おすすめのカレンダーアプリ6選

新年から新しいカレンダーアプリを使ってみては?

 いよいよ2020年がスタートした。せっかくだから、新しいカレンダーアプリを使ってみてはいかがだろうか? 気分が変わるだけでなく、便利なアプリに切り替えると、仕事の効率化にもつながるはずだ。

 今回は、iPhone、Androidスマートフォンそれぞれのおすすめアプリを計6本紹介しよう。なお、各アプリは、それぞれのアプリストアで検索すればすぐに見つかるはずだ。※画像はすべて著者撮影です

両OS対応の入門向け

 入門向けとしておすすめなのが、「Yahoo!カレンダー」と「Ucカレンダー」だ。どちらも、月表示の画面で、特定の日をタップすると、1日の詳細なスケジュールを確認できる。日、週、月などの表示を切り替える必要がなく、サクッと予定を見られるのがいいところだ。また、六曜を表示するなど、日本ならではの機能も備えている。

 Yahoo!カレンダーは着せ替えやスタンプにも対応しており、より楽しく利用できる。

Yahoo!カレンダーは、親しみやすいデザインだが機能も充実。月カレンダーが見やすい
Yahoo!カレンダーは、親しみやすいデザインだが機能も充実。月カレンダーが見やすい

iPhone向け

「GLANCA」は、月の区切りがなく巻物のようにつながって表示できる。月をまたぐ出張や旅行なども管理しやすく、理にかなっている。

「PROPELa」は、スケジュールに場所を指定すると、自動的に乗り換え経路を探索して、所要時間を組み込んでくれる。これぞ、本当に実用的なカレンダーだ。移動の多い外回りの仕事に向く。

PROPELaは移動時間まで自動で予定に組み込んでくれる
PROPELaは移動時間まで自動で予定に組み込んでくれる

Androidスマートフォン向け

「ビジネスカレンダー2」は、複数のカレンダーを同期しておき、画面下のメニューをタップするだけで簡単に表示・日表示が切り替えられる。仕事の内容ごとに複数を使い分けたり、プライベートの予定もうまく切り分けられる。

「カレンダー+プランナースケジュール」は、月の区切りがなく巻物のように表示できるほか、2週間表示も備えている。仕事によっては、月や週表示より2週間が見やすいこともあるものだ。

カレンダー+プランナースケジュールは月をまたいでも予定が見やすい
カレンダー+プランナースケジュールは月をまたいでも予定が見やすい

 カレンダーアプリは、どれもGoogleカレンダーのデータを表示可能だ。1つではなく複数を使い分けてもいいので、自分に合うものが見つかるまで、試してみたい。なお、次の動画ではそれぞれおすすめ5本ずつを紹介している。「iPhoneのカレンダーアプリ動画」「Androidスマートフォンのカレンダーアプリ動画