新型コロナ騒動の今思う…野球もビジネスもピンチのときにどう対処するか

(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

この有料記事は販売を終了しました

この有料記事は、6月25日をもちまして、販売を終了させていただきました。

ご愛読いただいておりますお客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申しあげます。

なお、6月25日までにご購入いただいた記事は、こちらからお読みいただけます。

1975年4月3日生まれ。大阪府出身。98年、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。1年目に20勝4敗で最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率の投手4冠、新人王と沢村賞も受賞。06年にはWBC日本代表に選ばれ初代王者に貢献。08年にボルチモア・オリオールズでメジャー挑戦。ボストン・レッドソックス時代の13年にはクローザーとしてワールドシリーズ制覇、リーグチャンピオンシップMVP。18年、10年ぶりに日本球界に復帰するも翌19年5月に現役引退。YouTube「上原浩治の雑談魂」https://www.youtube.com/channel/UCGynN2H7DcNjpN7Qng4dZmg

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    2020年の「最も平均的な打者」は…。パ・リーグには打率も出塁率も長打率も平均と1ポイント差の打者宇根夏樹11/28(土) 11:35
  2. 2
    選手を犠牲にしたB1島根スサノオマジック林壮一11/28(土) 0:01
  3. 3
    今オフ引退の愛すべき韓国元代表選手 遠征先のホテルで日本人夫婦の部屋にちん入の過去室井昌也11/28(土) 7:30
  4. 4
    【ジャパンカップ展望】話題の3強、安定の友道勢、仏の刺客…番狂わせはある?花岡貴子11/28(土) 5:00
  5. 5
    OPSリーグ1位と2位が揃う打線の得点力は高い!? セのトップ2は東京ヤクルトの村上宗隆と青木宣親宇根夏樹11/28(土) 7:00
  6. 6
    東京ヤクルトに入団するサイ・スニードは、サイ・ヤング賞投手ではないけれど…宇根夏樹11/28(土) 16:06
  7. 7
    「エリクセンよ、みじめだぞ!」 マドリー戦の屈辱的な敗戦処理は戦力外通告?中村大晃11/28(土) 11:12
  8. 8
    すでに“日本一”決定という名目は形骸化?! リーグ格差を解消するための日本シリーズ改革案菊地慶剛11/26(木) 11:34
  9. 9
    マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズはなぜ今週末に激突?試合形式はどうなる?三浦勝夫11/26(木) 16:57
  10. 10
    マラドーナから始まった「テコンドーサッカー」 韓国からも惜しむ声相次ぐ吉崎エイジーニョ11/28(土) 18:59