「4年前のハメスのイメージしかない」。乾貴士が見るワールドカップ抽選と初戦の重要性。

代表の10番をつけピッチを駆ける乾(写真:FAR EAST PRESS/アフロ)

 12月1日、乾貴士はテレビでロシアワールドカップのグループ分け抽選会を見ていた。

 抽選はスペイン時間の夕方、エイバルのチーム練習後だ。ライブでワールドカップの抽選会を見たのは初めてのことだった。

 引退した元有名選手たちが次々と現れ、国名が書かれたボールを開けては組分けが決まっていく。最後に残ったのは日本と韓国だ。ドイツ、メキシコ、スウェーデンのグループか、ポーランド、セネガル、コロンビアか。前者を引いたのは、韓国だった。

 日本のグループが決まった時、乾はおそらくはほとんどの日本人と同様、「ああ、よかったな」と思ったという。しかしその考えが変わるまでにはそれほど時間がかからなかった。

 「最後に韓国と日本が残って、日本がこの組に入ったのはよかったと捉える人が、たぶん多いと思う。その時は俺もそう思いました。でも、後々冷静に見返してみると、なかなかすごい相手ですよね、正直。すごい選手がいっぱいいる」

遠くを見過ぎない目標設定

 頭にあるのは何よりも初戦のコロンビア戦、そしてグループ突破という近い目標だ。遠くを見るのではなく、まずはグループ突破を決めることー。

 「まずは、やっぱりグループリーグ突破をみんなで目指さなければならない。それが”低い目標”と言われたらそれまでですけど、ブラジル大会でもグループ突破はできてないことなので、今はそれを目指すのが一番。初戦のコロンビア戦に勝つことが日本としては重要なことだと思う。とにかく、選手ひとりひとりがそれぞれのチームでやるしかないと思うので、みんなそれに向かってやれればと思います」

 勢いに乗ることが大事だと乾は言う。ワールドカップは短期決戦、いかにチームを勢いに乗せるか。所属するエイバルもしばらくは低迷していたが、直近の試合では3連勝。1勝したことで見違えるようにチームに勢いが出てきた。数節前までは降格圏付近にいたチームが、現在は中位にまで上がっている。

 「初戦は間違いなく大事になってきますし、チームは勝つことでやっぱり勢いに乗れる。エイバルを見てもらえればそれもわかりやすいと思う。初戦が大事というのはどのチームも同じで、たとえブラジルであっても初戦を落としたとしたらやっぱりきつい。とにかく初戦をしっかり勝てるチームがいいんじゃないかなと」

ハメスにやられた記憶

 その初戦の相手、コロンビア代表の印象を聞くと、彼は4年前に日本を翻弄したひとりの選手の名前を挙げた。

 「コロンビアは4年前のハメスのイメージしかないですね。あれでやられたというイメージしか俺にはない。あまり詳しくは知らないけど、メンバーはすごい。怪我していたけど、ファルカオもまだいるんだなと。ビジャレアルのバッカも調子いい。でも、まだ最終メンバーに選ばれたわけでもないので、選ばれるようにチームで一生懸命やることしか考えてない。ここでポジションをあけ渡さないように、奪われないように頑張りたいなと思います」

 エイバルは先日、バレンシアからチリ代表の攻撃的MFオレジャーナを獲得した。1月からは前線のポジション争いも激化する。オレジャーナは攻撃的なポジションを複数こなせる選手だが、ベストポジションは乾がいる左サイドだ。ワールドカップは当然頭にあるが、これからの半年間、毎週やってくる試合でポジションを死守することが、乾にとっては最も重要なことになる。

 「一緒に練習をしたけど上手かった。チリ代表になっていた選手でポテンシャルのある選手。凄いライバルが来たなと思う。負けないように頑張りたい。チームのプラスになるけど、彼は自分のポジションに一番に入ってくる選手だと思う。そこで負けないようにしないといけない」

 12月3日のエスパニョール戦でも、キレのあるドリブルと献身的な守備で3-1の勝利に貢献した。

 

 日々のポジション争いの先にワールドカップがある。頭にあるのは、きっとそんな強い思いだろう。