中日・松坂「米永住権取得で離脱」で考える、野球選手の義務とメディアの時代観

MLBでは順応に苦しんだが・・・(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

ベースボールより大切なもの

中日の松坂大輔が急遽渡米したようだ。グリーンカード(米国永住権)取得のためだという。そのこと自体は彼とご家族の人生設計に関することだ。松坂はアメリカ流のベースボールへの適応に最後まで苦しんでいたので外部の人間としては意外な気もするが、38歳の大人がベストの選択をしたのだと思う。しかし、それを報じるニュースの論調はチト気になった。

中日・松坂が緊急渡米!与田監督、困った…調整遅れ「どうしようもない」 

一般的に言って、海外での永住権取得と言う問題は今後数年で終わる可能性が高い野球人生よりも重要な問題だ。日本では、何よりも仕事を優先する人生観が長い間尊ばれてきたことは事実だが、それも今や過去のものだ。メジャーリーグでは宗教上の理由で特定日に出場を拒否する選手もいるし、概ねそのような選択は受け入れられている。お子さんの卒業式に出席するため監督が一時的に戦列を離れるのも一般的だ。ベースボールや仕事はとても大切なのだけれど、家族や人生設計はもっと大切で、人によって信条・信仰もまた然りで、これは当事者の判断に委ねられるべきものだからだ。

松坂の中日への義務とは?

それを踏まえて今回の松坂の「一時帰国」を考えると、グリーンカード取得は彼にとってとても大切なものなのだと思う。また、彼の球団への義務は公式戦で期待通りの投球を見せることであり、キャンプが始まったばかりの段階での数日間の離脱はまあどうでも良い話だ。ローテーションに穴を空けるわけでもない。これにより、調整スケジュールに当初の計画とのズレが出たとしても、そこは大ベテランだ。最後に帳尻を合わせれば良い。

報道では、与田監督も「困った」とのことだが、本当だろうか?そんなに狭い了見の人物ではないと思う。

この報道が興味深いのは、それでも「職場から離れるのはケシカラン」という50年前の価値観で書かれた記事がそのまま掲載されることであり、その背後にはこのような古臭い視点での論調が共感を呼ぶだろうとの考えが存在していることだ。