人助けをするときに絶対に忘れてはいけないこと:自分も相手も潰れないために

(写真はイメージ:人を助けることは素晴らしことですががあ)(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

<人助けをするときに絶対に忘れてはいけないことがあります。それを忘れると、自分が潰れ、相手も溺れます。どうすれば、みんなで幸せになれるでしょうか。>

■人の役に立つ仕事がしたい、困っている人を助けたい

医療、福祉、心理などの学生と話していると、「人の役にたつ仕事がしたい」「困っている人を助けたい」と語る学生が大勢います。教育、保育なども、同様です。

お役に立ちたいという思いは、素晴らしいと思います。「金持ちになりたい」ではなく、世のため人のためになりたいと思う若者は増えていると思います。

ボランティアの希望者もたくさんいます。この20年に看護や福祉の学校がたくさんできました(看護の新入生に進路選択の質問すると、人の役に立ちたいからという意見と待遇の良さなどを語る人の両方がいます)。

どの仕事も、巡り巡って世のため人のためですが、その実感を持ちやすい進路を選ぶ人が、以前よりも増えていると思います。

仕事ではなくても、ボランティアや、日常の生活で、同じ思いの人は多いでしょう。しかし、人の役に立つためには、気をつけなくてはならないことがります。

その注意点を理解していないと、自分自身が倒れます。自分は善意なのに、かえって相手に害を与えます。

また、自分の限界を知ることが必要です。一緒に溺れたら大変です。

仕事、ボランティア、子供を世話する親、親を介護する子供。今回は、様々な人助けをするときに、決して忘れてはいけない大切な注意点をお伝えしたいと思います。

■絶対に忘れてはいけないこと

人を助ける活動がしたいと願い人が絶対に忘れてはいけないことは、

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2019年8月サンプル記事

碓井真史

価格

550(記事4本)

2019年8月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ