「人」は支え合っていません。:武田鉄矢さんが金八先生の名言否定?とアイデンティティの心理学

先日、NHK「あさイチ」に出演しましたが(内容はこちら「きょうだいトラブルの心理学:兄弟は平等に愛してはいけない」)、今まで出演したNHKの番組の中で、リハーサル(打ち合わせ)が一番ゆるやかでした。自由な雰囲気のある番組ですね。

■「あさイチ」で武田鉄矢さんが「金八先生」の名言を否定?:「“人”という字は支え合っていません」

さて、11月21日放送「あさイチ」の「プレミアムトーク」コーナーにゲスト出演した武田鉄矢さんが、自由な発言をしてしまったようです。

武田は「“人”という字は支え合っておりません!」と断言し、かつての名言を自ら完全否定した。~

武田の解説によると、人という文字は、甲骨文字で人間を真横から見た形だという。~

有働アナは「支え合ってることにしておいて欲しいぐらいの感じ」と漏らし、この暴露にショックを隠せない様子だった。

出典:武田鉄矢が「金八先生」の名言を完全否定 「“人”という字は支え合っていません」:livedoor NEWS 2014.11.21

有働アナの「ショック」はジョークとしても、たしかに、「え~!!」という人もいるでしょう。

ちなみに、武田鉄矢さんとは以前BSの対談番組でご一緒いたことがありますが、(地上波以上に)のびのび自由に発言していらっしゃいましたね。

「人」という漢字は、一人の人がしっかり大地に立っている姿(歩いている姿)です。

まあ、一般の講演や子ども向きの話の「言葉遊び」「文字遊び」として、人という字は支えあっているように見えるということで、支えあいの大切さを語るのは、何の問題もないでしょう。ただ、漢字の成り立ちは違うということです。

■人は一人で生きる・人は支えあって生きる:アイデンティティの心理学

「あなたがいないと生きていけない」といった表現は、文学的、芸術的な表現としては美しくても、現実では困ります。失恋したら生きていけない、離婚したら生活できない、親子が離れたら絶望だというのでは、困ります。

親は子どもを自律させるのが仕事ですし、結婚してもいずれは一人になるでしょう。

心理学では、青年期の成し遂げるべき発達課題(人生の宿題)は、アイデンティティの確立(自我同一性の確立)だとされています。

 <青年期の発達心理学:アイデンティティの確立

パソコンにログインするときにIDを求められたり、社員がIDカードを首からぶら下げていますが、あのIDとは、identification 。同一であることの証明、身分証明です。

カードには、名前、性別、年齢、所属などが書かれていますが、自分とはどういう人間かを心に肯定的に刻み込むのが、心理的アイデンティティ。自分はどんな人間で、どういうふうに生きていくのかを決めるのが、アイデンティティの確立です。人はそうして、大人になっていきます。

自分自身で、仕事を決め、住む場所を決め、一緒に暮らす人を決め、自分の生き方を決め、その決めたことに自分で責任を取るのが、大人です。

もちろん支えあいは大切です。アイデンティティを確立するにしても、自室で閉じこもって自分探しをするのではなく、人々との係わり合いの中で、自分を発見していきます。そして大人になれば、人を愛し育てることが、次の発達課題になります(発達心理学:成人~高齢期)。

心理学の研究によれば、みんなに支えられているという「ソーシャル・サポート」が、人間の心身の健康にとても大切だとわかっています。

しかしそれでも、一人ではまったく幸せになれないので仕方なく誰かを頼ったり結婚したりするのではありません。それは本当のあるべき人間の姿ではありません。

一人でも幸せになれる人(アイデンティティを確立した人)が、それでも二人でもっと幸せになろうとするのが、恋愛であり、本来の人間関係でしょう。

親子、夫婦でも、相手がいなければダメだとなってしまえば、それは歪んだ「共依存」関係になってしまいます。

恋愛でも友人関係でも、別れを怖がりすぎてしまえば良い恋愛や人間関係が持てません(恋愛心理学:男女・恋愛・結婚の心理)。

金八先生だって、そんな情けない生徒を育てようとはしてこなかったでしょう。足を開き、一人でしっかり大地に立つ。そして、互いに支えあっていきたいと思います。

(誤字修正2014.11.24)

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」「チコちゃんに叱られる!」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』等。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    <朝ドラ「エール」と史実>「夜は飲みつづけ、日中は寝つづけ」佐藤久志のモデルも酒浸り…どう復活した?辻田真佐憲10/27(火) 8:30
  2. 2
    実質タダ?【GoToホテル】非常識な裏技への違和感瀧澤信秋10/28(水) 8:34
  3. 3
    麻生太郎財務大臣 今度は「お金に困っている方の数は少ない」 いやいや困っている方ばかりです藤田孝典10/27(火) 6:00
  4. 4
    岡村隆史さんの結婚と風俗発言と予期されていた深刻な女性の貧困問題藤田孝典10/23(金) 5:00
  5. 5
    「コロナ感染者」は韓国が全体で2万5千人なのに東京だけで3万人を突破! ソウルの5倍で大丈夫か?辺真一10/25(日) 19:00
  6. 6
    愛国に燃える「戦狼」留学生の恐怖 中国共産党からの「学問の自由」を全く議論しない日本メディアの不思議木村正人10/28(水) 20:27
  7. 7
    富士山の宝永噴火49日前に発生した宝永地震と安倍川餅饒村曜10/28(水) 4:00
  8. 8
    少人数学級はなにに効果的なのか? 財務省と文科省の攻防、両者が見落としているもの妹尾昌俊10/28(水) 17:32
  9. 9
    不登校は子どもの責任ではない、子どもたちの「生き生き」を奪っているのは誰なのか前屋毅10/28(水) 7:00
  10. 10
    消えた背番号10 イスラム教徒に「表現の自由」は認められない プロスポーツは中国の圧力に屈したのか木村正人10/27(火) 16:24