機能性低血糖症と摂食障害2:AKB選抜総選挙岡田奈々さんの告白:どちらが原因結果?

新潟開催のAKB総選挙。写真は筆者が撮影した新潟駅前の階段。

■機能性低血糖症と摂食障害:どちらが原因

前のページ(AKB選抜総選挙岡田奈々さんの告白:機能性低血糖症と摂食障害)では、岡田奈々さんの告白内容を受けて、「機能性低血糖症など、栄養の問題が摂食障害を引き起こすとも言われています」と書きました。

この記事に対して、「因果関係は逆」とのご指摘をネット上でいただきました。

たしかに、常識的には因果関係は逆でしょう。拒食や過食嘔吐などが、血糖値のバランスを崩します(食べないと「機能性低血糖症」になるという単純な話でもないようですが)。

摂食行動の原因としては、前のページにも、「一般的には、行きすぎた痩せ願望や成熟拒否などが原因とされ」、また「自分ではどうしようもない困難な状況に置かれた時、摂食障害になることもあるとも言われています」と書きました。

つまり、機能性低血糖症が摂食障害の原因と一般的に言われている訳ではありません。ただ、「~とも言われています」ということです。

■AKB岡田奈々さんが選抜総選挙で告白したこと

岡田奈々さんは、次のように話してくださいました。

「私は機能性低血糖症と診断されました。そこから摂食障害、過食、嘔吐を引き起こしました。なかなか言えなくてごめんなさい。これを言ったら嫌われちゃうんじゃないかと思っていたけど、信じて待っていてくれて、こうして目標である選抜まで押し上げてくれて、ちゃんと皆さんに言わなきゃいけないなと思いました」。

私たちが分かることは、岡田奈々さんがしばらく仕事を休養し、おそらく担当医からこのような説明、診断治療を受け、そしてまた総選挙に出られるほどに回復したことです。どの程度の症状がどの程度続き、どのような治療を受けたのかは、わかりません。

前のページでは、一般的な摂食障害の原因をやんわりと説明しながら、岡田奈々さんの説明にそって、「~とも言われている」機能性低血糖症と摂食障害との関係について、お話ししました。

■機能性低血糖症と摂食障害

今回、知り合いの内科、精神科の医師に聞いてみました。まず、「機能性低血糖症」自体が、医師の間でもあまり知られていません。糖尿病のようによく知られた病気ではないようです。

機能性低血糖症の治療を専門にする医師、病院も、ごく限られています。「低血糖症と精神疾患治療の手引:心身を損なう血糖やホルモンの異常等の栄養医学的治療 (第5版) 」( 2014)という本を書いている専門医もいますが、多数派ではないでしょう。

機能性低血糖症の原因もよくわかりませんし、特別な治療薬もあるわけではなく、食事療法が基本のようです。何かの原因で血糖値のバランスが崩れやすい人が、自分の体にあった食事法をとることによって、改善を進めるようです。

ただし、よく知られていない病気ですから、医師の間でも考え方は様々でしょう。

摂食障害(拒食症、過食症)は、今やよく知られた診断名です。けれども、その原因には諸説あります。特効薬があるわけでもありません。

以前の心理学の教科書なら、母と娘の間に心理的葛藤があり、母親のような大人にはなりたくないと感じること(成熟拒否)が、摂食障害の背景にあるとされていました。今は、この説明だけで全てを説明はしないでしょう。

機能性低血糖症になると、体調不良に加えて、不安、抑うつ、イライラなど、様々な心や行動の問題が起きます。そうなれば、家族、親子関係や職場の人間関係もこじれて悪化するでしょう。以前から悩みや葛藤を抱えていればなおさらです。

低血糖状態が食行動異常を生むことがあるでしょうし、イライラや不安が食行動異常を起こすこともあるでしょうし、こじれた人間関係が摂食障害を引き起こすこともあるでしょう。

摂食障害の説明はいろいろありますが、友人の精神科医によると、どの原因、仮説が当てはまるのかは、患者によって違うような気がするとも語っていました。

■伝えたいメッセージ

アイドル岡田奈々さんの勇気ある告白に、拍手を送りたいと思います。その説明をことさら否定する必要はないように思いました。彼女が担当医から受けたと思われる説明を、私が否定する立場にもありません。

ただし、もちろん一般論を無視してもいけません。そこで前のページでは、一般論を説明した上で、「~とも言われて」いる機能性障害と摂食障害の話を書きました。

1人のアイドルを支え、ファンの思いに共感するために、一般的でない話を一般的であるかのように誤解させる気はありません。栄養改善や食事療法だけで、全ての摂食障害や精神疾患が治る訳ではないでしょう(低血糖が摂食障害の原因とする仮説は現在では否定されているとする研究もあるようです)。

伝えたいメッセージは、前のページも、このページも同じです。

「摂食障害は、様々な原因が考えられ、心と体と脳の問題が絡み合っていると言えるでしょう。症状を抱えながら頑張っている人も大勢いますが、長期にわたって治りにくいこともあり、拒食症の場合は命に関わることも珍しくありません。」

「しかしいずれにせよ、医学的な治療と共に、周囲の理解と互いの支え合いが大切です。」(AKB選抜総選挙岡田奈々さんの告白:機能性低血糖症と摂食障害

病気には適切な治療が必要です。そして、岡田奈々さんも、ファンの皆さんも、また同じ症状で苦しむ人やご家族も、幸せになってほしいと願っています。

*私は私の立場で、前回のページもこのページも書きましたが、高視聴率番組の中でのアイドルの注目発言ですから、また別の立場に立った方の解説ページがあっても良いかもしれませんね。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。テレビ新潟番組審議委員。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』は総アクセス数5千万。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』など。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ