ありません。

「帰りたくて帰ったわけじゃない」人も、「帰りたくて帰った」人も、「遊びに行こう」と思った人も、みんな同じ行動を取れば感染の危険性は同じように高まります。

実家が地方だろうと、歳が若かろうと、関係ありません。誰もが、首相や知事の要請には従うべきであり、慌てて帰省する行動は戒められていました。

たとえば新潟県知事は、次のように要請しています。

  1. 緊急事態が宣言された区域への不要不急の往来は、厳に控えていただきますようお願いいたします。
  2. (来県者受け入れ予定のある方々は)改めてその必要性をご検討いただき、不要不急の来県を控えていただきますようお願いいたします。
  3. やむを得ず、緊急事態が宣言された区域から本県に帰省や来県される方で、一定期間滞在される方におかれては、2週間程度、不要不急の外出を控えていただきますようお願いいたします。

もちろん、不安な気持ちには共感できます。未成年の子供ならなおさらです。でも、気持ちに共感はできても、行動は支持できません(カウンセリングの土台「共感」とは:自殺も不登校も引きこもりもDVも、そんなの認められないと思う人へ:Y!有料)。

政府や各都道府県は「不要不急の帰省や旅行」など県境を越えた移動の自粛を強く呼びかけています。

■不安な人々、困っている人々に支援を:みんなが一つのチームとして

けれども、個人を責めるだけでは問題は解決しません。困っている人、不安を抱える人を支援しなくてはななりません。

たとえば、寮が閉鎖されて帰省するのは、仕方がないでしょう。ホテル暮らしをしろとも言えません。記事にあるように、帰省を「余儀なくされた」わけです。

また実家の親が倒れて危篤状態でも実家に帰省するなとは言いません。これは、不要不急ではなく、必要火急の帰省です。

このように移動しなくてはならない人がいるのですから、そうではない人の自制力が求められています。

これは、統計学的な問題です。あなた個人が感染するかどうかではなく、みんなで協力して、社会全体で人の移動を減らしていくことで、新型コロナウイルス感染者の爆発的増加、オーバーシュートを防ぐのです。

心配だから、不要不急とはいえ用事があるからといってあなたが移動することは、あなたにとっては良いことかもしれません。

しかし、多くの人がそのような移動を始めることで、各都市や日本全体の感染爆発と医療崩壊の可能性を高くしてしまうのです。

記事に登場する学生の場合は、いずれにせよ本来なら大学からの支援が欲しかったケースです。けれども大学もコロナ対応で忙殺されています。正直言って、余裕がない状況かもしれません。

しかし、ここが私たちみんなの力の見せ所です。

そして、コロナ帰省やコロナ疎開を控えましょうと言っても、緊急事態宣言の対象になっている東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の人々を避けるのは、論外です。

合理的な感染予防はとても大切ですが、偏見差別は混乱を生むだけです。感染者が出たからといって、ある地域やある会社やある学校などを嫌うのは、非合理的です。

災害発生時も、原発事故発生時も、感染症発生時も、私たちは危険を避けますが、そんな時こそ日本全体が一つのチームです。

学校が、家庭が、地域が、企業が、行政が、協力し合って、コロナとの戦いに勝利していきましょう。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ