6月24日、シカゴ・カブスの4投手、ザック・デイビーズライアン・タペーラアンドルー・チェイフィンクレイグ・キンブレルが、ロサンゼルス・ドジャースを相手にノーヒッターを達成した。デイビーズが6イニングを投げ、ブルペンから登場した3人がそれぞれ1イニングを封じた。

 今シーズンのノーヒッターは7度目。これまでの6度は、4月9日のジョー・マスグローブ(サンディエゴ・パドレス)、4月14日のカルロス・ロドーン(シカゴ・ホワイトソックス)、5月5日のジョン・ミーンズ(ボルティモア・オリオールズ)、5月7日のウェイド・マイリー(シンシナティ・レッズ)、5月18日のスペンサー・ターンブル(タイガース)、5月19日のコリー・クルーバー(ニューヨーク・ヤンキース)だ。

 この他にも、4月25日には、マディソン・バムガーナー(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)が「非公式」のノーヒッターを記録している(これについては「ダブルヘッダーで打たれたヒットは計1本。2試合目は「非公式」のノーヒッター」で書いた)。

 ノーヒッターのシーズン最多は、1884年の8度だ。このノーヒッターをリーグ別に分けると、アメリカン・アソシエイションで4度、ナショナル・リーグとユニオン・アソシエイションで2度ずつ(アメリカン・リーグは1901年から)となる。ナ・リーグとア・リーグの2リーグに限ると、シーズン7度のノーヒッターは最多タイ。1990年と1991年、2012年と2015年に並ぶ。

 これまで、シーズン7度目のノーヒッターは、1990年の9月2日が「最速」だった。今シーズンは、まだ7月にも入っていない。8度目(あるいは9度目以降)のノーヒッターが起きる可能性は、かなり高いようにも思える。ノーヒッターに迫った試合は少なくなく、6月24日はボストン・レッドソックスの3投手が、8回裏の1死までタンパベイ・レイズを無安打に封じた(試合はワイルド・ピッチによって9回裏に1点を挙げたレイズがサヨナラ勝ち)。こちらもノーヒッター達成なら、史上初の、同じ日に2試合で継投ノーヒッターとなっていた。

 もっとも、ノーヒッターが起きるか起きないかは、それまでのペースで予測できるものではない。例えば、2015年の場合、7度のノーヒッターの1度目は、6月9日だった。この年は4月5日に開幕を迎えたので、今シーズンより4日遅いだけだ。また、今シーズンの場合、6月21日から、ボールに異物を付着させる「不正投球」に対する取り締まりが始まっている。

 なお、1990年と1991年の各7度は、どちらもノーラン・ライアンが達成したノーヒッターを含んでいる。これらは、ライアンの「セブンス・ヘブン」のうち、6度目と7度目だ。