オリンピックが開幕しました.7月26日現在日本選手が5つの金メダルを取るなど活躍していて,なんだかんだ言ってオリンピックが始まるとテンションが上がりますね.

事前に色々あった開会式ですが,いざ始まるとみている人たちもたくさんいたようです.いつも分析しているツイッターで,開会式中(7月23日19時~24時)に投稿されたオリンピック関係のツイートは90万アカウントによって,240万ツイート近くありました.

ツイートクラスタリング

では開会式の時間帯にはどんなツイートが拡散したか分析してみましょう.

開会式に関して拡散したツイートをクラスタリングした結果は以下の通り.

開会式におけるツイートの分類(著者作成)
開会式におけるツイートの分類(著者作成)

得られた主なクラスタは,

・クラスタ1:入場曲ゲーム音楽関係(286,144アカウント,585,315リツイート)

・クラスタ2:開会式の内容に関するツイート(衣装など)(88,569アカウント,115,827リツイート)

・クラスタ3:オリンピック反対(33,977アカウント,151,689リツイート)

・クラスタ4:オリンピック公式等公的アカウントのツイート(33,671アカウント51,127リツイート)

・クラスタ5:入場行進ネタ(あいうえお順,フォントネタ)(27,988アカウント,34,513リツイート)

となりました.

これを見ると,ゲーム関係のツイートを拡散したクラスタ1のアカウントが全体の31%,開会式の内容について拡散したクラスタ2のアカウントが10%近くとなっており,開会式の間はそれを楽しんだアカウントの方が多そうです.特にゲーム音楽を利用したことは多くの人の心をつかんだようです.

一方,反オリンピッククラスタのツイートを拡散したアカウントは全体の3.7%でした.上位5クラスタの中にも反対系のツイート群は一つしかなく,その意味でもさすがに開会式の最中は肯定的にオリンピックをとらえていた方が多かったと言えそうです.

開会式に向けた盛り上がりの変化

「オリンピックが始まれば盛り上がる」なんて話もありましたが,実際7月のオリンピック関係のツイート数を見てみると下図のようになります.

オリンピックに関するツイート数の変化(著者作成)
オリンピックに関するツイート数の変化(著者作成)

ツイート数的には開会式に向けてどんどん盛り上がっていっていることが分かります.

7月中にオリンピック関係について言及したアカウント数の累積を見てみました.

7月中にオリンピックに言及したアカウントの累積数(著者作成)
7月中にオリンピックに言及したアカウントの累積数(著者作成)

これを見ると,オリンピック関係に言及・拡散したツイートをアカウント数は7月10日以降は一定速度で増えていっていますが,オリンピックの開会式が始まってから終わるまでの間に一気に10万アカウント増加しました.これはそれまでの20%増にあたります.

開幕まではオリンピックにあまり関心を持っていなかった人たちも,始まってしまえば話題にしたくなるものなのかもしれません.「オリンピックが始まれば盛り上がる」はあながち間違ってはいなかったのかもしれません.今後どのようになっていくのか継続して分析してみたいところです.

おまけ

ちなみに,開会式中に拡散数が多かった上位のツイートは,

や,

など,入場曲がゲーム音楽だったことを好意的に受け止めるツイートでした.

その中で,拡散数上位ベスト5に入った唯一のゲーム音楽が関係のないツイートがこちら.

う~ん,ゴー☆ジャスすごいな.