【映画評】金曜日に長者町フライデーの前を通って映画「FRIDAY」を観に行ったよ

と、このタイトルを思いついただけで、ニヤリとしてしまった。きっと横山剣なら1曲ぐらい簡単に作ってしまえるだろう。

つまり本当は、それ以上を語れない、語るべきでもない、ドキュメンタリー映画、だということである。

概要は以下のとおり。

映画「FRIDAY」チラシ(著者撮影)
映画「FRIDAY」チラシ(著者撮影)

横浜長者町。この地で40年。

その店の名は「FRIDAY」

雑居ビルの3階にあるわずか50席ほどのライブハウスは、

クレイジーケンバンドの聖地として知られ、80歳のマスターが今でも現役で店に立つ。

多くのミュージシャンたちに愛され、宇崎竜童、クリスタルキング(ムッシュ吉崎)、

翔(TCR横浜銀蝿RSR)、Bro.KORN(バブルガムブラザース)、山崎廣明(ラッツ&スター)、近田春夫をはじめ、有名ミュージシャンたちが夜毎、パフォーマンスを繰り広げる。

横浜長者町にひっそりと佇む

FRIDAYと、マスターと、ミュージシャンと、お客さんのお話。

引用:映画「FRIDAY」公式サイトhttp://www.g-film.net/friday/

違和感を感じていた原因が、観始めて10分ほどするころにわかってきた。

最近のドキュメンタリー映画(テレビ番組を含む)と大きく違うと感じたのが、画面に説明を置かない、いわゆるテロップで“言い訳をする”ことがまったくといっていいほどない映画だということ。

だからこの映像は、帰納でも演繹でもない。

ただそこに音楽があり、音楽を発して楽しむ人と、音楽を浴びて楽しむ人がいる、ということ。

ライヴハウス“フライデー”を取り巻く環境には、いろいろ考えなければならない問題があると、横浜に住んでいれば耳にすることも少なくない。

ドキュメンタリーが問題提起もなしに存在していいのかという批判もあろう。

そのうえで、ボクはこの映画が、音楽に無心で浸れる喜びを思い出させてくれたと評価したい。