成年皇族となられる日を前に、注目が集まる天皇家の長女・愛子さま。中学に通う頃から聡明な女性であるという報道が、幾度か伝えられた。

 語学堪能な天皇皇后両陛下のもとで成長した愛子さまは、すでに英語は流暢にお話しでき、6歳からスペイン語のレッスンを受けておられたと聞く。海外のVIPと面談される交流の機会が今後増えてくると思われるが、愛子さまのチャーミングな笑顔と堪能な語学が、おおいに期待されるだろう。

 皇室の方々は世界のロイヤルファミリーと、日頃から手紙やメールで近況を報告したり、クリスマスなどにはグリーティングカードを送り合ったりなど、やりとりをされていると伝えられている。

 実は愛子さまにも、静かな交流が続く、幼い頃に出会った同世代の王女がいた。

■日本とオランダ、二人のプリンセスの出会い

 今から15年前、天皇ご一家は、雅子さまのご体調を心配したオランダの、当時のベアトリクス女王から招待され、現地で約2週間、静養された。

 滞在されたのは、首都アムステルダムから東へ約80キロ離れた、アペルドールン市にあるオランダ王室の離宮へット・アウデ・ロー城。周辺には王室が所有する広大な森があり、自然の中にたたずむ静かな場所だ。

 この時、撮影された映像を覚えている人も多いだろう。お城の敷地内にある王室の厩舎に併設された古い馬車庫で撮影が行われたのだが、木造の重厚な扉が開くと、天皇ご一家とオランダのロイヤルファミリーが和やかな笑顔に包まれてご登場。

 当時4歳の愛子さまと2歳の長女アマリア王女は、同じ水色のワンピース姿で手を繋ぎ、両側には雅子さまとマキシマ王妃という、お二人のお母様方が仲良く並んでいた。日本の皇室とオランダの王室の、二つのご家族の微笑ましい映像は両国の深い信頼の絆を感じさせた。

 当初は外の庭で撮影される予定だったが、雨のためやむなく屋根のある馬車庫でのお出ましとなった。ところが、これが思わぬストーリーを紡ぎ出すことになった。

 なんとそこに保管されていた古い馬車に、愛子さまとアマリア王女、そしてまだ赤ん坊だったアレクシア王女を乗せ、その後ろで両陛下とベアトリクス女王(当時)、アレクサンダー現国王夫妻が見守っていたのだ。

 それはまるで未来を担う日本とオランダのプリンセスたちが、この馬車に乗って未来へ進めるよう、皆さんで後押ししているようであった。

 報道陣からの呼びかけに、アマリア王女は元気いっぱいに愛嬌を振りまき、呼応するように愛子さまも手を振って応えられた。これが愛子さまにとって初めての海外旅行であるとともに、アマリア王女は初めて接した、同世代のロイヤルファミリーであった。

オランダ国王一家 左から2人目がアマリア王女
オランダ国王一家 左から2人目がアマリア王女写真:代表撮影/ロイター/アフロ

■世界から称賛された、アマリア王女の決断

 令和元年に行われた「即位礼正殿の儀」には、アレクサンダー国王はマキシマ王妃とともに来日し、両陛下に挨拶する際は、親密な旧知の間柄のように接していた。 

 15年前にオランダで静養されてから、両陛下はもちろんのこと、愛子さまもまた、アマリア王女とやりとりをされてきたのだろう。

 お誕生日に際して愛子さまはティアラを新調せず、叔母様にあたる黒田清子さんから借り受けるという。コロナ禍で苦しんでいる国民の心情に配慮し、高価な装飾品を購入することは適切でないと判断されたようだ。

 実はオランダのアマリア王女も国民の苦境を知り、法律で定められた王室手当の約2億円を辞退。これに国民の間から大きな称賛が湧き上がった。現在、アマリア王女は王位継承権1位、オランダの次期女王となることが決まっている。

 愛子さまもアマリア王女も、自らの責任あるお立場を十分に自覚されておられるのだ。

 アマリア王女は愛子さまと同じ12月生まれで、来月で18歳になる。時代とともに、皇室や王室に求められるものが変化していく中で、愛子さまとアマリア王女に共通することも多い。

 国を超えた友として、お互いに相談したりなど、ご両親と同様、きっと日本とオランダの絆をより深めてくれることになるだろう。

「愛子さま、20歳を迎えると初公務へ ご負担はどうなるか」https://news.yahoo.co.jp/byline/tsugenoriko/20211122-00268510

「もうすぐ20歳の愛子さまの実像は? 関心事には両陛下からの意外な影響も」

https://news.yahoo.co.jp/byline/tsugenoriko/20211125-00269284