有給休暇はあるんだけど、取れない。業務が終われば帰りたいけど帰りづらい。そんなことはないでしょうか?今回は、休みを取れない、帰りたくても帰れない方のための対策を考えます。

相談ケース

30代・男性。企業の技術開発部所属。2年前から主任になり責任のあるポストで将来の出世コースに乗っているという自覚があります。でも共働きなので家事も手伝いたい。会社としては休むことを奨励しているのですが、直属の部課長が休まないので休みづらい状況です。

日常的にもリモートでできる仕事があるのに出社しないと不安だったり、仕事が終わっても帰りづらくて残っていることもしばしば。どうすればいいか悩んでいます。

解決へのヒント

「有給を取りたい」と思い、それは会社も推奨しているのに取りにくい、という方はとても多いですね。残業はしないようにと言われているのに、それでも会社に残っている方もかなりいます。リモートが推奨されているのに、出社している方も相変わらずです。昭和から続く、「やっぱり会社にいないと」という気持ちに縛られているのですね。そうした方は「休みたい」「帰りたい」という思いと、「休んだらよく思われない」「帰ったらよく思われない」という葛藤状態でストレスになっています。アクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状態ですから、これはストレスです。上手に心のブレーキを外すことがスタートです。