「看板枠」の春ドラマ、『わたし、定時で帰ります。』を振り返る

筆者撮影

もしも、「あなたは何のために働くのか?」と問われたら、どう答えますか。

先月ゴールした、吉高由里子主演『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)。開始前は、よくある“お仕事ドラマ”かと思っていましたが、とんでもない。仕事と生き方の関係を描く、社会派エンタテインメントの秀作でした。

「会社の時間」と「自分の時間」

32歳の東山結衣(吉高由里子)が勤務するのは、企業のウェブサイトやアプリを制作する会社です。10年選手ですが、結衣は残業をしません。「会社の時間」と「自分の時間」の間に、きちんとラインを引いているのです。

モーレツ社員だった父の姿や、かつての恋人だった種田(向井理)が過労で倒れたことなどから、無用の働き過ぎを警戒し、定時で帰ることをポリシーとしてきました。

とはいえ、その働き方には工夫があり、極めて効率的。また、それが自分に合ったペースでもあるんです。この「組織内における個人主義」の通し方も、かなり興味深いものがありました。

当然、「やる気、あるのか?」という声など、周囲との軋轢(あつれき)はあります。たとえば部長の福永(ユースケ・サンタマリア)は、結衣の「働き方」に皮肉を言い続けていました。

しかし、はじめは冷ややかに見ていた周囲の人たちが、物語の進行と共に徐々に変わっていったのです。仕事は大事だし、真剣に取り組むけれども、健康を害したり、ましてや命を落とすなど、私生活を完全に犠牲にしていいわけではないという、結衣の主張と実践の影響でした。

「働き方」と「生き方」

最終回、結衣が部下たちに言います。

「会社のために自分があるんじゃない。自分のために会社はある」

世代や環境によっては異論があるかもしれませんが、これって実は当たり前のことですよね。しかし、その当たり前のことが当たり前であるためには、組織も、個人も、まだまだ変わっていかなくてはならないのが、この国の現状なのかもしれません。

このドラマは、「働き方」を考えることは、自分の「生き方」を見直すことでもあることを、重すぎず軽すぎないストーリーと人物像によって教えてくれた、春ドラマにおける出色の1本でした。