真夏のクリスマスケーキ発表会

「ハイアット リージェンシー 東京」2014年クリスマスケーキ

メディア向けの発表会

ホテルやレストランでは、新料理長の就任や新商品の発売、バレンタインデーや夏休みなど主要なシーズンのイベントで、メディア向けの発表会を開催することがあります。この中でも特に重要となるのがクリスマスケーキです。

クリスマスケーキ「クリスマスツリー」
クリスマスケーキ「クリスマスツリー」

では、クリスマスケーキ発表会がいつ行われるのか、ご存じでしょうか。

9月から始まる

通常クリスマスケーキ発表会は、早くて9月上旬から、遅くとも11月くらいには行われます。雑誌などの出版物は発行の1~2カ月くらい前には取材を行っていなければならないので、それを考えれば納得できることでしょう。

2013年に行われたクリスマスケーキ発表会の開催日をいくつか挙げると、以下の通りです。

  • 9/11 マンダリン オリエンタル ホテル 東京
  • 9/25 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
  • 10/3 ウェスティンホテル東京
  • 10/18 リーガロイヤルホテル東京
  • 10/24 ハイアット リージェンシー 東京
  • 11/14 グランド ハイアット 東京
  • 12/6 ホテルニューオータニ

例年よりも早く開催

昨年の状況を鑑みると、今年2014年8月時点では、クリスマスケーキ発表会はまだ行われていないように思われます。しかし、実は既にクリスマス発表会を行っているホテルがあるのです。

クリスマスケーキと新商品
クリスマスケーキと新商品

それは、8月27日にクリスマスケーキ発表会を行ったハイアットー リージェンシー 東京です。では、どうして、例年よりも早く8月という真夏にクリスマスケーキ発表会を行ったのでしょうか。

発表会を行う環境が整った

ペストリー・ベーカー料理長 佐藤浩一氏(左)とペストリー シェフ仲村和浩氏(右)
ペストリー・ベーカー料理長 佐藤浩一氏(左)とペストリー シェフ仲村和浩氏(右)

ハイアット リージェンシー 東京が行ったクリスマスケーキ発表会は、2013年はかなりクローズドに行われましたが、2014年は大々的に行われました。

そのことに対して、ペストリー・ベーカー料理長の佐藤浩一氏は「料理長に就任してから2年経った。厨房の什器を入れ替えるなどして環境を整え、仲村和浩ペストリー シェフを中心によいチームができ、思う通りの最高のクリスマスケーキが完成した」と感慨を込め、「2014年4月1日にラウンジも完成し、クリスマスケーキ発表会を行う場所も用意できた」と答えます。

ロビー階にある「カフェ」
ロビー階にある「カフェ」

ロビー階に「カフェ」というイタリアンテイストのオールデイダイニングがありますが、とても人気があるので終日にかけて客が途切れることはありません。カフェの営業を一時休止してクリスマスケーキ発表会を行うことは難しいので、ラウンジが新しくオープンしたことは大きな意味を持ちます。

どこよりも早く開催する

クリスマスケーキ「クリスマスショートケーキ」
クリスマスケーキ「クリスマスショートケーキ」

企画部 支配人の福井雅之氏は「昨年のクリスマスケーキ発表会は、スイーツコーディネーターの下井美奈子氏に来ていただいたが、小規模なものとなり、魅力を伝えきれなかった」と悔やみ、「今年は昨年を糧として早い段階からクリスマスケーキ発表会の企画を始動させた」と力強く語ります。

「春にはクリスマスケーキの構想を練り始め、試作を重ねていって夏に完成させた」と話し、「早い時期から注目していただき、クリスマスケーキの魅力を最大限に伝えたかった。そのために、どこよりも早く大々的にクリスマスケーキ発表会を行うことにした」と意図を説明します。

幅広い年齢層に満足を

クリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」
クリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」

早く完成したクリスマスケーキの味に関して、佐藤氏は「クリスマスケーキはどれもあまりスタイリッシュになり過ぎないようにし、幅広い年齢層のお客様にご満足いただける品揃えにした。味をしっかりと出しているのでおいしく食べられ、甘味を控えめにしているので食べ易い。チョコレートは世界的に評価の高いドモーリ社の製品を使っている」と自信を持ちます。

新商品「タルト ポワール」
新商品「タルト ポワール」

一方、福井氏は「クリスマスケーキはご好評をいただいた。それだけではなく、栗や洋梨などを使った秋の新商品をご紹介できたことも有意義であった」と、クリスマスケーキに留まらず手応えを感じたと話します。

クリスマスケーキ商戦が開始

クリスマスケーキ「モンブラン」
クリスマスケーキ「モンブラン」

8月25日に発表された9月から11月の関東甲信の3か月予報では、平年よりも気温が高くなる確率が40%となっており、暑い日が続くことが予想されます。

佐藤氏は銀座「マキシム・ド・パリ」で働いた後、2000年にオープンしたフランスの「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」でスーシェフを務め、フランスのコンクールで2度の入賞を果たした輝かしい経歴を持つパティシエです。

真夏のクリスマス発表会によって、クリスマスケーキ商戦の火蓋が切られた今、フランスで研鑽した佐藤氏のクリスマスケーキが、どのようにして東京の厳しい残暑を乗り越えて聖夜に届くのか、楽しみにしたいです。

情報

詳しくは公式サイトをご確認ください。

参考

「カフェ」の詳細はこちらも、「ペストリーショップ」の詳細はこちらもご参考にしてください。