出掛ける前からジャズ気分:松井秋彦 mujik CPJ Festival 3rd

●公演概要

11月27日(水) 開場 18:00/開演 19:30

会場:目黒ブルース・アレイ・ジャパン

出演:松井秋彦(作編曲、マルチ・パフォーマー /キーボード、ギター、ベース、ドラム)、前田祐希(ヴォーカル)、嶋村一徳(ドラム)、クリスアキ(ピアノ)、猪口勇哉(ベース)、酒井美奈子(ピアノ)、向井康(ドラム)

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

松井秋彦 mujik CPJ Festival 3rd@目黒ブルース・アレイ・ジャパン

11次元、27世紀のおいりょんデパ星から、3たび、4次元、21世紀の地球へやってきます!

なぜ、あらゆる時空にあらゆる惑星がある中で、地球を訪れるのか!?

「おいりょんデパ星のポリリズム」と、「地球の深遠なるハーモニー」を融合させて、つまり究極の音楽を奏でる為の旅なんです!

それも「とことんやる」のが「おいりょんデパ」流!

おいりょんデパ星の「表裏のない『時間の正則分割』の限界」を持ち寄って、地球にある「平行的にも垂直的にも限界まで冒険しながらも秩序あるハーモニー」との融合によって、どの宇宙にも存在し得なかった音を創造し、「歪んだ時空にこそ究極の安定がある」という至高の境地を体感できる空間を齎します!

出典:CPJオフィシャルサイト

今年で3回目を迎えるCPJフェス。

「弘法筆を択ばず」ではありませんが、世の中には1種類のものを極めるだけではもの足りず、いろいろ手を出して、どれもものにしてしまうという“多才”な人が存在します。

松井秋彦はそんな“多才”を絵に描いたような演奏家で、しかも彼の場合は、どの楽器も超絶技巧と呼ばれる超速・変則ありの音楽を表現してしまうのです。もっともそれは他人から押し付けられた超速・変則ではなく、自分が欲しているものであるため、彼自身は“多才”であるという意識がないのかもしれません。

これまでCPJは、松井秋彦の楽器ごとのバンドを包括的に表現するためのキーワードでしたが、最近は松井自身のマルチ・パフォーマー度が高まっているため、バンドという枠組みがかなり薄らいでいるようです。

楽器は精神性を象徴するとも言われ、単に音色やキーの違いだけを楽曲に与えるものではありません。つまり、1つの楽器をマスターすればするほど、精神性はその楽器と一体化してしまうというわけです。すると、楽器が楽曲を支配するという本末転倒な事態が発生します。

松井秋彦は、ある意味で課せられようとする楽器からの支配を解き放ち、形而下の音楽を表現しようとしているのかもしれません。

♪mujik CPJ 2nd / Junky Funk@Blues Alley Japan / Akihiko'JOKER'

♪mujik CPJ 1st / Junky Funk by Junky Funk@Blues Alley Japan/Akihiko'J

では、行ってきます!