復活するあのロゴが表すのは「ボールが収まっているグラブ」だけではなく

ケストン・ヒウラ(ミルウォーキー・ブルワーズ)Sep 21, 2019(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 1969年にシアトル・パイロッツとして誕生した球団は、わずか1年で移転し、ミルウォーキー・ブルワーズとなった。パイロッツ時代を除くと、来シーズンが50周年(51年目)となるのに合わせ、ブルワーズはメインのロゴを変更した。ミルウォーキーのイニシャル「M」の下に麦の穂をあしらったロゴから、右投げ用グラブのポケットにボールが収まったロゴとする。

 これは、1978~93年にメインのロゴとして使用した「ボール・イン・グラブ」のデザインを少し変え、復活させたものだ。大きく違うのはボールの向き。1本しか見えていなかった縫い目が、2本となる。

「ボール・イン・グラブ」のロゴは、公募によって決まった。1977年11月29日のミルウォーキー・センティネル紙によれば、応募総数は1931に上ったという。採用されたのは、ウィスコンシン大オー・クレア校の学生、トム・マインデルのロゴだ。

 ご存じの方も多いかもしれないが、このロゴは「ボールが収まっているグラブ」にとどまらない。それだけであれば、ベースボールではあっても、ブルワーズとは限らない。どの球団にも当てはまる。

 最初は私も気づかなかったが、よくよく見ると、ミルウォーキーのイニシャル「m」とブルワーズのイニシャル「b」の組み合わせが、「ボール・イン・グラブ」を形作っている。