お見合いだけでその後の付き合いを「お断り」されるのはなぜだと思いますか?~おみおじリポート(36)~

愛知県で会社員をしている大谷さん(35歳)。家事もできる男性です(大谷さん提供)

婚活におけるチャンスは「一瞬」しかありません

「やっぱりチャンスは一瞬なんだと思います」

 僕と一緒にお見合いおじさん活動(略称:おみおじ)を推進している婚活パーソナルトレーナーのマチコ先生がつぶやきました。僕たちは4月からおみおじを復活させ、現在までに8名のオネット(大宮ネットワーク)会員を認定し、半年間での婚約を目指して活動しています。会員同士、もしくはこの連載記事を読んでくれた人からの応募によってお見合いを組み、マチコ先生がせっせとお世話している最中です。

 今のところ会員のほぼ全員にお見合いを組めていて、オンラインデートも含めて交流が続いている男女もいます。しかし、なんとなく煮え切らなかったり「仕事が忙しい」などの理由でちゃんと交際するのを先延ばししているうちに、相手には新たなお見合い機会が訪れます。そのお見合いで会った人が魅力的で積極的だったりすると、気持ちが移ってしまうのは仕方のないことですよね。僕たちは歯がゆい思いで見守っています。

 マチコさんが言うように、チャンスは一瞬しかありません。婚活においては「居心地は悪くない」という相手が見つかったら大金星なのです。ときめきがないなんてウダウダ言っていないで、チャンスを素早くつかんでください。そしてさっさと婚約してオネットを卒業し、幸せな結婚生活に突入してほしいのです。なお、オネット会員の募集と面談についてはこちらをご覧ください。

結婚に踏み出せないうちに「他に好きな人ができた」と振られてしまいました

 前置きが長くなりました。今日は9人目のオネット会員を紹介します。愛知県内にある情報通信系企業で正社員として働いている大谷祐介さん(仮名、35歳)です。母親は他界しており、現在は「仲は悪くはない」父親と実家で2人暮らし。シェアハウスのような感覚で、料理も掃除も別々なのだそうです。こういうタイプの実家暮らしは、自立しているけれど貯金もできていることが多いですよね。結婚向きだと思います。実際、大谷さんは学生時代から結婚願望があったそうです。

「でも、付き合っても1年間ぐらいはお互いをしっかり知りたいという気持ちがありました。結婚したら女性は変わってしまうと思っていて、失敗したくなかったんです。結婚に踏み出せないうちに『他に好きな人ができた』と振られてしまったこともありました」

 大谷さんと交際する女性も結婚願望はあったはず。女性は結婚相手の男性にしたたかさにも似た「力強さ」を求める傾向があります。煮え切らない態度の大谷さんに不安を感じたのかもしれません。

毎日お弁当を自作して出勤している大谷さん。ビジュアルにもこだわっているようです。まさに弁当男子!(本人提供)
毎日お弁当を自作して出勤している大谷さん。ビジュアルにもこだわっているようです。まさに弁当男子!(本人提供)

 30代半ばになった大谷さんは違います。安定した会社で自信を持って働き続けていることもあり、「失敗」を恐れてはいません。いい人と出会えたら、勇気をもって前に踏み出すつもりです。現在、結婚相談所にも登録しているとのこと。僕たちのおみおじ活動との併用ですね。うーん、負けたくない! 大谷さん、趣味や条件を教えてください。

「趣味は旅行です。特に北海道が好きで、今まで10回は行きました。1人ドライブです(笑)。現地で美味しいものを食べるのがすごく楽しいです。結婚の条件は多くないつもりです。でも、大変申し訳ないのですがタバコを吸う人と太っている人だけは苦手です。金銭感覚は似ている人がいいですね。子どもは2人ぐらいほしいので、できれば同世代か年下の女性と結婚したいです。僕は家事も普通にできるので、相手の女性がどんな働き方をしても対応できます」

女性は男性の「エネルギー量」に惹かれやすい。好きなことは熱っぽく話しましょう

 ここまで温かい目線で大谷さんの話を聞いていたマチコ先生。早く結婚したい大谷さんの夢をかなえるためにあえて切り込みます。

「大谷さんは結婚相談所でもお見合いだけでお断りされてしまうことが多いそうですね。なぜだと思いますか。女性と話すときに心がけていることを教えてください」

 いきなり聞かれた大谷さん。授業中に先生に指名された生徒のような表情で答えます。

「事前に相手のプロフィールを読んでからお見合いに臨むので、その内容に沿った質問をすることが多いです。趣味が旅行と書かれてあったら、『どんなところによく行かれるんですか』などと聞いています。ダ、ダメでしょうか?」

 マチコ先生によれば、安心感も安定感もある大谷さんは結婚して幸せになれるタイプです。ただし、婚活の導入部であるお見合いやデートでは、その安定感がマイナスに作用することもあります。

「女性は男性との出会いに、ドキドキやワクワク感を求めます。そのポイントは、男性のエネルギー量です。大谷さんは好きな北海道旅行について話しているときも淡々としたおとなしい印象で損をしていると思います。もっと熱っぽく話すことを心がけてみてください」

 女性は男性のエネルギー量の多さに心惹かれる――。その通りですね! 最近のマチコ先生、言葉に切れが出てきたなあ。

 根拠ない自信がある男性がモテちゃう理由がようやくわかった気がします。家事もできてしっかり働いていて、素敵な趣味もある大谷さんは「根拠のある自信」を持つべきなんですね。初対面の女性にもそれを表現できるようになれば完璧です。大谷さん、一緒に頑張りましょう!

今まで北海道に10回以上訪れたという大谷さん。こんなすごい海鮮丼は好きな人と分け合って食べてください(大谷さん提供)
今まで北海道に10回以上訪れたという大谷さん。こんなすごい海鮮丼は好きな人と分け合って食べてください(大谷さん提供)

※文中のオネット会員は仮名です。大谷さんの詳細プロフィールやマチコ先生と大宮による超実践的婚活アドバイス(ヤフーの有料記事です)を読みたい方はこちらをご覧ください。

僕は1976年生まれ。40代です。燦然と輝く「中年の星」にはなれなくても、年齢を重ねてずる賢くなっただけの「中年の屑」と化すことは避けたいな。自分も周囲も一緒にキラリと光り、人に喜んでもらえる生き方を模索するべきですよね。世間という広大な夜空を彩る「中年の星屑たち」になるためのニュースコラムを発信します。著書は『人は死ぬまで結婚できる』(講談社+α新書)など。連載「晩婚さんいらっしゃい!」により東洋経済オンラインアワード2019「ロングランヒット賞」を受賞。コラムやイベント情報が読める無料メルマガ配信ご希望の方は僕のホームページをご覧ください。(「ポスト中年の主張」から2017年3月に改題)

有料ニュースの定期購読

あなたを結婚させたい! オネット&マチコの超実践的婚活道場サンプル記事
月額2,970円(初月無料)
月3回程度
大宮冬洋が自分の周囲にいる独身男女に声をかけて引き合わせる、お見合いおじさん活動「オネット」(大宮ネットワーク)の舞台裏をご紹介。オネット会員の匿名のプロフィールやお見合いの様子、成婚&退会者インタビューのほか、チームメンバーの婚活講師マチコ先生による婚活必勝アドバイスもお届けします。また、本連載の購読者は無料オプションとして、会員とのお見合いを希望することもできます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。