新入社員のみなさんへ:叱られ上手になろう

(写真はイメージ:あなたも未来へジャンプ!)(写真:アフロ)

「叱られ上手」になれば、あなたは新入社員の中でも一歩前に進めます。

■新社会人のみなさん、おめでとう

大丈夫。今まで頑張ってきたあなたは、職場でもきっと上手くいくでしょう。仕事は楽ではありませんが、地獄ではありません。

部活だって、入試だって、就活だって、楽ではなかったはずですが、あなたは乗り越えてきました。そしてしばらくたてば、「部活きつかったけど、楽しかった」などと思っているはずです。

今までの学校でのサークル活動や実行委員会の活動などと、会社での仕事は、基本的には変わりません。ただ、今までは練習でしたが、これからは本番になります。

■生産する・お金をもらう

子ども時代、学生時代は、消費生活です。お金を払い、お客様として生活してきました。でもこれからは、生産者です。お金をもらって活動します。それは、今までと違いますね。でも、あなたはこれから何かを生み出していきます。この社会を支える側にまわります。

あなたが、次の社会を作っていくのです。

ただ、入社してしばらくは修行時代が続くでしょう。

■現代の新入社員

リクルートの調査によれば、「あなたはどんな職場を求めていますか?」という質問に対して、5割の新入社員が「互いに助け合う職場」と回答しています。その次は「アットホーム」「なんでも意見が言い合える」。そして「活気がある」「互いに個性を尊重する」などと続きます。

新入社員の皆さんは、自分が受け入れられることを願っているようです。

「あなたが上司に期待することはなんですか?」という質問に対しては、次のような回答があります。

回答のトップ3は、「相手の意見や考え方に耳を傾けること」「一人ひとりに対して丁寧に指導すること」「好き嫌いで判断しないこと」です。

みなさん、優しい上司を求めているようです。

そして不安に感じていることは、「仕事についていけるか」「先輩・同僚とうまくやっていけるか」「自分が成長できるか」でした。

今年の新入社員は何を求めているのか?:リクルート新入社員調査

■厳しい上司は不必要?

パワハラ上司はお断りです。今は、そんな時代ではありません。新入社員だって、自分の人権を守らなくてはなりません。けれども、社員はお客様ではありません。新入社員のみなさんも、仕事ができるようになりたいし、成長したいと思っていることでしょう。

あなたの今までの人生では、どうだったでしょうか。人権侵害をする大人がいては困りますが、時に厳しく指導してくれる人もいたはずです。そのおかげで、みんな成長してきました。

部活やサークル活動などで、だらだらと活動するのではなく、「目指せ全国!」とか「学園祭を成功させよう」と厳しい雰囲気の中で活動もしてきたでしょう。

上司も、部下のことを思っています。中間管理職の人と話をすると、まるで学校の担任や生徒指導の先生のように、新入社員のことを思っている人もたくさんいます。上司も新入社員の成長を願っています。新入社員も、必要な厳しさなら受け入れましょう。

■叱られ上手になろう

楽しいおしゃべりや、褒めてくれることは、OKですね。でも仕事を覚え、成長するためには、時に叱られたり、厳しく指導されることも必要でしょう。

最近見られる新入社員で、叱られるとそのまま出社しなくなってしまう人もいます。そもそも失敗すると、叱られる前にそのまま辞めてしまう人までいます。

少し叱られただけで、うつむいて黙り込み、ガタガ震え始めてしまう新入社員もいます。叱られると、ふてくされたり、逆ギレする新入社員もいます。

上司もプロですから、上手に指導しなくてはならないのですが、少し厳しくしただけでこうなってしまえば、指導する気力も失う上司もいるでしょう。

あなたが仕事を覚えるために、成長するために、叱られ上手になりましょう。

■叱られ上手とは

上司がきちんと叱ってくれているのなら、上司はあなたの人格を否定しているのではなく、あなたの行為を否定しています。上司がきちんと叱ってくれているのなら、あなたを潰すためではなく、あなたの成長を願っています。

叱ることはエネルギーのいることです。そのエネルギーをあなたのために使っています。

厳しい上司は、たいていの場合、仕事熱心な人です。叱られて小さくなって消極的になると、やる気がないように見えるので、さらに叱られます。

叱られた内容をしっかり聞きましょう。目を上げて、返事をしましょう。目を上げて、「すいません」「はい、わかりました」と口を開くと勇気が湧いてきます。相手がこちらの説教を理解してくれていると感じると、説教が必要以上に長くなることがありません。

しっかり説教を聞く、反省の気持ちを表す、そして萎縮せず積極的に行動していく。こういう叱られ上手は、厳しい上司からも気に入られます。面倒を見てもらえます。新しい経験をどんどんさせてもらえます。こうして、あなたは仕事を覚え成長していくでしょう。

■しばらく過ぎれば

最初はお互いに緊張感があります。新入社員は不安もあります。泣きたくなることもあるでしょう。でも、上司達も新入社員の時は同じでした。先輩達も、同様です。

新入社員の時は、叱られた、ヘマをした、頼りなかった。そんなあなたも、しばらく過ぎれば、会社の皆さんと良い人間関係が持てるようになるでしょう。厳しい面もあるけれど、冗談を言い合えるような仲間にもなるでしょう。

そして、今度はあなたが先輩になり、上司になり、会社を動かし、社会を作っていくのです。あなたのこれからの活躍を期待しています。

新社会人へのアドバイス2014:大丈夫、あなたはこれまでも乗り越えてきたから。

新入社員・新社会人のみなさんへ2015:不安なままで大丈夫

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ