地方営業No.1芸人! テツandトモの実力を見た

●今朝の100円ニュース:「B-1グランプリ」大盛況 58万1000人食べた!(中日スポーツ)

隣町の豊川市で「B1グランプリ」が開催されたが、大行列が苦手な僕は同じく愛知県で開かれていた「きらまつり」に向かった。西尾市吉良町という人口2万人ほどの小さな町のお祭りだ。出店は町民および姉妹都市のものに限られ、客も大半が町民。地元感たっぷりのイベントである。B-1グランプリで8位入賞した「高浜とりめし」もここでは並ばずに購入することができた。

目玉のコーナーは、地方営業で引っ張りだこと言われるお笑いコンビのテツandトモ。登場前になると、ステージ前は部分的にB-1グランプリ状態の混雑になった。僕と同じようにテツandトモ目当てで来た客も多かったのだろう。

ステージは素晴らしいの一言だった。「僕たちをテレビで見たことある人? 5年前ぐらいに」「『レッド・カーペット』で見たことある人は? ウソつき! あの番組には出てないよ」などと明るい自虐で軽く笑わせた後、コミカルな動きと朗らかな歌声、わかりやすいギャグで常に客の気をそらさない。

客いじりも決して下品にならず、素朴な子どもたちからは合いの手が入る。風船芸の途中で風船が二度も割れるというアクシデントがあっても慌てず、無理のない笑いに変える。終始、安心して見ていられた。特に家族連れの客が満足そうにしている。地方営業で大人気なのもうなずけた。

テツandトモはコンビ結成15周年だという。確かにテレビではあまり見かけなくなったが、「旬が過ぎた」という印象はまったく受けなかった。むしろ伸び伸びとしていて、芸への自信と真摯さを同時に感じる。今は地方営業が彼らの主戦場なのかもしれない。

客数や客層、ライブか否か、都会なのか地方なのか。様々な要件によって活躍できる人は微妙に異なっていると思う。キー局でレギュラー番組を複数本持っている芸能人ばかりが成功者なのではない。実際、ライブではちっともウケていない人もいる。人気商売なのだからテレビなどで一時的に顔を売る必要はあるかもしれないが、その後は自分の得意な環境で力を発揮すればいいのだ。

テツandトモのように輝ける環境を獲得するにはどうすればいいのか。スキル面では運と努力に委ねるしかない。「このポジションが空いているからこのようにアピールしよう」などと工夫しても狙い通りにはいかない。一方で、精神面ではテツandトモに学ぶことがある。いじけない、だ。

地方営業で彼らが「なんでこんな小さな町でライブしているのか」という気の抜けた雰囲気をかすかにでも漂わせたら、客との一体感は決して得られなかっただろう。僕のように「テツandトモに大満足!」と言いふらす人もいなくなり、別の自治体などから声がかかることも少なくなっていくはずだ。

テツandトモは、いじけるどころか元気いっぱいだった。サービス精神に溢れていた。目の前のお客さんにきっちり向き合うと次につながる可能性が高まることを体験的に知っている人たちだ。その積み重ねによって、地方営業の分野において確固たる地位を得ることができたのだろう。

今日の仕事が自分にとって揺るぎない現実であり主戦場なのだ、と腹にすえて働けるか。唯一無二のプロフェッショナルとして安定的に稼げるようになれるか否かの分かれ道だと思う。

僕は1976年生まれ。40代です。燦然と輝く「中年の星」にはなれなくても、年齢を重ねてずる賢くなっただけの「中年の屑」と化すことは避けたいな。自分も周囲も一緒にキラリと光り、人に喜んでもらえる生き方を模索するべきですよね。世間という広大な夜空を彩る「中年の星屑たち」になるためのニュースコラムを発信します。著書は『人は死ぬまで結婚できる』(講談社+α新書)など。連載「晩婚さんいらっしゃい!」により東洋経済オンラインアワード2019「ロングランヒット賞」を受賞。コラムやイベント情報が読める無料メルマガ配信ご希望の方は僕のホームページをご覧ください。(「ポスト中年の主張」から2017年3月に改題)

有料ニュースの定期購読

あなたを結婚させたい! オネット&マチコの超実践的婚活道場サンプル記事
月額2,970円(初月無料)
月3回程度
大宮冬洋が自分の周囲にいる独身男女に声をかけて引き合わせる、お見合いおじさん活動「オネット」(大宮ネットワーク)の舞台裏をご紹介。オネット会員の匿名のプロフィールやお見合いの様子、成婚&退会者インタビューのほか、チームメンバーの婚活講師マチコ先生による婚活必勝アドバイスもお届けします。また、本連載の購読者は無料オプションとして、会員とのお見合いを希望することもできます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。