44歳。爽やかだけど未婚。「なぜ結婚しないの。変態なの?」と聞かれます~40歳からの婚活入門(7)~

新宿の蕎麦店にて。池内さんはつぶらな瞳が印象的な若々しい男性です

***ITエンジニア、池内哲也さん(仮名、44歳)の話***

「このまま独身一人暮らしだと孤独死をする」という恐怖に駆られ、真剣に婚活をする気持ちになったのは40歳を過ぎてからです。この年齢になるとぼんやり待っていても出会いはありません。ラストチャンスだと思い、昨年の秋に大手結婚相談所に入会しました。

半年で7人の女性とお見合いをして、今年の初めに紹介された4歳下の看護師さんと2ヶ月前から付き合っています。結婚するかどうかはわかりません。なるようになるのかなと思っています。

10年前から危機感あり。でも、何も行動しなかった

35歳ぐらいまでは、従兄弟などから「そろそろ結婚したら?」とプレッシャーをかけられることがよくありました。同僚や友だちはもっと露骨です。「なんで結婚しないの? 変態なの?」なんて言われたり……。

僕は子どもの頃から他人と自分を比較する習慣がありません。一人っ子だからなのか、のんびりし過ぎて、やらなければならないこともギリギリまでやらないことが多いのです。この性格のせいでいろいろ損をしてきました(笑)。

10年ぐらい前に今ぐらいの真剣さで行動していれば良かったのに、と思うこともあります。でも、やっぱりのんびりしてしまう。ずっと「どうにかしないとな~」とは思っていたのですが、昨年まで何も行動しませんでした。

結婚相談所に入った当初は自分の市場価値がわかりませんよね。どちらかと言えば子どもが欲しかったので30代の女性を相手に希望していました。実際、35歳の方とお見合いしたこともあります。でも、料理を全くする気がなくて偏食だと言うのです。一緒には暮らせないと思いました。せめて僕と同じぐらいは家事ができる人でないと困ります。

交際3カ月で結婚を決断するのは無理です

ただし、毎日洗濯しないと気が済まないような潔癖症な人と住むのも無理です。いま付き合っている彼女はちょっと天然ボケでおおらかな人。毎週、うちに泊りに来ていますがいびきなどを含めて気になることは今のところありません。

結婚話はまだ進めていません。ちゃんと一緒に住んでみないと先のことは考えられないと思っています。どこに住むのかを軽く話し合うこともありますが、お互いの通勤に便利な場所を見つけるのは難しいですね。

彼女からは「付き合って3ヶ月間で結婚を決断してほしいと言われたらどうする?」と聞かれたこともあります。「断る!」と即答しました。僕はもともと自分に共同生活ができるのか疑問で結婚に積極的ではなかったので、そんな短い期間で決めることはできません。いずれ振られてしまうかもしれませんが、なるようにしかならないと思っています。

***筆者より池内さんへ***

面倒臭がらず、恋人とのコミュニケーションを増やしましょう

池内さんは「変態」なんかではありません。むしろ、一般的な男性だと思います。我々男性は「兄弟や同期がどんどん結婚していく」といった状況に置かれない限り、結婚に目が向きにくいものだからです。一人っ子育ちで、寂しがりでもない池内さん。都会でちゃんと働きながら快適な一人暮らしをしています。40歳を過ぎるまでは結婚を考えなかったのは当然でしょう。

最近になって孤独死の危険を覚えるという話も同世代の男性として共感します。筆者も家事はそれなりにできるほうですが、出張などで妻と離れて過ごす期間は不規則かつ不健康な生活になるからです。出張4日目ぐらいからは精神的にもちょっと不安定になります。人間という動物は一人で暮らすようにはプログラムされていないのかもしれません。

お互いに子作りを考えないのであれば、40歳の彼女との結婚を急ぐ必要はありません。住む場所や仕事の都合などをよく話し合って決めていけばいいのだと思います。「偏食な人とは一緒に住めない」など、どうしても譲れないこともある一方で、住む場所などは妥協の余地もあるのではないでしょうか。通勤時間が長くなっても、電車が空いていたりすれば体はむしろ楽になったりします。

気の合う相手であれば、腹を割ってあれこれ話し合うことも楽しい時間になるはずです。美味しいものでも一緒に食べながらしゃべりまくってください。面倒臭がらず、彼女とのコミュニケーションを増やすことをおすすめします。

僕は1976年生まれ。40代です。燦然と輝く「中年の星」にはなれなくても、年齢を重ねてずる賢くなっただけの「中年の屑」と化すことは避けたいな。自分も周囲も一緒にキラリと光り、人に喜んでもらえる生き方を模索するべきですよね。世間という広大な夜空を彩る「中年の星屑たち」になるためのニュースコラムを発信します。著書は『人は死ぬまで結婚できる』(講談社+α新書)など。連載「晩婚さんいらっしゃい!」により東洋経済オンラインアワード2019「ロングランヒット賞」を受賞。コラムやイベント情報が読める無料メルマガ配信ご希望の方は僕のホームページをご覧ください。(「ポスト中年の主張」から2017年3月に改題)

有料ニュースの定期購読

あなたを結婚させたい! オネット&マチコの超実践的婚活道場サンプル記事
月額2,970円(初月無料)
月3回程度
大宮冬洋が自分の周囲にいる独身男女に声をかけて引き合わせる、お見合いおじさん活動「オネット」(大宮ネットワーク)の舞台裏をご紹介。オネット会員の匿名のプロフィールやお見合いの様子、成婚&退会者インタビューのほか、チームメンバーの婚活講師マチコ先生による婚活必勝アドバイスもお届けします。また、本連載の購読者は無料オプションとして、会員とのお見合いを希望することもできます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。