出掛ける前からジャズ気分:「さかもと未明/ラ・マジ・ドゥ・ラムール」発売記念ライヴ

●公演概要

2月9日14:00~

会場:フォーシーズンズホテル椿山荘東京/ル・マーキー

出演者:さかもと未明(ヴォーカル)、クリヤ・マコト(ピアノ)、納浩一(ベース)、大坂昌彦(ドラム)

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

昨年、念願のジャズ・アルバム『ラ・マジ・ドゥ・ラムール』をリリースして、本格的にジャズ・シンガーとしての第一歩を踏み出したさかもと未明さん。ボクはリリースのタイミングで、ジャズ専門誌「jazzLife」に掲載するためのインタビューを行ないました。

そのときのリード文は、このように書いています。

漫画家、タレントなど、多岐にわたる分野で活躍するさかもと未明が、本格的にジャズ・シンガーになると宣言、アルバムをリリースした。鋭い発言でお茶の間の人気を獲得した一方で、病魔と闘う運命を背負った彼女のなかで、歌はどんな意味をもっていたのか。その想いを語ってもらってまとめた。

彼女は、すでに漫画家やタレントといった“立ち位置”を得ていたので、「ジャズを歌います」と言っても、言葉どおりにはとってもらえなかったことが想像されます。もっと言えば、”知られた存在”であるだけに、”ゼロからの”ではなく、”マイナスからの出発”だったのではないでしょうか。

それでもさかもと未明さんは、そのハンディを跳ね飛ばして、ジャズの土俵に上がってきました。彼女の挑戦は、これからです。「40代後半でジャズ・シンガーとしてデビューする」ということも前例(それも成功例)があるだけに、プレッシャーも大きいでしょう。しかし、それを歌に託すことができるのが、ジャズならではの利点。ハンディは大きいけれど、彼女が重ねてきた年輪はジャズ・ヴォーカルにとって得がたい”武器”にもなりえます。

♪CD「人生(いのち)」さかもと未明さんプロモーション映像

2009年に膠原病の発症を公表し、ジャズ歌手chelsea(チェルシー)として活動をスタートさせた彼女が、医療現場で歌い継がれてきた「人生(いのち)」(たかがい恵美子作詞・作曲)と出会って制作したCDのPV。この曲自体はジャズの要素が薄いものですが、彼女の歌のスタイルや歌詞の表現力を知るための”サンプル”として観ていただければと思います。

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

当日のバックを務めるのは、アルバムにも参加しているクリヤ・マコト・トリオの面々。日本のトップ・ジャズ・ミュージシャンを配して、彼女の”ホーム・グラウンド”とも言える椿山荘のバーというシチュエーションを用意して繰り広げられる”さかもと未明ならではのジャズ・ヴォーカル絵巻”は、果たしてどんな色彩で描かれるのか――。

では、行ってきます!