流行語大賞を取った単語はネットやニュースでどう扱われていたか

これはあんみつ(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

流行語大賞

例年通り「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞が発表されました.

今年はコロナ以外話題があるのかと心配になりましたが,第一位こそ「3密」とコロナ関係でしたが,「鬼滅の刃」「フワちゃん」などコロナとは関係ない言葉も入っていました.

ところで,流行語大賞といえば毎年「え,ナニソレ」みたいな言葉が入っていて驚くことが多いのではないでしょうか.自分が知らないところで流行っている言葉もあるようで,世の中広いなあと毎年感じ入る次第です.というわけで,流行語大賞ベスト10がツイッター上でどんな感じに話題になっていたのか見てみたいと思います.

ちなみに,話題になったかどうかの感想は完全に個人の感想なうえに,著者はおそらく相当一般の人から感覚がズレているので「こいつ分かってねえなあ」という突っ込みは甘んじで受け入れたいと思います.

なお,3密は「3密,3密,三密」のいずれかをカウントし,オンライン○○は「オンライン」,どうぶつの森は「あつ森,どうぶつの森,ぶつ森」で取っています.

ネット出現頻度の分析

まずは,一日ごとの各言葉の出現頻度を見てみましょう.

一日当たりの流行語出現頻度(著者作成)
一日当たりの流行語出現頻度(著者作成)

ツイッター上での話題性でいくと,発売直後の「どうぶつの森」の出現率がすごいです.また,特に緊急事態宣言付近から,「オンライン」が増加して話題としては長期にわたって継続しています.

「鬼滅の刃」は長期にわたって話題になり続けているようです.特に話題が大きくなるのは映画が話題になり始めた10月くらいでしょうか.

そこまで中程度に盛り上がったものに注目してみましょう.

一日当たりの流行語出現頻度(中頻度)(著者作成)
一日当たりの流行語出現頻度(中頻度)(著者作成)

「アマビエ」,「3密」は新型コロナが流行りだした頃に話題になって,そのまま収束していったようです.

「アベノマスク」はちょいちょいバーストしながら7月末くらいまで継続的に話題になっていました.

「Goto」は7月に政策発表された直後が最大の話題になり,その後GoToが始まってからも割と大きな話題になっていました.

一方,「フワちゃん」は7月くらいに結構大きな話題になったみたいです.何があったんですかね.中程度はコロナ関係が固まっている中,フワちゃんが健闘しているのがちょっと面白い.

さらに数が少なかったのが「愛の不時着」と「ソロキャンプ」です.

一日当たりの流行語出現頻度(低頻度)(著者作成)
一日当たりの流行語出現頻度(低頻度)(著者作成)

う~ん,これは少なくともネット上で流行語とは言いづらそうですね.「ソロキャンプ」は時々あるピークは何なんでしょう.週末とかなのかな.

では,1月から11月までの合計ツイートを見てみましょう.

年間トータルツイート率(著者作成)
年間トータルツイート率(著者作成)

ここから,「オンライン」,「どうぶつの森」が二強で,「鬼滅の刃」が後に続く,という感じでした.大賞を取った「3密」はトータルで行くと「アマビエ」に負けてます.

ニュース記事出現頻度の分析

次に,ニュース記事としてはどう扱われていたかを見てみましょう.

CEEK.JP NEWSを使って,この一年で記事に出てきた数を数えてみました.

ニュース記事での出現率(CEEK.JP NEWSより著者作成)
ニュース記事での出現率(CEEK.JP NEWSより著者作成)

これを見ると,やはり圧倒的オンラインですね.まあ,ニュース性は明らかに高かった気がします.そして,「3密」,「鬼滅の刃」,「Gotoキャンペーン」と続きます.「鬼滅の刃」強い.

ツイッターとニュースの両方を見ると「オンライン」が圧倒的勝利という感じですが,実際には「オンライン○○」その点を差し引くと,ニュースで2位だった「3密」が大賞というのも悪くはないのかなという気はします.

ただ,ネットでもニュースでもとなると「鬼滅の刃」でもよかったんじゃないでしょうか.

「鬼滅の刃」はニュースで大きく扱われるようになったのは年の後半だけですが,ネット上では年明けからずっと継続して話題でしたからね.実は大手メディアが「鬼滅の刃」のポテンシャルに気付くのが遅かっただけかもしれません.

コミュニティの分析

ベスト10に入った「愛の不時着」「ソロキャンプ」が結局どこで流行ってたのかよくわからなかったので,ツイッター上ではどこのコミュニティによってこれらの言葉が話題になっていたのか調べてみました.

その結果,「愛の不時着」が流行っていたコミュニティでよくツイートされていた単語が,

「愛の不時着」についてツイートしていたコミュニティのキーワード(著者作成)
「愛の不時着」についてツイートしていたコミュニティのキーワード(著者作成)

で,「ソロキャンプ」が流行っていたコミュニティでよくツイートされていた単語が,

「ソロキャンプ」についてツイートしていたコミュニティのキーワード(著者作成)
「ソロキャンプ」についてツイートしていたコミュニティのキーワード(著者作成)

でした.どうやら嵐の大野君がテレビでソロキャンプをやっていたのが結構話題になっていたみたいです.

なるほど,接点の少ない場所で流行っていたものにはなかなか気づけないものです.

一般性(偏りの少なさ)の分析

これを踏まえて,最後に各単語が一部のコミュニティに偏った話題だったかどうかも調べてみました.ツイッター全体に対してどのくらい偏ったコミュニティで話題になっていたかを調べる手法を用いています.詳細はこちらの論文をご覧ください.

各言葉を使ったアカウントの偏り(著者作成)
各言葉を使ったアカウントの偏り(著者作成)

これを見ると,「オンライン」,「あつ森」,「鬼滅の刃」が少なくともツイッター上では偏りなく話題になっていたことが分かります.3密は「アマビエ」や「フワちゃん」に負ける偏り具合.とはいえ,偏り0.52程度なので一般的には「偏っていない話題」と言ってよいレベルです.

ちなみに,「アベノマスク」は偏りが1を超えているので,一部の人が一生懸命使っている単語であることが分かりました.「愛の不時着」や「ソロキャンプ」より偏っていたのか・・・.

結論

オンライン〇〇は分析が不十分のため除外したとすると,

・3密:ツイート量6位,一般性(偏りのなさ)5位,ニュース性1位

・鬼滅の刃:ツイート量2位,一般性(偏りのなさ)2位,ニュース性2位

となって,「鬼滅の刃」の方が全体的には話題性が高かったんじゃないかなという結論になりました.

ただし,流行語大賞に入っていない「コロナ」を入れて分析をすると,

ツイート量1位(全ツイートの1.3%に含まれる!)

一般性(偏りのなさ)1位

ニュース性1位(10,173,188記事,オンラインの44倍,3密の400倍!)

となります.

多分,本当にふさわしかったのは誰しもが思う「コロナ」でしょう.しかし,さすがに「コロナ」を流行語大賞にするわけにはいかなかったため,その代わりに3密にしたというところではないでしょうか.

というわけで,流行語大賞が「3密」なのは妥当だし,それ以外のベスト10に入った言葉も知らないところではきちんと流行っていた言葉であることが分かりました.

個人的には,テレビのデータとかもあると,また違った視点で分析出来たと思うとそこはちょっと心残りです.テレビデータがない分,「フワちゃん」等の流行具合はうまく追えなかったのではないかという気がしています.流行語大賞を取ると次の年には消えるという説がありますが,是非来年も頑張ってほしいですね.