レノファ山口:富山のブロック崩せず、維新で1年半ぶり黒星。サポーターら再起後押しの大合唱

明治安田生命J3リーグは9月13日に6試合が行われた。首位・レノファ山口FCはカターレ富山と対戦、前半立ち上がりに先制するも後半にカウンターから失点を重ね1-2で敗れた。リーグ戦は2連敗。維新公園陸上競技場(山口市)では今季初の黒星となった。2位の町田ゼルビアもグルージャ盛岡と引き分け、勝ち点差の縮小は「1」にとどまった。

J3第28節:山口1-2富山▽得点者=前半1分島屋八徳(山口)、後半4分苔口卓也(富山)、同34分北井佑季(同)▽4630人=維新公園陸

「山口の志を背負って戦う」と力を込めた上野展裕監督
「山口の志を背負って戦う」と力を込めた上野展裕監督

「山口の志を我々は背負って、走って走って汗をかいて、とことん最後まで戦い抜きたい。こけても次、こけても次。決して諦めない姿で(次の)町田戦に臨みたいなと思います」。試合後、上野展裕監督が再起を誓った。不敗が続いていた維新公園陸上競技場で土が付き、勝負の第3クールに入って2連敗。山口らしくボールを保持し、相手を揺さぶりながらも結果に表れなかった。それでも指揮官はともに戦ってきた選手たちに信頼を寄せ続ける。「選手はもっとできます。もっと成長できると思います。引き続き応援をよろしくお願いいたします」――

開始直後の先制弾。幸先は良かったが

ゲームは開始20秒あまりで動いた。山口のMF庄司悦大が長く入れたボールをゴールラインのギリギリのところでMF鳥養祐矢が折り返すと、ニアサイドでMF島屋八徳が力強くヘディングシュート。「ゴール前に顔を出すことは自分の良さだと思うし、ああやってニアに入ればマークも付かないと思った」と話す島屋が狙い通りに頭を合わせ、山口が幸先良く先制した。

DF香川勇気も厳しいチェックを受けた
DF香川勇気も厳しいチェックを受けた

その後も山口が主導権を握り、庄司や小塚和季の供給からサイドバックの香川勇気も前線に絡んでボールを動かしていく。ところが富山に低い位置でブロックを築かれ、ペナルティエリアの中に入り込む糸口を掴めなかった。富山の澤入重雄監督は「最初30秒で1点を取られて、怖さが出たのか、逆に開き直ったのか、もう少し高い位置から徐々に下げたかったが、(ラインを)下げるのが早すぎて前半のリズムで悪かった」と話して攻撃面を反省点に上げたが、少なくとも山口の圧力を押しとどめることには成功し、2つ目のゴールを割らせないまま後半へと入っていく。

後半もスタートから山口が支配。立ち上がりには島屋がペナルティエリアまでドリブルで持ち込むと、パスを受けた福満隆貴がゴールに近いところからシュートに行くなど、早い時間からチャンスを作る。しかしその厚い攻撃の反転攻勢を食らって後半4分、MF國吉貴博の左からのクロスをFW苔口卓也にしずめられ同点に追いつかれる。

ゴール付近まで攻め込んだがシュートに持ち込めず
ゴール付近まで攻め込んだがシュートに持ち込めず

これまでの山口ならば1失点をなかったものにできるくらいに得点力を爆発させるはずだったが、この試合では圧倒的に長い時間にわたって相手陣内に入り込みながらもゴールが近づいてこなかった。記録上の90分間のシュート数は富山の2本に対して山口が15本となっているが、差矢懸りにシュートを放ったかと言えばそうではなく、ボールを回してシュートチャンスを探ることに時間を費やしてしまっていた。富山など低く張られるブロックに風穴を開けるにはもっと大胆かつ精度の高い攻撃が必要。また庄司は「今まで簡単に入っていた点がなかなか入らなくなってきて、シュート1つ打つにしてもここで打っていいのかという迷いもあったと思う」とも話した。焦りが募る一方、富山のブロックも最後までほつれることはなかった。

澤入重雄監督(富山)は就任後初勝利
澤入重雄監督(富山)は就任後初勝利

ゲームを決定づける富山のゴールは後半34分。カウンターで一気に山口のエリア内に攻め込むと、MF北井佑季が左足で鋭く決勝弾。富山は澤入監督就任後の初勝利を挙げ、澤入監督は「チーム、クラブが一歩でも前に進むという気持ちは変わらない。実際にチームを動かす立場になったので、選手たちがいかに一つのものを作り上げていくか、そういう呈示を今後もしていきたいなと思う」と決意を新たにしていた。

ゲームを支配していたはずの山口。引いた相手を崩しきれず、選手たちは力なく頭を垂れた。「チームスポーツだが周りに頼っていたら絶対に道は開けない。チーム全員が、『自分がやってやるぞ』という気持ちで戦う。そうすればJ2の道は開けてくる」。昨季の町田在籍時に昇格を逃していた庄司は一つ一つ言葉を選ぶように重く、そう語った。

491日ぶりの維新での黒星

頭を下げる選手たちにサポーターは熱くエールを送った
頭を下げる選手たちにサポーターは熱くエールを送った

山口が維新公園で最後に敗れたのは昨年5月10日のJFL第1ステージ第9節・対鹿児島ユナイテッド戦(1-2)で、それ以来実に491日ぶりの敗戦となった。ただ、悔しさに顔をゆがめる選手たちの向こう側では、サポーターの合唱がやむことなく続いていた。『俺たちとともにJ2へ行こう。おーレノファ、おーレノファ。俺たちとともにJ2へ行こう』――。

試合後の記者会見。指揮官は迷うことなく、こう締めくくった。「この山口の地から、J2へ、またその上を目指していきたい。みなさんの意志、志と一緒に戦いたいと思う」。

維新で喫した敗戦があらゆるセクターを一つに束ねようとしている。次週は2位町田ゼルビアとの直接対決。チームを超え、サポーターを紡ぎ、凱歌はともに挙げる。