仕事の話ばかりに終始していた若い頃。40歳を越えたら生活も楽しみたい

 こんにちは。大宮です。自分の周囲にいる独身男女の婚活を前のめりで支援する「お見合いおじさん活動(略称:おみおじ)」を婚活パーソナルトレーナーのマチコ先生と一緒に推進しています。僕の読者(この記事を読んでいるあなたも該当します)で「そろそろ結婚したい」という人をオネット(大宮ネットワーク)にお迎えし、良縁を結ぶことをお手伝い中です。本連載ではその活動の一端をレポートしています。オネット会員の種類(受けor攻め)と募集についてはこちらをご覧ください。

 若い頃はひたすら仕事の話をするのが好きだった気がします。特に男性と話すときは、お互いの仕事にどのように向き合っているのかを語り合っていました。40代半ばになった今でも仕事は人生の根幹です。でも、できるだけ顧客本位で働いて生活していけるだけの稼ぎがあればいい、と割り切れるようにもなりました。

 9年前から愛知県三河地方で暮らしていることが影響しているのかもしれません。義父や友人などの「師匠」に頼んで釣りや観光底引き網漁に連れて行ってもらっています。そのときの話題は魚と海について。釣果を持ち帰って、お酒を飲みながらまた釣りの話。車の運転もせず、釣り糸が絡まったら師匠にお願いしちゃうような「大名釣り」ですが、我ながらいい顔をして休日を過ごせていると思います。人生は勉強と仕事だけじゃないのですね。

 私立大学を卒業後、都内の某自治体で公務員をしている須田健次郎さん(仮名、40歳)の場合は、海外旅行がてらのサッカー観戦と写真に熱中してきたようです。自分自身も週末のジョギングを欠かさないスポーツマンで身長180センチ体重68キロ。25歳ぐらいで結婚していそうなスペックですが、なぜ今まで独身なのでしょうか。聞くとそれなりの理由がありました。

平日は東京の地方公務員として真面目に働いている須田さん。残業はセーブしています。「この写真は休日の夜に自分なりに工夫して撮ったものです。残業帰りではありません(笑)」(本人提供)
平日は東京の地方公務員として真面目に働いている須田さん。残業はセーブしています。「この写真は休日の夜に自分なりに工夫して撮ったものです。残業帰りではありません(笑)」(本人提供)

毎日夜中まで残業していたら倒れてしまった過去。体調管理には気を付けています

「仕事は熱心なほうだと思っています。都心にある機関に出向していた時期もあり、2年ほど前に役所に戻り、忙しい部署に配属されました。あれもこれも自分一人でやらなければならない状況で毎日夜中まで残業していたんです。働き過ぎで倒れてしまってからは体調管理には気を付けています」

 休みの日は旅行などに使いたいので、平日は夜遅くまで残業してしまっていたのでしょう。現在は健康第一で過ごしているようです。

 現在は実家で暮らしている須田さんですが、身の回りのことは自分でやっています。最近は入退院を繰り返している父の送り迎えなどを手伝っているそうです。親孝行ですね。海外旅行に行きにくい状況では趣味は抑え気味です。

「コロナ前まではプロカメラマンの講座を受講したり、写真展を観に行ったりもしていました」

 僕も須田さんの写真を見せてもらいましたが、彼の静かな情熱が伝わって来るような作品だと感じました。結婚して新居を構えたら、リビングなどに飾ったらいいと思います。

サッカー観戦旅行ついでに立ち寄ったイギリスの湖水地方。「当地の原風景を雄大に切り取ったつもりです。重いカメラを持ちながらの軽い山登りは疲れましたが気持ちのいい時間だったと記憶しています」(本人提供)
サッカー観戦旅行ついでに立ち寄ったイギリスの湖水地方。「当地の原風景を雄大に切り取ったつもりです。重いカメラを持ちながらの軽い山登りは疲れましたが気持ちのいい時間だったと記憶しています」(本人提供)

自分は話が面白くありません。何か話しても相手の反応が薄いのです

 さて、須田さんが「結婚できない男」だった理由です。1つは、「話が面白くないこと」。僕はZoomでのインタビューではあまり感じませんでしたが、須田さんによれば、何か話しても相手の反応が薄くて、デートがうまくいかないことが多いのだそうです。

「その話自体が面白いです! 謙虚なところがすごくいいと思います」

 なぜか絶賛するマチコ先生。「自分は面白い」と思っている人はちょっと暑苦しかったりするので、須田さんぐらい客観的で控えめなほうが良いかもしれませんね。

 ポイントは、話が面白くない部分も含めて自分自身を許して受け入れることです。須田さんは真面目に働いていて自己管理をしつつ家族も大事にしていて素敵な趣味もあります。話が面白くない点ぐらいはチャームポイントだと思えばいいのです。間違っても卑屈になってはいけません。

プラハの夜景。「街を散歩しているときに、ちょうど大聖堂の横に綺麗な月が出ていて、なんとか全体像を押さえたいと思い、いい場所を探し回りました。夜空を濃い群青色みたいに撮れて嬉しかったです」(本人提供)
プラハの夜景。「街を散歩しているときに、ちょうど大聖堂の横に綺麗な月が出ていて、なんとか全体像を押さえたいと思い、いい場所を探し回りました。夜空を濃い群青色みたいに撮れて嬉しかったです」(本人提供)

年齢も学歴も収入も自分より上の女性で構わない。身長はできれば高めがいい

「大宮さんの言う通りです。自分の弱みを笑って言えるようになると魅力に変えることもできます。堂々としていることが大事です」

 マチコ先生も須田さんを励まします。あれこれ言いやすい雰囲気の男性なのです。ただし、相手選びにはちょっと不思議なこだわりがあります。できれば身長160センチ以上の女性であること、です。

「僕が180センチと高めなので、それぐらいのほうが(並んだときに)つり合いが取れる気がします。僕より高くても問題ありません」

 年齢も学歴や収入なども自分より上の女性で構わず、シングルマザーも歓迎とのこと。しっかり者の女性に依存したいわけではありません。「そこにはこだわりがないから」という理由です。

 ちょっと変わったところがある須田さん。コミュニケーションも上手とは言えません。でも、世の中は広いので、この記事を読んで「私なら合うかも」と思ってくれる女性が少しはいるのではないでしょうか。須田さんにはそのご縁を大事に生かしてほしいと思います。

「いつも副題を意識しながら撮影しています。東京タワーとプラスアルファの何かが欲しい。このときはモノクロがそのプラスアルファでした」。以上、写真のことになると急に雄弁になる須田さんでした。(本人提供)
「いつも副題を意識しながら撮影しています。東京タワーとプラスアルファの何かが欲しい。このときはモノクロがそのプラスアルファでした」。以上、写真のことになると急に雄弁になる須田さんでした。(本人提供)

※文中の受けオネット会員は仮名です。須田さんの詳細プロフィールやマチコ先生と大宮による超実践的婚活アドバイス(ヤフーの有料記事です)を読みたい方(=攻めオネット会員になりたい方)はこちらをご覧ください。