オールスターのスタメン発表。2つの史上初を生んだのは、そこに名前のない捕手だった

ジョージ・スプリンガー(手前)とウィルソン・ラモス Jun 19, 2018(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 オールスター・ゲームのスターティング・ラインナップが発表された。

筆者作成
筆者作成

 先発投手は2人とも、前年と同じ。クリス・セール(ボストン・レッドソックス)とマックス・シャーザー(ワシントン・ナショナルズ)だ。これまで、2年続けて投げ合った先発投手は、1939~40年のレッド・ラフィングポール・デリンジャーしかいなかった。

 また、セールもシャーザーも先発は3度目だが、セールは3年連続。こちらは、レフティ・ゴメス(1933~35年)とロビン・ロバーツ(1953~55年)に続く3人目だ。

 さらに、セールは投球を受けるサルバドール・ぺレス(カンザスシティ・ロイヤルズ)とともに、3年続けて先発バッテリーを組んだ史上初の投手と捕手となる。ちなみに、セール&ペレスを除く2年連続バッテリーの10組のなかには、兄弟もいる。1942~43年にバッテリーを組んだモート・クーパーウォーカー・クーパーは、投手のモートが兄、捕手のウォーカーが弟だ。当時、彼らはともにセントルイス・カーディナルスでプレーしていた。

 今回、3年続けて同じ先発バッテリーとなったのは、ファン投票で選ばれたウィルソン・ラモス(タンパベイ・レイズ)の欠場によるところが大きい。先日、「ブラジル生まれ初のオールスター選手が誕生。他の国は誰が最初だった?」で書いたとおり、ラモスは故障により、2つの史上初を生み出したことになる。