「どうせこんな僕なんか」、自信のない子供達に見せるべき風景

(写真はイメージ)(写真:アフロ)

■今の子供達

可愛くて聡明そうな、小学校二年生の女の子でした。でもその子が言います。「私は馬鹿だから」。一体どこの誰が、この小さな女の子に「おまえは馬鹿だ」と思い込ませてしまったのでしょうか。わたしは、とても悔しく悲しい気持ちになりました。

「どうせこんな僕なんか」と語る子供達が大勢います。自分は頭が悪い、運動神経がない、音痴だ、不器用だ、ブサイクだと、そんなふうに感じている人は、たくさんいます。子供でも大人でも、自分はダメな人間で、この先もずっとダメ人間だと信じて疑わない人たちがいます。

でもこれは、事実でしょうか。たしかに、成績の悪い人や歌や運動が苦手な人はいます。でも、これからもずっとそうでしょうか。いいえ、人は変わるのです。能力も伸びます。それが、心理学が導き出した科学的事実です。

■子供はなぜ自信を失ったか:偉そうにしている子供ですら

優しい時代です。個性尊重の時代です。それなのに、現代の子供達は自信を失っています。様々な国際調査でも、日本の子供は学力が高く悪いこともしないのですが、自信(自己肯定感、自尊感情)だけが、欧米の子供と比べても、アジアの子供と比べても、低くなっています。この結果は、多くの調査で繰り返し確認されています。

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2018年9月サンプル記事

碓井真史

価格

540(記事3本)

2018年9月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。テレビ新潟番組審議委員。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』は総アクセス数5千万。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』など。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ