出掛ける前からジャズ気分:ラーシュ・ヤンソン・トリオ&オーヴェ・イングマールソン@STB139

●公演概要

4月4日(金) 開場 18:00/開演 19:30

会場:六本木STB139

出演:ラーシュ・ヤンソン(ピアノ)、トーマス・フォネスベック(ベース)、ポール・スヴァンベリー(ドラム)、スペシャル・ゲスト:オーヴェ・イングマールソン(テナー・サックス)

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

ラーシュ・ヤンソン・トリオ with Special Guest オーヴェ・イングマールソン

ラーシュ・ヤンソン・トリオ1年半ぶりの日本ツアーは、ラーシュの良き友であり音楽的な絆の深いスウェーデンを代表するテナー・サックス奏者、オーヴェ・イングマールソンをスペシャル・ゲストに迎える。

スウェーデンを代表する二人の巨星が10年ぶりの再会!

心に染み入る美しいメロディーを奏でるラーシュ・ヤンソンのピアノ

しなやかで躍動感に満ちたオーヴェ・イングマールソンのテナー・サックス

北欧をリードする二人の紡ぎだす極上のジャズを聴き逃すな!

出典:ラーシュ・ヤンソン・トリオ with Special Guest オーヴェ・イングマールソン|STB139
ラーシュ・ヤンソン・トリオ with オーヴェ・イングマールソン
ラーシュ・ヤンソン・トリオ with オーヴェ・イングマールソン

北欧ジャズの牽引役として活躍し、日本でも人気の高いラーシュ・ヤンソンが、テナー・サックスのオーヴェ・イングマールソンをゲストに来日です。

オーヴェ・イングマールソンは1980年代後半から90年代にかけてスウェーデン・フュージョンを確立させたプレイヤー。1995年にアダム ・ナースバウム(ドラム)、ラーシュ・ヤンソン(ピアノ)、ラーシュ・ダニエルソン(ベース)を迎えたカルテットを結成して活動する一方で、ウルフ・ワケーニウス(ギター)のグループにもラーシュ・ヤンソン(ピアノ)、ラーシュ・ダニエルソン(ベース)とともに参加しています。

北欧発のコンテンポラリー・サウンドを築いてきた両巨頭の10年ぶりの再会。ラーシュ・ヤンソンがトリオで見せてきた耽美的なスタイルとはまたひと味違う魅力を発揮してくれるのではないでしょうか。

♪Lars Jansson (Ove Ingemarsson Quartet)- Success Failure

♪Lars Jansson Trio- 3. Why Was I Left Under The Sky- Live at

では、行ってきます!