「こんないい歌、売れない方がおかしいよ!」中村ブンの「かあさんの下駄」は「すごい歌」です!

 いい歌でありさえすれば必ずヒットする。これが歌の本来あるべき姿です。しかし、現実は強力なタイアップが付いていなければ売れない時代です。いかがなものか? と思います。この風潮に私はあえてアンチテーゼを投げかけたい。いい歌は売れるべきだし、たくさんの人たちに聴いてもらいたい。そんな“音楽愛”が私のポリシーです。

 「こんないい歌、売れない方がおかしいよ!」

実話ならではのリアリティーが胸を打つ!

俳優としても多くの出演作がある中村ブン。作詞・作曲でも校歌・応援歌をはじめ多彩な楽曲を発表している。
俳優としても多くの出演作がある中村ブン。作詞・作曲でも校歌・応援歌をはじめ多彩な楽曲を発表している。

 中村ブンの「かあさんの下駄」、この歌は“すごい歌”です。

 私はカラオケによく行きますが、長い間お世話になっている東京上野にあるカラオケ・スナックで私が「かあさんの下駄」を歌ったところ、スナックのママがぼろぼろと涙を流しながらこう言いました。

 「私はこの商売を40年以上やっているけど、お客さんの歌で泣いたのはあなたが初めてよ」

 歌ったのは中村ブン本人ではなく私です。にもかかわらず、なぜママは号泣したのか? なぜなら歌謡の内容が素晴らしいからです。

 実はこの歌、初めてリリースされたのは39年前の1979年11月28日ことですが、そのときは売れませんでした。バブルに向かう世の中にあって、このての“貧乏おしん物語”はお呼びではなかったからです。しかしながら、私はこの歌を中村のコンサートで聴いて瞬時にしてハートを奪われてしまいました。そのときの模様を当時こんなふうに書いています(79年7月2日付)。

 〈『かあさんの下駄』の内容は貧乏をして男物の下駄しかはくことのできない母を、小学6年生の男の子が見ていて母さんに新しい下駄をなんとか買ってあげたいと、弁当代にともらう中から毎日5円ずつためて、母さんに下駄を買ってあげるという親孝行もの。ただし、この歌の良さは単なる親孝行ものではなく、そこにサビがきいているところだ。息子が下駄を包んだ包みを渡したら、母は怖い顔をして、お前これどうしたの? まさか盗んできたのではないのか? 母さんはいくら貧乏してても、人様の物に手をかけるような子にお前を育てた覚えはない、と問い質す。そして、それを受けて、息子が毎日弁当代の中から5円ずつためていたんだと言う。このあたりのフレーズは実に泣かせるし、じーんと感動がこみあげてくる。『かあさんの下駄』は中村の実体験が下じきになっているだけに、事実の持つ迫力がある。シングルにして賭ける価値はある。日本人に良心があるかぎり、この歌は世代を超えてきっと売れるはずだ。〉

 手前ミソですが、私のこの文章がきっかけとなって当時シングル化が決まっただけに2008年5月11日に29年ぶりの“再発売”は私にとって他人事ではない喜びでした。ではなぜ29年も経って再発売されることになったのかというと、まずは中村自身がライブやコンサートでずっと歌い続けてきたこと。そして時代背景を抜きには考えられません。映画「Always 三丁目の夕日」が話題を呼んで昭和の良き時代が注目されましたが、その本質は親子のあるべき姿、特にお母さんの存在というものがたくさんの“共感”を得たからです。日本人の根底ともいうべき“あらまほしき母親像”をたくさんの人たちが求めていたからこそ、“お母さんの歌”が必要とされたのです。その意味では『かあさんの下駄』の再発売は時代の必然だったのです。

時代が必要としている歌!

 早いもので再発売から既に10年が経ってしまいましたが、時代が今まで以上に強く「かあさんの下駄」を必要としています。東日本大震災以降、自然と故郷志向となり、時代は“家族愛の歌”を必要としているからです。

 中村ブンの「かあさんの下駄」。こんなにいい歌、売れない方がおかしいよ!