有権者名簿が買える? 戸別訪問OK? 驚きのアメリカ大統領選挙

ブティジェッジ民主党候補者の集会(アイオワ州):筆者撮影

いよいよ本格化した2020年アメリカ大統領選挙。その選挙制度は、日本とかなり異なる。有権者名簿がカネで買える。日本の公選法で禁止されている戸別訪問もOKと、驚きの選挙ルールを紹介する。

この記事は有料です。
在米ジャーナリストと見る 誰も書かない現代アメリカの定期購読をお申し込みください。

定期購読キャンペーン実施中!詳しくはこちら

定期購読のお申し込み

商品名

在米ジャーナリストと見る 誰も書かない現代アメリカサンプル記事

津山恵子

価格

月額660円(初月無料)

月4回程度

ニューヨークに2003年から住むジャーナリスト。大統領選挙取材は2008年から今年は4回目。下町クィーンズで、豊かではないが夢いっぱいのミレニアル世代と暮らしながら、トランプのアメリカ社会、政治、テクノロジーをミクロから眺めていく。そこから、アメリカの夢、挫折、フラストレーションが浮かび上がる。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

ニューヨーク在住ジャーナリスト。「アエラ」「ビジネスインサイダー・ジャパン」などに、米社会、経済について幅広く執筆。近著は「現代アメリカ政治とメディア」(共著、東洋経済新報 https://amzn.to/2ZtmSe0)、「教育超格差大国アメリカ」(扶桑社 amzn.to/1qpCAWj )、など。2014年より、海外に住んで長崎からの平和のメッセージを伝える長崎平和特派員。元共同通信社記者。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ