「こんないい歌、売れない方がおかしいよ!」さくまひできの「どこで暮らしていても」は“家族愛の歌”!

 いい歌でありさえすれば必ずヒットする。これが歌の本来あるべき姿です。しかし、現実は強力なタイアップが付いていなければ売れない時代です。いかがなものか?と思います。この風潮に私はあえてアンチテーゼを投げかけたい。いい歌は売れるべきだし、たくさんの人たちに聴いてもらいたい。そんな“音楽愛”が私のポリシーです。

 「こんないい歌、売れない方がおかしいよ!」

ラジオや有線放送から流れると「あの曲は何?」と必ず問い合わせのある歌!

さくまひできは埼玉出身のシンガーソングライター。FMのレギュラー番組を持ち、全国をライブで回るなど、精力的な活動を展開している。
さくまひできは埼玉出身のシンガーソングライター。FMのレギュラー番組を持ち、全国をライブで回るなど、精力的な活動を展開している。

 有線放送やラジオから流れると「あの曲は何?」と必ず問い合わせのある歌があります。さくまひできの「どこで暮らしていても」です。

 詩が心にしみる。特に出だしのフレーズ〈『聞こえないから、もう切るよ』 受話器からおふくろの声〉は身につまされます。

 故郷に住む高齢の母に電話をかけても、「聞こえないよ、何?」「はぁ? 何だか聞こえないからもう切るよ」と一方的に電話が切れてしまう経験が誰にもあるからです。

 耳が遠くなったとはいえ、子としては一抹の淋しさを禁じえません。しかしながら、本音を言えば、淋しいけれどそれだけでもう満足なのです。おふくろの声を聞いていると、思わずおふくろと一緒に過ごした幼い日々のことが蘇ってくるから不思議なものです。

 メールやインターネットなどの技術が進化した時代の中、都会暮らしを続けながらも、電話を通して“声”で故郷の肉親と家族の絆を確かめ合う情景は、ユーザーそれぞれに故郷を、家族を思い出させます。そして、人間として最も大切なことを再認識させるのです。

 〈どこで暮らしていても 心の故郷はいつも母〉

 というサビのフレーズが、一度聴いただけで心の中でリフレインし続けるのはここに家族愛の原点があるということでしょう。

 実はこの歌は実話です。手前みそで恐縮ですが、93歳で亡くなった母のことを思い出しながら私が詞を書き、岸田敏志さんに曲をつけていただき、そして、さくまひできさんに歌ってもらったというわけです。

 私は2006年から生まれ故郷である長野県須坂市のメセナホールで〈富澤一誠プロデュース 歌とトーク満載のフォークコンサート「フォーエバーヤング」〉を毎年6月に催していますが、この歌はそのイベントのテーマソングになっています。

 さくまひできの「どこで暮らしていても」。こんないい歌、知らなきゃ損!