【ポスト・パンケーキ】スイーツブームの兆しを知る

パンケーキ、パフェ、フレンチトースト

長く続くパンケーキブーム

エッグスンシングス
エッグスンシングス

「【パンケーキの日】パンケーキは日本の国民食となれるのか?」でもご紹介しているように、パンケーキの人気はいまだとどまるところを知りません。

2010年3月に「エッグスンシングス(Eggs'n Things)」が表参道にオープンした頃を始めとすれば、パンケーキのブームは開始から4年が経つことになります。私自身もパンケーキが好きですが、正直なところ、これだけ人気が長続きするものとは思っていませんでした。

ブームには必ず浮き沈みが伴うものです。従って、メディアやグルメ系ジャーナリストの間では、パンケーキの次にくるスイーツブームは何かと様々な予測を立てています。

ブームの兆しを見付ける

オーキッドルーム(ホテルオークラ)
オーキッドルーム(ホテルオークラ)
カフェカイラ
カフェカイラ

ポスト・パンケーキとしてよく挙げられるスイーツは、フレンチトースト、ワッフル、ポップコーン、カップケーキ、クロナッツです。確かにどのスイーツもメディアによく取り上げられたり、行列ができたりしているので、ある一定の人気はあると言えるでしょう。しかし、パンケーキやバウムクーヘン、パフェ、マカロンなど、近年ブームとなったスイーツに比べると爆発力が不足している感は否めません。予測することは難しいですが、ブームとなる兆しを知るポイントはいくつかあるので、ご紹介しましょう。

表参道で人気となる

ククルザ ポップコーン
ククルザ ポップコーン
ベン&ジェリーズ
ベン&ジェリーズ

行列のメッカとして注目されている表参道(原宿あたりを含む)で、人気となることが重要です。表参道には若い女性が多く集まります。若い女性は流行に敏感ですし、時間にも余裕があるので、行列ができ易い環境となっています。行列ができると、通行人の目を引きますし、絵になるのでテレビや雑誌、インターネットで取り上げられて、さらに注目を浴びます。行列が行列を呼んでブームが爆発するきっかけを作るのです。

パンケーキの「エッグスンシングス」「ビルズ(bills)」「カフェカイラ(Cafe Kaila)」「レインボーパンケーキ(RAINBOW PANCAKE)」「クリントン・ストリート・ベーキング・カンパニー(CLINTON ST. BAKING COMPANY)」、ポップコーンのククルザ ポップコーン(KuKuRuZa Popcorn)」「ギャレット ポップコーン ショップス(garrett popcorn shops)」、アイスクリームの「ベン&ジェリーズ(BEN & JERRY'S)」、チョコレートの「マックス ブレナー」(MAX BRENNER)で行列が絶えないのは、まさに行列が行列を呼ぶ好循環のよい例であると言えるでしょう。

専門店がオープンする

パンケーキリストランテ
パンケーキリストランテ
タカノフルーツパーラーパフェリオ本店
タカノフルーツパーラーパフェリオ本店

パンケーキの「パンケーキリストランテ(Pancake Ristorante)」「ミーズパンケーキ(Mee's Pancake)」「モケスブレッドアンドブレックファースト(Moke's Bread and Breakfast)」、パフェの「タカノフルーツパーラー パフェリオ」、マカロンの「マドモアゼル マカロン」(現在は閉店)など、爆発的な人気を博したスイーツには専門店(それを主力に据えた店も含む)が登場しています。

専門店が現れるということはそのメニューだけで商売が成り立つということなので、一つの臨界点を超えたと言ってよいでしょう。専門店がオープンすれば話題にもなるので、さらに注目度も増します。また、専門店はそのスイーツだけに特化しているのでクオリティが高くなり、その結果競争も熾烈となり、全体のクオリティが引き上げられるという側面もあります。

ガイド本が出版される

グルメ情報は書籍よりもインターネットで入手という人は多いでしょう。若い年代であればあるほど、グルメ情報は無料という感覚が強いので、インターネットから入手する傾向が強いのかも知れません。しかし、あるスイーツに関するガイド本(作り方のレシピを紹介する本ではなく、そのスイーツを提供しているお店を紹介する本)が出版されることは、スイーツブームを見極める上で重要です。

ガイド本はテレビや雑誌の特集と違って取り上げる店舗数が多いので、市場的に成熟していないと本として成立しません。従って、ガイド本が出版されるくらいであれば、提供する店が十分に増えていると考えてよいでしょう。ガイド本で紹介することによって、成熟していることが知られることにもなります。マカロン、パフェ、パンケーキでも、ガイド本が出版されたあたりで、ブームに火が付き始めていました。

スイーツブームをどうして予測するのか

以上から、近年のスイーツブームをまとめると次のような流れとなります。

  • 「表参道で人気」となって注目をさらい
  • ビジネス的に成功しそうなので「専門店がオープン」してよりクオリティが向上し
  • 需要(客)が増加したことに応えて供給(店舗)が増加して「ガイド本が出版」されて、さらに広まる

そもそもの話になりますが、どうしてスイーツブームを予測するのでしょうか。それは、スイーツが最も身近にある幸せだからです。だからこそ、次に幸せを与えてくれるスイーツは何なのかと、多くの人が関心を寄せるのではないでしょうか。

パンケーキの次に訪れる幸せは何なのか、とても楽しみです。

参考

スイーツ図鑑