働くお母さんたちへ:仕事と育児の両立に悩むあなたは大丈夫

社会は変わりつつあるとはいえ、働くお母さんの苦労は続いています。

二刀流に挑む女子たちをためらわせる「現実の壁」「職場の理解」…無意識の甘えに女子たちは自戒(産経新聞 5月19日)

結婚して育児をしながらキャリアも充実させようとする若い女性が増えている。だが、今さらながら当たり前の生き方を模索して壁にぶちあたり悩んでしまう。

出典:二刀流に挑む女子たちをためらわせる「現実の壁」「職場の理解」…無意識の甘えに女子たちは自戒

社会全体での子育て支援、夫や家族の協力などはもちろんですが、それでもやはり、辛さは残ります。母親の立場を優先させるべきか、職業の方を優先させるべきか。ワーク・ライフ・バランスの問題は、難しい問題です。今回は、政策や労働条件の話とはちょっと違う「心」の方向から、心理学のお話を。

■人生における「役割」

私たちは、生活の中で様々な「役割」を演じています。演じているといっても、お芝居をしているという意味ではありません。社会心理学の考え方、「役割理論」の話です。

人は、自分で意識しなくても、先輩の前では後輩らしく振舞い、後輩の前では先輩らしく振舞います。親として、店員として、リーダーとしてなど、人は周囲からの役割への期待を感じ取り、自分の役割を自覚して、その役割としての行動を身につけていきます。

数ヶ月前までいかにも高校生といった服装、言動をしてた人が、大学へ入ると、いかにも大学生風の服装、言動を取るようになります。4月から社会人になった人は、ずいぶん社会人らしくなったことでしょう。これが、役割行動です。

■「役割」における心の悩み

役割を身につけても、悩みがなくなるわけではありません。たとえば、「学生」としての役割を身につけた人が、学生らしく勉強しなくてはと考えるでしょうし、同時に、学生らしく自由にいっぱい遊ぼうとも思うでしょう。

「店員」や「営業マン」として、お客様のためにと考えるでしょうし、同時に、お店や会社の方針に従うべきとも考えるでしょう。これを、社会心理学では、一つの役割の中での迷いなので、「役割内葛藤」と呼んでいます。

■複数の「役割」の両立できない悩み

さらに、私たちは同時に複数の「役割」を持ちます。たとえば、「母」であり同時に「会社員」です。子どもが熱を出しているとき、母としては会社を休み子どもを看病したいと思いますし、同時に、会社員としては仕事を休んではあいけないと感じます。もちろん社会全体での支援が必要ですが、たとえそのような支援があったとしても、今日仕事に行くのか子どものそばにいるのか、選択しなくてはなりません。

「父」と「会社員」も同様ですが、日本では多くの場合、仕事を優先するべきだという社会通念がまだ残っています。もちろん、徐々に変化しつつあるでしょうが、それでも、家族のために「働く父」はりっぱだと見られるでしょう。

残業で遅くなった父を、「お帰りなさい」と温かく迎えてくれる家族も多いでしょう。父親自身も、残業する自分自身をほめてあげたい気持ちになるでしょう。

ところが、母親は大変です。残業で遅くなった母に対して、「どうして遅いの?」「おなかすいた、早くご飯作って」という厳しい声が来ることも、残念ながらまだ多いのです。そして、母親自身が自分を責めてしまうこともあるでしょう。

このように、親と会社員など、二つの役割の間で心が苦しくなることを、「役割間葛藤」と呼んでいます。

■心の痛みには意味がある

社会制度の整備や、職場、夫の理解が必要なことはいうまでもありません。けれども、それでも家庭と職場の両立で悩む「働くお母さん」は大勢いるでしょう。この心の悩み自体は、解決不可能です。身体を二つに分けることはできないからです。

でも、悩んでいるあなたは、もう十分です。

子どもを家に残し、「ごめんね」という思いで出勤するあなた。子どもが病気のために仕事を休んだり、早退するときに、同僚や上司に申し訳ないと思っているあなたは、それで十分です。様々な工夫はさらに必要かもしれません。でも、あなたの心の痛みは、意味のある痛みです。

子どもに対する「ごめんね」は、子どもに伝わるでしょう。子どもは、たしかにさびしい思いをするかも知れませんが、いずれお母さんの仕事のすばらしさを知るでしょう。それに、ごめんねの気持ちがあるお母さんは、きっと後で子どもの心をフォローするはずです。

職場に対して、申し訳ないという思いがあれば、同僚や上司に配慮した言動が出ることでしょう。さらに、きっと後で埋め合わせをしようと思うことでしょう。

「甘えが」が出てしまい、家族や職場に対して「当然だ」という態度を取ってしまうと、結局摩擦は大きくなるような気がします。

だから、心の痛みを感じている人は、すでに適切なことをしているはずです。たしかに、現実は甘くないかもしれません。でも、自分を責めすぎず、無理をしすぎず、健全な心の痛みを感じながら、母としてキャリアウーマンとして、生活していきましょう。

そういう心の余裕があれば、落ち込みすぎたり、イライラしすぎて失敗したりすることなく、職場でも家庭でも良いコミュニケーションが取れるでしょう。夫や祖父母の協力も、上手に取り付けられるかもしれませんね。

*本当は、働くお父さんも、家族への「ごめんね」の気持ちが必要なのは同じですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

→さらに詳しく

働くお母さんのために2:健全に悩み家族の協力を得る方法」Yahoo!ニュース「心理学でお散歩」

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。テレビ新潟番組審議委員。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』は総アクセス数5千万。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』など。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。